ALL YOU NEED IS KPOP!

【WJSN】“かつて”と今を紡ぐロマンス【As You Wish】

11月19日、宇宙少女(WJSN/우주소녀)が7thミニアルバム『As You Wish』と、同名のタイトル曲にてカムバックしました!

【WJSN】宇宙はビジュアルファンタジー【La La Love】

4thミニアルバム
(2018/02/27)
5thミニアルバム
(2018/09/19)
6thミニアルバム
(2019/01/08)
Dream your dream WJ PLEASE? WJ STAY?

宇宙少女と言えば、最近は「魔法学校シリーズ」である4thミニアルバム『Dream your dream』、5thミニアルバム『WJ PLEASE?』があり、そしてそれを「夢」の話にまで拡大させた6thミニアルバム『WJ STAY?』と、スタイルを確立してきました。売り上げも右肩がりで『WJ PLEASE?』では、音楽番組(SBS MTV「THE SHOW」)で初の1位を記録しました。『WJ STAY?』では同時期にリリースしたライバルが強く、1位候補には多く上がったものの無冠でしたが、初動売上は約2万5千枚と当時のキャリアハイを叩き出しました。

順調に人気を獲得していたかに見えた宇宙少女ですが、この後に不測の事態が起こります。

スペシャルアルバム
(2019/06/04)
For The Summer

それが6月4日にリリースされた前作にあたるスペシャルアルバム『For The Summer』の存在です。こちらは2017年の7月14日にリリースされたデジタルシングル「KISS ME」と同じ系譜で企業コラボによって生み出されたイレギュラーな立ち位置の曲です。商売根性の達者なSTARSHIP(所属事務所)では所謂“お仕事”としての作品です。だからこそナンバリングされずに“スペシャルアルバム”と銘打たれているのですが、「魔法学校シリーズ」の流れから宇宙少女を好きになっていった新規のUJUNG(우정/ウジョン:ファンダム名、意味は“友情”)は、変貌ぶりに驚いてしまいます。

「こんなの宇宙少女じゃない!」という新規UJUNGには「いやいや、これは前からやってる“お仕事”ですから」と説明すれば済む話ですが、STARSHIPも宇宙少女も意外だったのは『For The Summer』そしてタイトル曲の「Boogie Up」がスマッシュヒットを飛ばしてしまうのです。

【WJSN】二代目サマークイーンの誕生【Boogie Up】

これまでは音楽番組1冠で大号泣していた宇宙少女ですが、この曲ではなんとSBS MTV「THE SHOW」で2冠、Mnet「M COUNTDOWN」で1冠と、合わせてなんと3冠を獲得します。他にも僅差で2位に敗れることも多く、リアルタイムチャートでも1位を獲得しました。アルバムの売り上げでも週間1位を獲得し、総販売台数も78,000枚を越え、宇宙少女史上最高の売り上げを記録しました。

つまりは「宇宙少女ってアイドル、素敵やん」という一般人と、「宇宙少女はこんなんじゃない」という新規UJUNG、「なんでもいいから売れてくれ」と願っている古参UJUNGという、奇妙な三角関係ができてしまうことになったのです。

宇宙少女は『Dream your dream』リリース時、つまりは「魔法学校シリーズ」開始時から、MV公開前に「SECRET FILM」という前日譚のような世界観を表現した映像を公開するというのが慣しとなりました。それが『For The Summer』リリース時にもあったことも少し混乱をきたした原因かもしれません。ちなみに『WJ PLEASE?』からナレーションが入るようになり、全てメインボーカルのダウォンが担当しています。

リーダーでメインラッパーのEXY(エクシ)はいつもの通り全曲のラップメイキングを手掛けており、Track3「야광별 (LIGHTS UP)」ではスローなテンポに感性的なラップが挿入されていて特に印象的です。Track7「Don’t Touch」では作詞、さらには作曲も担当しています。『WJ STAY?』収録曲「우주정거장(UJUNG/宇宙ステーション)」で自作曲に挑戦したダウォンもTrack6「Full Moon」の作曲に再び参加しています。

タイトル曲の「이루리 (As You Wish)」は告白を控えている少女の率直な感情を表現した楽曲で、幻想的なボーカルと呪文を唱えるようなフックのメロディーが印象的です。“As You Wish”とは「あなたが願う様に」「好きな様に」という意味で、原題の이루리も「叶う」という意味でほぼ同義ですが、ニュアンスが若干異なります。

アルバム『As You Wish』のコンセプトは「ロマンスファンタジー」としていることから、「夢」の話にまで広がりを見せた「魔法学校の世界」を夢のままではなく「叶う」としたことで、「ビジュアルファンタジー」と謳っていた『WJ STAY?』の正統な継続作ということがわかります。もちろんただの継続というだけでなく、新たな試みもいくつかあります。

わかりやすいところで言えば、これまで短いスカートで揃えるイメージのあった宇宙少女ですが、今回は全員が白いパンツというマスキュリン(男性的な)スタイルを初披露しています。

また作品をリリースするごとにストーリーテリングとして進行している宇宙少女の物語ですが、今回は過去作へのオマージュが含まれています。MVのオープニングで願いを叶える象徴として登場するランタンは「魔法学校シリーズ」を始める前の3rdミニアルバム『From. 우주소녀』のタイトル曲「너에게 닿기를 (I Wish)」のエンディングで登場しており、花火とともに両方のMVで印象的なアイテムとなっています。

このことは私の全くもって妄想(夢)なのですが「魔法学校シリーズ」とそれ以前の作品を結びつけることで「宇宙少女の物語は繋がっていて、昔から応援しているUJUNGのおかげで今があるよ」と、新しく確立された世界観の中で言っているような気がします。

そして最近は10人体制での活動が板についてきてしまいましたが、宇宙少女は本来13人です。時が経つごとに中国人メンバー3人の合流は難しくなっているような気がしますが、相変わらずカムバックを応援するコメントは出し続けてくれています。

[#WJSN]#우정 들의 소원을 들어줄 지니소녀#우주소녀 #선의 #성소 #미기 와 함께 하는#이루리 이루리 La🙏 기대해 주세요!#As_You_Wish D-3‼#COMING_SOON2019.11.19 6PM#우주소녀_이루리

우주소녀_ WJSNさんの投稿 2019年11月16日土曜日

13人の宇宙少女という夢が、いつか、どうか、叶いますように。

最新情報をチェックしよう!