ALL YOU NEED IS KPOP!

【ONEUS】ワナス的ママムの意味【A Song Written Easily】

3月24日、RBW所属で人気急上昇中のONEUSが、1stシングル『IN ITS TIME』タイトル曲「쉽게 쓰여진 노래 (A Song Written Easily)」でカムバックしました!

ONEUS
(ワナス/원어스:ウォノス)
シオン/レイブン/ソホ/ファンウン/コンヒ/イド
RBW
日本公式HP
Twitter(KR)
Twitter(JP)
Instagram
Facebook
YouTube
Fan Cafe

【ONEUS】ガジャガジャオリエンタル【LIT】

本作『IN ITS TIME』は、デビューから続いた“USシリーズ三部作”を完結させたONEUSが、6ヶ月ぶりにリリースする初のシングル・アルバムです。

アルバムタイトルは「万物の美しい始まりを知らせる」という意味があり、月や始まりを応援する花言葉を持つフリージアがロゴにあしらわれています。また、これまでダークカラーを基調としていたONEUSが採用してこなかった明るめのライムグリーンがコンセプトカラーとなっており、明るく若々しい印象へとスタイルチェンジしました。

LEEDO
SEOHO
RAVN
XION
HWANWOONG
KEONHEE

タイトル曲の「쉽게 쓰여진 노래 (A Song Written Easily)」の邦題は「簡単に書かれた歌」で、春、成長、目覚め、季節の始まりなど、万物が美しい時に会ったことを意味する「Everything is beautiful in its time」をテーマに、ある一つの単語で定義することができない別れの数多くの感情が歌詞に盛りこまれています。

楽曲は、口笛のテーマとリズミカルな多重層をベースにしたムーンバートンで、ONEUSのデビューからの全てのタイトル曲に参加しているRBW所属の有名プロデューサーのイ・サンホ(이상호)が参加しています。他にもソ・ヨンベ(서용배)、イ・フサン(이후상)、キム・ジェヒョン(김재현)、そしてメンバーのRAVNも作詞に参加しています。

MVはニュージーランドでオールロケで撮影され、監督はRBW関連を多く手掛け、ONEUSともデビューからタッグを組み続けているZANYBROSのホン・ウォンギが監督を努めています。

ZANYBROS(ジャニーブロス)
2001年にホン・ウォンギとキム・ジュンホンによって設立されたミュージックビデオやコマーシャルを主に製作している映像制作会社でKポップの中でも最も影響力のあるミュージックビデオ製作会社の1つに数えられる。子会社として「Astro Digital Lab」、ポストプロダクション会社、専門カメラチーム「Roll Cam」、照明会社「Strobe」などが含まれている。SMエンターテインメントJYPエンターテインメントから、インディーズ・アーティストに至るまで作歴も豊富である。2018年に子会社レーベルとして「ZB LABEL」を立ち上げた。最近ではCLC「美(ME)」(G)I-DLE「Senorita」MAMAMOO「gogobebe」DREAMCATCHER「PIRI」などを手がけてる。

「쉽게 쓰여진 노래 (A Song Written Easily)」のラテンをベースにしたムーンバートンとMVの異国情緒あふれる壮大な景色に溶け込む姿は、ONEUSがこれまでに見せたことがない姿でありながら、何度も同じような曲をリリースしてきたような風格があり、まさに第二章の幕開けを告げるのに相応しい楽曲と言えるでしょう。


さて、今回のONEUSの新曲、みなさんはどう感じたでしょうか?

MOOMOOの中には、既視感を覚えた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです。

ラテンをベースにしたムーンバートン、全編ニュージーランドロケと言えば、MAMAMOOの大ヒット曲「별이 빛나는 밤(Starry night)」を想起せざるを得ないのです。しかも、MVの監督も「쉽게 쓰여진 노래 (A Song Written Easily)」と同じ、ZANYBROSのホン・ウォンギです。

もちろん、RBWも含めて版権元というか元ネタ的に自分たちの作歴をなぞっているだけなので、パクリなどという論法ではありません。

RBWがONEUSにさせたかったこと、それは“ONEUS的MAMAMOO”解釈なんじゃないかと思います。つまり“USシリーズ三部作”を完結させ、しっかりとした人気を獲得し、実力を示して見せたONEUSにRBWの看板を背負わせる覚悟ができたということではないでしょうか。

自らが持つ、勝利の方程式に当てはめることで、グループの人気を軌道に乗せるとともに、RBW所属アーティストとしての凄みを印象付けようという狙いを感じます。

『IN ITS TIME』はONEUSの第二章であるとともに、RBWが“MAMAMOOのいる”事務所から、“MAMAMOOとONEUSのいる”事務所へと変貌を遂げる起点となりそうです。

最新情報をチェックしよう!