ALL YOU NEED IS KPOP!

【sogumm , dress】AOMGの味わい【ZICO】

3月6日(金)、AOMGに所属するシンガー・sogummがレーベル加入後初となるシングル「내 입맛 (Feat. ZICO)」をプロデューサー&シンガーであるdressとの共同名義でリリースしました。

【sogumm】輝く塩のサインは、宇宙へと続く【Sobrightttttttt】

sogummとdressはこれまでに何度もコラボしており、もはや完全なる音楽的パートナーと言っても大げさではないでしょう。
その2人は今回の「내 입맛 (Feat. ZICO)」に先立った2月17日、ファッションブランド・MAISON KITSUNÉでも有名なフランス・パリのインディペンデントレコードレーベル・Kitsunéのコンピレーションアルバム「Kitsune Musique Mixed by Sheki」にも参加しています。

KitsunéにはBloc PartyやYelle、Towa Tei、Two Door Cinema Clubなどなど日本でも馴染みのある多くのアーティストが所属しており、コンピレーションアルバムとは言え、その中にsogummとdressが名を連ねるというのはいち音楽ファンとしてとても感慨深いものです。

そんなsogummがAOMGメンバーとして初めてリリースした「내 입맛」にはなんとZICOがフィーチャリングで参加しております。
ZICOはAOMGのCEOであるジェイ・パークとSHOW ME THE MONEY4&6にそれぞれプロデューサーとして出演しており(4=ジェイ・パーク&LOCO/Paloalto&ZICO、6=ジェイ・パーク&Dok2/ZICO&DEAN)、そのSWMT4の少し前には「ジェイ・パーク/몸매 (MOMMAE)」のMVにゲスト出演していたりしたので、このフィーチャリング参加はそういった繋がりから考えれば不思議ではありませんが、それでも昨年デビュー8年目で初となるソロアルバム「Thinking」をリリースし、目下「아무 노래 (Any Song)」が大ヒット中という旬なアーティストど真ん中の人と期待の新人との共演は、Kポップシーンを監視する当ブログとして非常に心踊るものなのであります。

【ZICO】適当に踊れ!【#AnysongChallenge】

sogummは音楽以外でもAOMGのYouTubeオフィシャルチャンネルで公開された動画でWoo(ウ・ウォンジェ)と対談を行なっていますが、これはアルバム「Not My Fault」の収録曲「Don’t Ask (feat. Woo & JANE)」以来の共演となっています。

この中で彼女はAOMGというメジャーレーベルへ加入した当時に抱いた不安やプレッシャーを語っていますが、そんなsogummにWooが頻繁に声をかけてくれていた事がとても有り難かったという感謝の言葉を述べています。話口調もパンマル(タメ口)で話しているので、それだけでも2人の間柄を伺い知る事が出来ますが、アーティストとして突出した個性を放つ2人にはお互いに共感する部分も多いようで、今後はそれぞれのタイトル曲で再び共演するなんていう事も十分あり得るでしょう。

そんなsogummは先日発表された「KOREAN MUSICAWARDS」で「今年の新人アーティスト」を受賞し、更なる活躍が期待されています。

彼女はWooとの対談で「それまで自分の好きなスタイルで音楽をやってきたけど、多くの人が注目する事になってどうしたら良いのかと考える事がある」と言っていましたが、それに対しWooは「以前は自分も同じ事を考えていたけど、今は自分のやるべき事、やりたい事と真摯に向き合い、集中するようにしているし、sogummも余り周りを気にし過ぎない方が良いと思う。それに今でも十分上手くやれているよ」とアドバイスを送っていました。
WooはSHOW ME THE MONEY6で一気に脚光を浴びる事となりましたが、それまで普通の大学生で素人ラッパーだった彼が目まぐるしく変化していく環境の中で、改めてプロのアーティストとして自分を見つめ直した事で得た答えというのは、同じようにそれまでアンダーグラウンドを活動の場としていた彼女にとっても大変意義深い体験談だったのではないかと思います。

そしてAOMGというレーベルはアーティスト各々が思い描くビジョンを尊重してくれる場所です。ジェイ・パークがレーベルを表す表現として「自由なところ」と言っているように、sogummは今後も自分のスタイルを貫きつつ、有能なプロデューサーやアーティストのバックアップにより、ますますその個性に磨きをかけていく事が出来るはずです。

先の対談でWooはGRAYとの共演を薦めていましたが、これからAOMGとsogummの間にどんな化学反応が起こるのか楽しみでなりません。
更にこれはまだ噂の域を出ていませんが、先日YG Entertainmetとの契約が終了したイ・ハイがAOMGに加入か?なんていうニュースもあったので、もしそれが実現した暁にはヒップホップシーンだけでなく、AOMGがKポップシーンに与える影響力はかなり強力になるのではないかと思います。

過渡期を経て全盛期を迎えようとしているAOMG。そしてその中で新風を巻き起こすであろうsogumm。

今回のタイトルである「내 입맛(ネ インマッ)」は「私の味覚」という意味ですが、sogummの持つ唯一無二の歌声はいかがでしたでしょうか。もしお気に召して頂けたのであればこれ幸いです。

最新情報をチェックしよう!