ALL YOU NEED IS KPOP!

【ステラ・チャン】今月の才女の作り方【Recipe】

「巡り合わせ」というのは不思議なもので、例えば家でサラダを食べようと思ったのにあいにくドレッシングが切れている。「マヨネーズの気分じゃないしなぁ。あ、なんか炒め物用のタレがあるぞ。まぁドレッシングだって言うなればタレな訳で、食べられない事はないだろう」とそれをかけてみたら、あら美味しい、なんていうのも巡り合わせです。
言い換えれば「偶然」や「たまたま」なんて表現もありますが、なんだかそれだと味気ない。
「巡り合わせ」と言う方がなんだかステキやん。という事で、今回はこの方です。

ステラ・チャン
(스텔라장/Stella Jang)
チャン・ソンウン(장성은/張星銀)
1991年11月18日
157cm/B型
所属事務所:GRDL(Grandline Entertainment)
Instagram(個人)
Instagram(公式)
Twitter
SOUNDCLOUD
facebook
YouTube

韓国で生まれ育ったステラ・チャンは中学からフランスへと留学し、「大学の上の大学」と呼ばれるグランゼコール(Grandes Écoles/フランス特有の高度な専門技術を養成する教育機関)「AgroParisTech」にて生命工学を専攻し卒業したという才女で、しかもフランス語だけでなく英語、スペイン語、中国語、ドイツ語という6カ国語を話す事が出来ます。一体頭の中はどうなっているんでしょうか。
アーティスト名である「ステラ」は、その留学中に本名がフランス人には発音しにくいという事で先生が名付けたそうです。

彼女は元々BIGBANGのファンでラッパーになる事が夢でしたが、その後ユ・ヒヨルをはじめとした様々なアーティストの楽曲を聴くようになり、音楽的素養を広げていきました。

デビューは2014年9月19日にリリースしたシングル「어제 차이고」(※以下に貼った動画は2017年のもの)。

これまでに12枚のシングルと3枚のEPをリリースしていますが、OSTなどにも数多く参加しており、ディスコグラフィーを全て列挙すると50近くの音源があるという非常に多作で多忙なアーティストです。

と、ここまで書いてきて、実は私が彼女を知ったのはここ1、2週間のことです。正確に言えば「名前は知っていたけど、曲を聴いたことがなかったアーティスト」だったのです。

たまたまYouTubeのオススメに上がってきた↑の動画。「みんなShape of you好きだなぁ」なんて何気なく観たら…良いね。非常に良い。
こうやってその場で音を録音して重ねていってバックトラックにするというのは珍しい事ではありません。

けれども女性がやっているのは初めて観たような気がします。そしてふと名前に目をやると「ステラ・チャン」。
「なるほど、このコがそうなのか。それじゃあオリジナルはどんなのをやっているんだろう」と思い、探ってみると…。

うーん、良い。最高だ。なんで今まで聴いてみなかったんだろうと思いながらも続けていくつか観てみると、なんとラップまで披露しています。しかもとりあえずやってみたという感じではなく、ちゃんとした彼女なりのスタイルを感じます。

「あぁ、これはタイミングがあえば間違いなく取り上げていたアーティストだったなぁ新しいの出さないのかなぁ」と思っていた矢先の3月1日(日)、シングル「Recipe」がリリースされたのです。

あるんですねぇ、こんなことが。
しかもです。私がザッと調べてみたところ、彼女は作詞・作曲・編曲のほとんどを自分自身で行っています。しかし今回はなんと、あ、なんと“あの”MonoTree・G-highとソン・コウン(손고은)が作詞・作曲・編曲の全てを手掛けているのです。ステラ・チャンのクレジットなし。

みなさん、MonoTreeと聞いて真っ先に思い浮かぶのはなんですか?

そうです、彼女たちです。

【まとめ】이달의 소녀/LOONA/今月の少女/LOOΠΔ【プロフ】

イダレソニョ(이달의 소녀/今月の少女/LOONA)の楽曲に数多く携わり、それはもうほとんど「イダレソニョ=MonoTree」と言っても大げさではないほど、グループのサウンド面で長らく貢献してきた作曲家集団です。
しかし彼女たちに様々な困難があり、先月上旬にようやく1年ぶりのカムバを果たした時、MonoTreeの名前はクレジットになかったのです。

【今月の少女】燃やし尽くされたLOONAVERSE【So What】

私はDDですが、中でもイダレソニョは大好きなグループの一つです(一応断っておきますと、上の記事を書いているのは管理人です)。そんな彼女たちがカムバ活動中の現在。そのタイミングで、しかもついこの1、2週間で知ったばかりのアーティストが新曲を出し、それがなんとMonoTreeだったなんて、これを“巡り合わせ”と言わずになんと言うのでしょうか。

私が思う“偶然”と“巡り合わせ”の違いは、その前後に“ストーリーがあるか、ないか”だと考えています。

ステラ・チャンというアーティストは、“偶然”出来た訳でありません。BIGBANGをはじめとした様々な音楽を聴き、フランスへと留学し、生命工学を専攻していた事が後のステラ・チャンというアーティストの根幹を作ったのです。フランスへの留学も生命工学も、一見音楽とは無関係に思えますが、それぞれの出来事は何かしらの“巡り合わせ”により、間違いなく彼女のスタイルに寄与しているはずです。

そしてMonoTreeを介し、ステラ・チャンとイダレソニョを繋いだ今回の出来事は、やはり私が“Kポップを日々の糧としている”という流れの中で起こった“巡り合わせ”なのだ。そう思うのです。

さて、これで更に巡り巡ってイダレソニョにMonoTreeが戻って来ないかなぁ。トッポッキには様々な調理法があるけれど、やはり甘辛いのが一番あうように、イダレソニョにはMonoTreeが一番あうと思うんだよなぁ。

なお、ステラ・チャンが私の好きなレパートリーに加わったことは言うまでもありません。

最新情報をチェックしよう!