ALL YOU NEED IS KPOP!

【CRAVITY】スキャンダラス重力【STARSHIP】

4月14日、STARSHIPエンターテイメントから大型新人グループがデビューを飾りました!

CRAVITY
クレビティ
STARSHIP Entertainment
Twitter(Official)
Twitter(Menber)
Instagram

Facebook
Weibo
YouTube
Tik Tok
VLIVE
fan cafe

CRAVITYはMONSTA X以来、STARSHIPが5年ぶりに世に放った9人組のボーイズグループです。グループ名は“Creativity(創造性)”と“Gravity(重力)”の造語で「独創的な魅力で人々を自分たちの宇宙へ引き込む」という意味が込められています。また、“Center of Gravity(重力の中心)”の略字という意味もあり「それぞれ違うメンバーたちが一つに集まった時にバランスが取れ、最高の舞台を作り上げる」という抱負も込められています。

STARSHIPという大手事務所から輩出されたことも話題ですが、もっとも注目されているポイントはメンバーの経歴にあります。Mnetの人気公開オーディション番組「PRODUCE X 101」参加者が4人も含まれており、その4人ともが最終順位の上位進出者です。しかも内二人は11人の最終メンバー「X1」としてデビューも果たしました。

残念ながらX1は、Mnetの様々な不祥事が発覚したことで、デビューミニアルバムをリリースしただけで2020年1月6日に解散となってしまいました。しかしながらX1メンバーがSTARSHIPに戻ると、3月には「CRAVITY」の公式SNSが開設され、2020年上半期のデビューが予告されました。

X1は元々期間限定のグループなので活動終了後のメンバーは事務所が再編したグループに加入することが見込まれていましたが、先のMnetのスキャンダルにより急ピッチでデビューする運びとなりました。しかもお兄さんグループであるMONSTA Xもスキャンダルで2019年10月にメンバーが離脱しており、STARSHIPとしてはCRAVITYをデビューさせることで、事務所に対するネガティブなイメージから目を逸させたいという思惑もあったように思います。

そんな不遇な状況から誕生し、急造感もあるCRAVITYですが、さすが大手STARSHIPといった感じで「PRODUCE X 101」で名を馳せた面々を中心にスター性のあるメンバーをしっかり揃えてきています。

セリム
SERIM
パク・セリム(박세림)
1999年3月3日(23歳)
180cm/A型
リーダー/ラッパー
アレン
ALLEN
アレン・マー(Allen Ma)
台湾系アメリカ人
1999年4月26日(23歳)
A型
ラッパー
ジョンモ
JUNGMO
ク・ジョンモ(구정모)
2000年2月5日(22歳)
181cm/58kg/B型
ボーカル
PRODUCE X 101:最終13位
ウビン
WOOBIN
ソ・ウビン(서우빈)
2000年10月16日(22歳)
B型
ボーカル
ウォンジン
WONJIN
ハム・ウォンジン(함원진)
2001年3月22日(21歳)
174cm/57kg/O型
ボーカル
PRODUCE X 101:最終19位
ミニ
MINHEE
カン・ミニ(강민희)
2002年9月17日(20歳)
185cm/60kg/AB型
ボーカル
PRODUCE X 101:最終10位
X1参加
ヒョンジュン
HYEONGJUN
ソン・ヒョンジュン(송형준)
2002年11月30日(20歳)
174cm/55kg/A型
ボーカル
PRODUCE X 101:最終4位
X1参加
テヨン
TAEYOUNG
キム・テヨン(김태영)
2003年1月27日(19歳)
185cm/AB型
ボーカル
ソンミン
SEONGMIN
アン・ソンミン(안성민)
2003年8月1日(19歳)
170cm/O型
ボーカル

CRAVITYのデビューアルバム「SEASON1. [HIDEOUT:REMEMBER WHO WE ARE]」のタイトル曲「Break all the rules」は、パッと聞いた感じNCT 127を思い起こさせるサウンドですが、それもそのはず作曲にはNCTの所属事務所SMエンターテイメントの楽曲の多くを手掛けているSean Alexander、Drew Ryan Scottの二人が参加しているからです。他にはGionata Caracciolo、Val Del Prete、Sean Willie Weeks、作詞にもNCT 127の楽曲を手掛けた経験のあるソ・ジウン、「SHOW ME THE MONEY」のシーズン2に参加したラッパーのWUTANが参加しています。

タイトル曲以外にも、収録曲の「JUMPER」はMONSTA Xのジュホンが作詞・作曲・編曲を手掛けており、弟たちの門出を祝うプレゼントとして話題になっています。

そしてやはり注目されるべきはそのビジュアルでしょうか。9人という大所帯でありながら水準が高く、穴らしい穴は見当たりません。特にX1メンバーだったヒョンジュンの一重でありながら涙袋が目立つ大きな眼は際立った魅力を放っており、ただの美形という枠には収まりきらない特異性を感じます。

デビューの時期や触れ込みは、CRAVITYの状況を考えると望むべきものではなかったかもしれません。しかしながら、その第一歩は優れた楽曲と洗練されたビジュアルによって、スキャンダルの重力から解き放たれた大きな一歩となりました。CRAVITYは4月17日にKBS2「ミュージックバンク」で音楽番組デビューを飾る予定です。

CRAVITY

その想像を超える飛躍を見逃すな!

最新情報をチェックしよう!