ALL YOU NEED IS KPOP!

【Hash Swan】兄さん、またまた事件です。【Silence of the REM】

2月5日(水)、AMBITION MUSICに所属するHash Swanが単独名義としては約10ヶ月ぶりであり、初のフルアルバムとなる「Silence of the REM」をリリースしました。

Hash Swan
ハン・ドクグァン(한덕광)
1995年3月12日
161cm/B型
所属レーベル:AMBITION MUSIC
所属クルー:Holmes Crew、Piraps、WAYSIDE
Instagram
facebook

デビューは2016年1月19日、Shupie(シュピー)、dKash(ダイヤモンド・キャッシュ)、Sillyboot(シリーブート)、Y1ee(ワイリー)、Silly Film(シリーフィルム)というメンバーで構成された彼の所属するクルー・Holmes Crewがリリースしたコンピレーションアルバム「HOLMES」(タイトル曲「Boomerang」)。

初の単独名義としては2017年2月23日にEP「Shangri-La」(タイトル曲「Shangri-LaDaily Look(Feat。Silly Boot)」)をリリースしています。

Hash Swanも多くの人気ラッパー同様にSHOW ME THE MONEY組で、BewhYが優勝したシーズン5、Rhythm Powerのヘンジュ(Hangzoo)が優勝したシーズン6と2大会へ出場しています。それぞれの大会で良い成績を残せた訳ではありませんが、その独特の声とフローは大きな印象を残しました。

私が彼を初めて知ったのは、SHOW ME THE MONEY6後の2018年2月21日にリリースされたEP「Alexandrite」のタイトル曲で、AOMGのGRAYがフィーチャリングに参加した「알렉산더처럼 왕」でした。

以降は単独名義で2枚のシングルと1枚のEPをリリースし、DF(dingo freestyle/dingo Musicが手がけるヒップホップをメインにしたチャンネル)とAMBITION MUSICのコラボ曲「Bear」にも参加しています。

Hash Swanがこれまでにリリースした楽曲にはAMBITION MUSICのボスで1LLIONAIRE RECORDSに所属しているThe Quiettに、同じく1LLIONAIRE RECORDSのDok2、DEANにCHANGMO、Swervyといった面々が名を連ねていますが、個人的には今回リリースされた1stアルバム「Silence of the REM」に参加した面子がなかなかタイムリーなのです。

3つあるタイトル曲の一つで、冒頭に貼った「Teenage in closet」(他のタイトル曲2つは「IlovedyouevenwhenIsmoked」「5 More Minutes」)にフィーチャリングしているのは“JAMIE”。どこかで聞いた事のある名前で、声にも聴き覚えが…と思っていたら、昨年8月にJYPを退所したジミン・パーク(Jimin Park/박지민/パク・ジミン)でした。
まぁ彼女に関してはタイムリーというには期間が空いていますが、感覚的には半年前なんてつい先日です。それほど時の流れは早いのです。

そしてもう1人、というかもう1組。それがTRACK5「Spider Web」にフィーチャリングしている「SURL(설/ソル)」です。

写真を見ればお分かりのようにSURLは4人組で、バンドです。私が彼らを知ったのはそれこそつい先日である1月のこと。

音楽ライターの“Kポップ番長”まつもとたくお氏と、同じくライターの尹秀姫(ユン・スヒ)さんの2人が2019年のKポップシーンを振り返るイベント「K-POP NOW! 激動の2019年を振り返る」に参加した時でした。
イベントの終盤にリクエストコーナーというものがあり、参加者がオススメの音楽(MV)をリクエストし、それをみんなで観るという中でSURLが流れたのです。

このSURLは、音楽ライターのお二人を含め、紹介した方以外おそらく誰も知らなかったであろうバンドで、会場内は「彼ら、めちゃくちゃ良いね」とかなり盛り上がり、私もその内の1人だった訳です。

私はブログの記事を書く際、基本的に曲が良いかどうかで判断しています。今回Hash Swanを取り上げようと思ったのも、当然その例に漏れずだった訳ですが、一聴した時には気付かなかったジミン・パークに加え、アルバムの収録曲を見てみるとSURLの名前があったりと、妙な縁を感じたのです。
だってですよ、つい最近知って良いなと思ったバンドが、まさかヒップホップアーティストの出した最新アルバムにタイミングよくフィーチャリングしているなんて、そんな偶然ありますか?という感じなのです。

もうこれはちょっとした事件と言っても大げさではないでしょう。

事件と言えばもう一つあります。

先日、Kid Milliを紹介した記事の中で、彼が所属するIndigo MusicのCEO、Swingsが電撃辞任した事をご紹介しました。

【Kid Milli】兄さん、事件です。【BOY】

Hash Swanの所属するAMBITION MUSICは、1LLIONAIRE RECORDSの傘下レーベルなのですが、その1LLIONAIRE RECORDSをThe Quiettと共に設立したDok2が、2月6日付で同事務所を離れたのです。

まぁHash Swanにしてみれば親会社の共同CEOが退職したというようなものなので、関係ないっちゃ関係ないのですが、外部の者からすれば「なんとタイムリーな」という感じです。

昨年のKポップアイドル界は良いこと・悪いこと合わせて様々な出来事がありましたが、ヒップホップシーンも色々あるものです。とはいえ、ガクッと肩を落とすようなニュースは出来る限り聞きたくないので、どんな理由にせよ今回事務所を離れることになったDok2にしても、新たな場所で更なる活躍をして欲しいと思うばかりです。

最新情報をチェックしよう!