ALL YOU NEED IS KPOP!

【IZ*ONE】復活の祝祭【FIESTA】

2月17日、ついにあのグループが帰ってきました!

IZ*ONE(アイズワン/아이즈원)が1stフルアルバム『BLOOM*IZ』、そしてタイトル曲「FIESTA」を提げてカムバックを果たしました!

【必読】PRODUCE48を観ていない人の、観ていない人による、観ていない人のためのIZ*ONE【必死】

【IZ*ONE】スミレの開花宣言【Violeta】

IZ*ONEの復活、それは特別な意味があります。

Kポップを愛好している皆さん、およびWIZ*ONE(ウィズワン:ファン)の皆さんには周知の事実かと思いますが、今回のアルバムは元々昨年2019年の11月11日にリリースの予定でした。

それが延期になったのは、IZ*ONEを生んだサバイバル番組「PRODUCE 48」の配信元であるケーブルテレビのMnetと「PRODUCE 48」を含むプロデュースシリーズの制作陣に様々な不正が発覚したからです。

事件の核心としては、番組プロデューサーが投票数に関係なく合格者を決めており、事前にいくつかの事務所から金銭的な援助、接待を受けていたことが発覚したことです。番組視聴者を「国民プロデューサー」と呼んで投票を募っており、そこに不正があったということで一大スキャンダルとして報じられました。

その余波は大きく、未だ多岐にわたり複数の嫌疑がかけられている状態で、最近でも同じくMnetのサバイバル番組「アイドル学校」(fromis_9を輩出)の制作陣2名に逮捕状が出されました。

また、シリーズ第4弾にあたる「PRODUCE X 101」で、結成されたボーイズグループX1(エックスワン/엑스원)は、活動再開が約束されていましたが、各事務所との折り合いがつかず、解散に追い込まれてしまいました。また、シリーズ第1弾「PRODUCE 101」で、結成されたガールズグループI.O.I(アイオーアイ/아이오아이)再結成の話も頓挫しているようです。

同じ放送局、同じシリーズの番組ということで本来であればIZ*ONEも同じ末路を辿らざるを得ないはずですが、「PRODUCE 48」だけは日本のAKB48とのコラボという番組の違いがあります。

その番組にはAKS(AKB48の事務所)およびAKB48総合プロデューサーの秋元康が多額の出資をしており、活動における権限も強いと言われています。さらにファンダム(WIZ*ONE)も大きい事から、投資回収を主な目的とした日本側からの強行的な働きかけがあったものと推測されます。またMnetのスキャンダルが、日本のメディアでは本国である韓国ほど大きく扱われていないということも影響しているかも知れません。

特殊な境遇が作用し、解散を免れたIZ*ONEは、3ヶ月ほどの休止を経て2月17日18時(KST)に『BLOOM*IZ』を公開し、その2時間後の20時からはMnetの各YouTubeチャンネルでカムバックショー「COMEBACK IZ*ONE BLOOM*IZ」を生配信しました。

2ndミニアルバム『HEART *IZ』収録曲の「해바라기(Hey. Bae. Like it/Sunflower)」、『BLOOM*IZ』収録曲「SPACESHIP」、ユニット曲の「AYAYAYA」「SO CURIOUS」、そしてタイトル曲「FIESTA」のステージを披露しました。

アルバム『BLOOM*IZ』は「花を咲かせる」という意味の“BLOOM”とIZ*ONEの合成語で、絶頂の美しさを持って開花するIZ*ONEという意味が込められています。“FIESTA”はスペイン語で“祝祭、休日、パーティー”などを意味します。

IZ*ONEは様々なスキャンダルに巻き込まれ、解散直前にまで追い込まれましたが、奇跡的に復活を遂げました。

普通であればスキャンダルに塗れてしまうことは汚点であり、グループとしての魅力や勢いにケチが付くことになるはずですが、IZ*ONEの場合はむしろ箔がつきました。本作が予定通りの11月よりも、このタイミングでリリースされたことで、アイドル盛りの12人の美しさや輝きがより際立ち、IZ*ONEというグループの希少性を再認識させたからです。おそらく多くの人が、今回のカムバックで「IZ*ONEというグループを、また観れて良かった」と思ったに違いありません。

IZ*ONEのメンバーが投票の不正操作を、どの程度把握していたかは知りませんし、ぶっちゃけ知ったこっちゃありません。

彼女たちがデビューやカムバックに向けて努力していたのは事実ですし、何より結果として彼女たちにしか表現できない素晴らしいステージや音楽を届けてくれています。他のメンバーだったら、どうだったかという仮定は目の前のIZ*ONEの素晴らしさに掻き消されてしまいます。

IZ*ONEは最高!

それだけは公正な真実なのです。

最新情報をチェックしよう!