ALL YOU NEED IS KPOP!

【GOT7】古典的恋愛戯曲【DYE】

O, swear not by the moon, th’ inconstant moon.
ああ、月に賭けて誓うのは止めて

That monthly changes in her circled orb,
移り気な月はひと月ごとに満ち欠けを繰り返す

Lest that thy love prove likewise variable.
あなたの恋もあんなふうに変わり易いといけないから

4月20日、JYPエンターテイメントに所属する7人組ボーイズグループGOT7が11枚目のミニアルバム『DYE』でカムバックしました。

GOT7
(ガットセブン/갓세븐)
JBユギョムベンベンジャクソンマークヨンジェジニョン
HP(韓国)
HP(日本)
Twitter(韓国)
Twitter(日本)
Instagram
Facebook
Weibo
YouTube(韓国)
YouTube(日本)
LINE
VLIVE
JYP Fan’s

6日には映画仕立てのシネマトレイラーが公開され、古典小説のようなクラシカルなビジュアルとともに「私があなたの鳥になれたらいいですね(I wish I was your bird)」「月に誓わないでください(Don’t swear by the moon)」などと語られ、本作の序章を飾りました。

公開されたタイトル曲「NOT BY THE MOON」は、高調するビートと重いサウンドがGOT7メンバーたちの声とグラデーションのように調和する曲で、歌詞では永遠に変わらない無限の愛をロマンチックに表現しており、事務所のボスである餅ゴリの方のパク・ジニョンが手掛けています。

サビの冒頭である「O, swear not by the moon」はイングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる歴史的戯曲『ロミオとジュリエット』からの引用で、ロミオがこの愛を月に誓うと告白する場面でジュリエットが返した言葉の一文です。

このことからシネマトレイラーで使われていた小説や世界観は古典的な恋愛悲劇がモチーフになっているものと推測されます。


アルバムタイトル『DYE』とは“染料”や“染める”などの意味で、「NOT BY THE MOON」の歌詞にも「Dye with you(ともに染まる)」という一節に使用されています。また元ネタである『ロミオとジュリエット』では、ことの顛末として二人が悲劇的な心中を遂げることから「Die with you(ともに死ぬ)」という同音によるダブルミーニングが隠されているものと思われます。

DYE タイトル 作詞 作曲 編曲
♬ 1 AURA 주찬양
Ars
니화
주찬양
Ars
니화
Lavin
Lavin
♬ 2 CRAZY DEFSOUL
Mirror Boy
D.ham
문한미루
DEFSOUL
Mirror Boy
D.ham
문한미루
Mirror Boy
D.ham
문한미루
♬ 3★ NOT BY THE MOON パク“The Asiansoul”ジニョン
이스란
パク“The Asiansoul”ジニョン
Jay& Rudy
Isaac Han
아론킴
OKIRO
パク“The Asiansoul”ジニョン
Isaac Han
아론킴
OKIRO
♬ 4 LOVE YOU BETTER ジニョン
조미양(라라라스튜디오)
room 102(ラップ)
Frederik JyII
BLSSD
BLSSD
♬ 5 TRUST MY LOVE B-Rock
10TEARS
Davey Nate
Keith Hetrick
Appu Krishana
Keith Hetrick
Appu Krishana
♬ 6 POISON 못말 ユギョム
Davey Nate
A-Dee
A-Dee
♬ 7
(CD ONLY)
RIDE
(JB SOLO)
DEFSOUL DEFSOUL
Zayson
iHwak
Royal Dive
Zayson
Royal Dive
♬ 8
(CD ONLY)
GRAVITY
(ヨンジェ SOLO)
Ars
Noday
Ars
Noday
Noday
♬ 9
(CD ONLY)
God has return + Mañana
(ジャクソンマークベンベン)
ジャクソン
マーク
ベンベン
ベンベン
FRANTS
FRANTS
♬ 10
(CD ONLY)
JY&YG dance
(ジニョンユギョム)
FRANTS
Secret Weapon

※Arsはヨンジェ、DEFSOULはJBのペンネーム

1冊の古典小説をモチーフにした『DYE』には、ピットブル(Pitbull)の「Bad Man」に参加したデイビー・ネイト(Davey Nate)や、JUS2(JBとユギョムによるユニット)とコラボしたキース・ヘトリック(Keith Hetrick)などが参加した「TRUST MY LOVE」なども収録されています。

メンバーはアルバムのリリースに際し、JB、ジニョン、ユギョムは「RIDE」を、ヨンジェは「AURA」、ジャクソンは「POISON」、マークとベンベンは「LOVE YOU BETTER」をタイトル曲以外のお気に入り曲として挙げています。

【GOT7】強く、激しく、真っ直ぐに【Call My Name】

前作『Call MY Name』から引き続き、最近のGOT7はアイドルとして、よりオーソドックスかつストレートに恋愛感情を表現しようとしています。

その意図は、最近は人間としての尊厳や多様性について謳われることが多い他ボーイズグループとの差別化があり、プラスアルファGOT7がいわゆる王子様的なアイドルとして正攻法の魅せ方に自信があるということだと思います。

だからこそアイドルとしては使い古された「恋愛」という表現を古典的に、よりオーセンティックに捉えたのではないかと思います。

キャリアもあるGOT7のアイドルとしての純度は、ここにきてより高まっており、他のグループでは簡単に追従できないものとなりました。

アイドルとしての伝統を全うすることで、GOT7はより高みに臨もうとしています。

最新情報をチェックしよう!