ALL YOU NEED IS KPOP!

【赤頬思春期】11,046kmを越えて愛を叫べ【WH3N】

11月27日、音源強者ことBOL4こと赤頬思春期こと赤頬ちゃんがコラボシングル「New York」をリリースしました。

お相手は、赤頬ちゃんと同じ事務所に所属しているこの方。

WH3N(웬/ウェン)
所属事務所:SHOFAR MUSIC
facebookInstagramYouTube

WH3Nは、SHOFAR MUSICが直接プロデュースとプロモーションを引き受けて進行する新人発掘プロジェクト「Find Them All」によって最初に抜擢されたミュージシャンです。
元々は事務所の代表であるシン・テグォン(신태권)が、2015年に偶然WH3Nのライブを観た事から始まり、すぐさまその歌声に魅了され、「Find Them All」のアーティストとして選んだというラッキーボーイです。
2017年10月31日にシングル「Find Them All #1-WH3N」(タイトル曲「옷과 향기(Something that You Left)」)をリリース。

2019年5月24日にシングル「전화(Call)」で正式デビューします。

7月7日にはセカンドシングル「무엇이 그토록 그대를( I’ve Been Thinking About It A Lot)」をリリースと順調に来ていますが、WH3Nはシンガーとしての実力だけでなく、作詞・作曲・編曲までこなし、今回は事務所のトップアーティストである赤頬ちゃんとのコラボまで実現という事を考えれば、事務所イチ押しの新人アーティストだといっても差し支えないでしょう。

そんな赤頬ちゃんとWH3Nのコラボですが、実は今回の「New York」にはもう一組、コラボしているアーティストがいるのです。

SHINLIART
facebookInstagram / HPYouTube  

イ・ソク(이석/写真左)とシン・ダンビ(신단비/写真右)の2人からなるSHINLIARTは、韓国・ソウル、イタリア・ローマ、アメリカ・ニューヨークを主な拠点として活動するメディアアーティストカップルで、今回の「New York」は、彼らがいくつもの作品を発表している「Half&halfプロジェクト」とのコラボになっており、MV自体も2016年に発表された「HANA」(HANAは韓国語で「 하나(ハナ)=一つ」という意味なので、おそらくそこから付けられたタイトルだと思われます)という映像作品を元に作られています。

View this post on Instagram

#03 Pass, (SHINLIART,2015 / Digital Image / 5184 X 3456px / Time Square, NY & Independence Gate, Seoul ) – When our time passes by, our story also passes by. Let’s remember our time that had passed by. When your last ‘night’ passes by, I will receive it with the offer of ‘today’. . . 03 : Pass / 지나감 (2015 Triumphal Arch, Washington square Park NY / 서울 서대문구 독립문) 우리의 시간이 지나가면 우리의 이야기도 지나갑니다. 우리의 지난 시간을 기억하고자합니다. 그대의 어젯밤이 지나면 내가 그 밤을 오늘과 함께 받겠습니다. . . . #신단비이석예술 #SHINLIART – NewYork in @SHINDANBI_ Seoul in @LISEOK – Art Collaboration – Half&half PROJECT_Collage_2015

A post shared by LISEOK ✖️ SHINDANBI (@shinliart) on

「New York」は、ソウルとニューヨークという離れた二つの都市で暮らすカップルの遠距離恋愛を歌ったものですが、そもそもの「HANA」が、SHINLIARTの2人の体験を元に作られた作品という事です。

私は実生活で遠距離恋愛を経験した事はありませんが、言うなれば現在、Kポップという韓国の音楽(厳密に言えばKポップアイドル)と遠距離恋愛をしているようなものです。
私の住む東京とソウルはおよそ1,159km。飛行機でのフライト時間にして2時間と少し。映画を一本観ている間に着く距離である事に加え、向こうからも(誰かしらの)恋人(たち)が月一くらいのペースで会いに来てくれるので、寂しさなどというものとは無縁です。
対してソウルとニューヨークの距離は11,046km。東京 – ソウル間の10倍です。

遠い。果てしなく遠い。

恋人(たち)が1,159kmの距離にいて良かった。

私はこれまで、まだ一度しかその距離を越えた事はありませんが、今後はもっと頻繁に(と言っても年に一、二度だと思うけど)足を運び、その時は心の中でこの「New York」をBGMにしながら彼女(たち)に「サランへ!」と愛を叫びたいと思います。コンサートへ行ければですが。

とはいえ、今週末も会いに来てくれるんでね。6人組(になっちゃった)グループが。しかも今回は初対面です。

その愛のお話はまた別の機会に。

そして私たちはシーユースーン、という事で。

最新情報をチェックしよう!