ALL YOU NEED IS KPOP!

【ASTRO】燃えすぎ注意【Blue Flame】

11月20日(水)、ASTROが6thミニアルバム「BLUE FLAME」でカムバしました。

【ASTRO】1,071回の夜を越えて【All Night】

音源リリースとしては、前作「All Light」(タイトル曲「All Night (전화해)」)以来10ヶ月ぶりとなります。

「All Light」は、5thミニアルバム「Dream Part.02」(タイトル曲「니가 불어와 (Crazy Sexy Cool)」)から1年2ヶ月ぶりにリリースされた1stフルアルバムでしたが、今作も随分と期間が空きました。

ただし「All Night (전화해)」でデビュー以来初の音楽番組1位を獲得した彼らは、音源リリース以外で忙しく活動していたのです。

2月20日には東京・渋谷にあるアパレルブランド「Bershka Shibuya」のショーウィンドウでゲリラパフォーマンスを行い、4月3日の日本デビューを発表。

3月2日はAROHA(ファンダム名)第3期を対象としたペンミ「The 3rd ASTRO AROHA Festival<BLACK>」を開催。

翌日の3日からはメンバーが順を追って個人Instagramを開設。

View this post on Instagram

Lost in japan ❤️ #조상즈 #그냥 #랔디

A post shared by 라키 (@minhyuk202523) on

View this post on Instagram

인스타 시작~~ 가즈아!!

A post shared by 엠제이 (@mj_7.7.7) on

View this post on Instagram

워너 비 유얼 스타! 인 스타! 스타! 트!!

A post shared by 문빈 (@moon_ko_ng) on

3月16日からは台湾を皮切りに、4月27日のファイナルまでアメリカ、香港、タイと計4ヶ国7都市を巡った初のワールドツアー「ASTRO The 2nd ASTROAD TOUR – STAR LIGHT -」を開催。

ワールドツアーファイナル前となる4月3日には日本デビューミニアルバム「Venus」(タイトル曲「花咲ケミライ」)をリリースし、日本デビュー。

同日には東京・中野サンプラザにて日本デビュー記念ファンミーティング「ASTRO JAPAN DEBUT FANMEETING」を開催しました。

 

その後も、5月には「2019 K-POP BIG5 CONCERT in ドイツ」、8月には「2019 K-WORLD FESTA」、10月には仁川で開催された「人気歌謡スーパーコンサート in 仁川」に出演などなど、世界中を行ったり来たりと大忙しだったASTRO。

グループとしてはしっかり活動していたので、決して10ヶ月の間、事務所から干されていた訳ではありません。その所属事務所であるfantagioも、一時期は経営状態として非常に怪しい時がありましたが、今年に入ってからは同所属のWeki Mekiが「LOCK END LOL」(タイトル曲「Picky Picky」)と「WEEK END LOL」(タイトル曲「Tiki-Taka(99%)」)で5月と8月にカムバしており、どうやら危機からは脱した様子です。

そんなASTROの久しぶりとなるミニアルバム「BLUE FLAME」は、「夢幻ファタール(夢幻的+ファム・ファタール)」というコンセプトになっており、デビュー以降打ち出していた清涼感のある爽やかなイメージから変化を遂げた前作以上に色気を増し、この一年で成長した成果を大いに感じるアルバムに仕上がっていると思います。

そのタイトル曲である「Blue Flame」は、レゲエとムーンバートンをミックスし、TrapやFuture BassといったEDMの要素も散りばめられた曲で、製作陣には「Firework」などLABOUMの曲を何度も手がけてきたICONICSOUNDSのプロデューサーチーム・VO3Eと、ジャスティン・ビーバーやキーシャ・コールといった海外アーティストたちと作業してきたプロデューサー・TC Mackが参加しています。

ただ今回、私には気になることがいくつかあります。

一つ目はメインダンサーであるムンビンが、健康上の問題で活動を一時中断しなければならなくなったこと。

2つ目は、センターのチャ・ウヌがグループの活動以外で余りにも忙しすぎることです。

特に2019年の下半期に入ってからは【Stray Kids】宇宙へ向けて放たれる音【Astronaut】でも触れたように、メンバーの脱退が相次いでいます。理由はそれぞれありますが、タイトなスケジュールや精神的プレッシャーなど、健康面での影響も大きいのではないかと思います。同事務所のWeki Meki・ユジョンも、10月にやはり健康上の理由で活動を中断している事も、fantagioに対する所属アーティストの健康管理体制を心配してしまうところです。

今回のアルバムタイトル「BLUE FLAME」は「青い炎」という意味で、高い温度で見える青い炎のように、情熱的な姿を表すために付けられたそうです。

グループが元気に活動出来ているならば何も問題はありませんが、特にこれからますます活躍の場を広げていこうとしているASTROです。くれぐれも事務所にはメンバーが高過ぎる温度で燃え尽きないように、細心の注意を払っていただけるようお願いしたいと思います。

最新情報をチェックしよう!