ALL YOU NEED IS KPOP!

【2019Dec.&2020Jan.】見逃してごめんね【R&B・ヒップホップ特集】

人は生きている限り、必ず何かしらの選択を迫られます。朝、目覚ましが鳴り、起きるのか二度寝するのか。パンにはジャムを塗るのかバターを塗るのか。トイレが先か着替えるのが先か。ネクタイは何色か。パンツかスカートか。靴は何にするのか。

このように毎朝の數十分だけ切り取っても多くの選択をしています。

それは当ブログでも然りです。毎月毎週、多くのアイドル&アーティストが音源をリリースしていますが、その中で誰をチョイスし、記事にするのか。そこには必ず優先順位が発生します。
基本的には音源がリリースされてから1ヶ月前後を目安にチョイスしていますが、それが過ぎると「また今度ね」という風になるのです。

昨年初頭、及び6月にはそういったアーティストをまとめて紹介した事もありました。

【プレイリスト】逃した犬 2018【ヨジャ編】

【プレイリスト】逃した犬 2018【ナムジャ編】

【2019 Next Break】TLIな人たち【まとめて紹介】

中でもアイドル大好きな当ブログではR&B・ヒップホップアーティストは後回しになりがちで、特にこっち系の人たちは頻繁に音源を出したりするので、追いつかないという現状もあります。
上に貼った記事では半年ほどの期間を経て紹介していましたが、それだと埋もれたままの曲が多過ぎる。という事で、今後は見逃してしまったアーティストを2、3ヶ月に一度まとめて紹介していこうと思っています。

そんな訳でまずは2019年の12月と2020年1月です。基準は曲が良いかどうかです。

CODE KUNST/Treat Her Better Feat. Niia
AOMGのプロデューサー・CODE KUNST(코드 쿤스트/コード・クンスト)が、2019年12月4日にリリースしたシングル「All About Us」のタイトル曲。同シングルからは収録曲の「All About Us Feat. Niia」も“Official Visualizer”と銘打たれた動画が公開されている。同月23日には所属するクルー・LEGIT GOONS名義でシングル「JACKASS」をリリースしている。
・【CODE KUNST】囚われの姫君【XI feat.Lee Hi】
BASSAGONG/레인보우 Feat.YDG(Prod.iDeal)
当ブログ初登場のBASSAGONG(뱃사공/ペッサゴン)(本名:キム・ジンウ/김진우)が、MBCとdingoの共同制作で作られた短編映画「잠은행(睡眠銀行)」のOSTとして2019年12月7日にリリースしたシングル。BASSAGONGは同映画の音楽監督も勤めている。
デビューは2012年のミックステープ「출항」。2018年にリリースしたフルアルバム「탕아」で「2018年韓国大衆音楽賞/最優秀ラップ&ヒップホップ賞」を受賞。
所属レーベルはSUPERJAM RECORDS。所属クルーはAOMGのCODE KUNSTもいるLEGIT GOONSで、クルーとしては12月23日にJACKASS」を、単独名義では2020年1月16日にEP「기린(キリン)」をリリースしている。
Instagram
SOMDEF/
MorningMare Feat. Kid Milli, JUSTHIS&Paloalto,
GIRIBOY, ODEE, sokodomo, CHANGMO&Tommy Strate
プロデューサー&DJのSOMDEFが2019年12月13日にリリースした初のフルアルバム「MorningMare」のタイトル曲。フィーチャリングにはPaloaltoやGIRIBOY、Kid Milli、CHANGMOなど旬のラッパーを迎えている。
所属事務所はWNA records、所属クルーは360sounds。
・【SOMDEF】これも愛。あれも愛。つまり愛。【Some Definition of Love】
msftz/2080
2020年1月2日にシングル「ETERNITY」でデビューしたmsftz(미스피츠/ミスフィッツ)の同アルバムタイトル曲。作詞・作曲にはmsftz自身に加え、「TWICE/KNOCK KNOCK」の作詞をはじめ多くのJYP作品に参加しているシム・ウンジ(심은지)。2月6日には2ndシングル「나는 요즘(私は最近)」をリリースしている。
所属はSony Music。それ以外の情報はまだないが、個人的に最近ヒットだったHash Swanのアルバム「Silence of the REM」の収録曲「Indian Summer」にフィーチャリングしている。というかこの曲で初めて知った。今後要注目な1人。
Instagram
pH-1 / Nerdy Love Feat. ペク・イェリン (Prod. Mokyo)
2020年1月9日リリース。
H1GHR MUSICのラッパー・pH-1のシングルに元JYPで現在は自主レーベル・BLUEVINYLに所属しているペク・イェリンがフィーチャリング参加。プロデュースには同じくH1GHR MUSICでpH-1の曲も多数手掛けているプロデューサー/ラッパーのMokyo。
・【pH-1】一人のあなたにも、誰かといるあなたにも【HALO】
・【ペク・イェリン】苦難から生まれた次なる音源強者【Every letter I sent you.】
Cosmic Boy/겨울 Winter Feat. sunwoojunga, youra
GIRIBOYやKid Milliの所属しているクルー・WYBHのプロデューサーで、当ブログには初登場のCosmic Boyが1月21日にリリースしたEP「Can I Heat ?」のタイトル曲。フィーチャリングにはMAGIC STRAWBERRY SOUND所属で、YGエンターテイメントのプロデューサーとしても活動し、YG関連のアルバムに作詞、作曲、編曲で参加し、2NE1やGD&TOPやイ・ハイなどのアルバム・プロデューサーとしても活躍しているソヌジョンアと、문화인(文化人)という事務所に所属しているソロシンガー・youra(유라/ユラ)。
アルバムにはもう一つ「남아 NAM A (lyric video)(Feat. THAMA, SOLE, Kim Seungmin)」というタイトル曲もある。
Instagram
SOUNDCLOUD

はい、そんな感じで今回は6曲の紹介となりましたが、特に曲数を決めている訳ではないので、その時々で変わると思います。

ではまた再来月か再々来月、という事で。

あ、もし。もし、R&B/ヒップホップアーティストで「この人を取り上げて欲しい」なんていうリクエストがあったりしたらお気軽にご連絡下さい。私のTwitterの方でも構いませんので。まぁ必ずそれに応えるという保証はありませんが、とりあえず募集だけしておきます。

それでは。

最新情報をチェックしよう!