ALL YOU NEED IS KPOP!

【Soovi】そして世界は動き出す【Make the Move】

4月19日(日)、1人のアーティストが新たな場で再スタートを切りました。

Soovi
(수비/スビ)
スビン(수빈)
大韓民国
所属レーベル:Hi-Lite Records
Instagram
SOUNDCLOUD

Sooviは元々THRDKULTUREKIDという企画会社に所属しており、2019年9月15日にシングル「Chained Up in Diamonds」でデビューしています。

「THRDKULTUREKIDという企画会社にいた」と書きましたが、この「THRDKULTUREKID」の情報はほぼゼロです。一応、SWAALYというアーティストも同じ所属だったようですが、そのSWAALYもナムジャだという事と、いくつかの音源を出している事以外の情報なし。
ただ「THRDKULTUREKID」、聞き覚えがあるのです。おそらく読み方は「サード・カルチャー・キッド」なはずです。にも関わらず情報なしってなんでだろうと思いキーボードをパチパチしていたら、答えが出てきました。

【CIFIKA】チルチルシフィカ【Crush, Woo(ウ・ウォンジェ)】

昨年書いた記事のアーティスト・CIFIKAの所属レーベルだったのです。が、なんで出てこなかったのか。よくよく見ると「Third Culture Kids」。「Kid」ではなく「Kids」。

別会社かよ。

一応大文字と小文字の違いにスペースの有無もあるのですが、ややこしやー。

それはともかく、Sooviは4月17日にHi-Lite Records及び自身のInstagramを通じて、Hi-Lite Recordsに加入した事が伝えられました。

View this post on Instagram

수비(Soovi)가 하이라이트레코즈(Hi-Lite Records)의 새 식구가 되었습니다. 💙🤟🏼💙 R&B 싱어 수비(Soovi)는 유럽에서 유년기를 보내며 다양한 문화와 함께 성장했습니다. 틀에 갇히지 않은 가사와 멜로디, 여러 느낌이 뒤섞인 이국적인 음색은 일찍이 그녀가 사운드클라우드(https://soundcloud.com/subidubii)를 통해 공개한 작업물들에 고스란히 녹아 있습니다. 이런 강점들을 내세운 수비의 음악적 시도와 하이라이트레코즈의 비전이 만나 마침내 그녀는 하이라이트레코즈에 합류하게 되었습니다. 수비의 새 싱글 ‘Make the Move (feat. pH-1)’은 뮤직비디오와 함께 오는 4월 19일 일요일 오후 6시 국내 전 음원 플랫폼을 통해 공개됩니다. 하이라이트레코즈와 함께 첫걸음을 내딛는 수비의 앞날을 축하해주세요. #수비 #Soovi @asianminiature #하이라이트레코즈 #HiLiteRecords @hiliterecords

A post shared by Soovi (수비) (@asianminiature) on

これはあくまでも私の憶測の域を出ませんが、もしかするとTHRDKULTUREKIDとThird Culture Kidsの間にトラブルがあったのかもしれません。その結果、THRDKULTUREKIDは解体、或いは休止状態になり、どういう経緯を経てなのかSooviは移籍、もしくは一度フリーになった後、Hi-Liteに加入したのかなと。

ただ、その流れは正直どうでも良いと思っています。重要なのはSooviというヨジャアーティストがHi-Lite Recordsというヒップホップレーベルに加入したという点です。
Hi-Lite RecordsにとってヨジャアーティストはSwervy(스월비/スウォルビ)に続いて2人目であり、ヨジャR&Bシンガーとしては初です。

SooviのHi-Lite Records加入は、彼女のスタイルとレーベルの求めるものが一致したという事ですが、ヒップホップは未だにどのレーベルも9割近く、或いは全てナムジャという、極端な男性社会です。
そんな中、先日AOMGからデビューしたDeVitaという存在がいます。

【DeVita】新機軸のBest Of The Best【CRÈME】

AOMGはHOODYにsogummと、すでに非ラッパーアーティストがいましたが、更にそこにもう1人加わった訳です。

昨今頻繁に謳われる「男女平等」及び「ジェンダー論」は、これまでのヒップホップシーンにおいては非常にハードルの高いものだったように思います。
しかし、ラッパーの母体となるレーベルの変化はそういった世界的な流れを取り入れ始めたとも言え、それがシーンのトップを走るAOMG以外のレーベルにも波及したのかもしれません。或いはその時代の過渡期に突入するべくしばしば世界的に、かつ同時期に発生するムーブメントに似たものが、韓国のヒップホップ界に起きているとも考えられます。

と、それっぽいことを書き連ねてみましたが、簡単に言えば、ヨジャアーティスト、もっとウェルカムって事です。というか、一昔前で言う「男と女」だけじゃないんだから。「ヨジャのナムジャ」「ナムジャのヨジャ」「そのどっちでもない」という、もっと様々なスタイルのアーティストが増えて欲しいと思いますし、そうなるべきです。だって野郎ばかりじゃつまらないし、おかしな事じゃないですか。

今回、Sooviが再スタート、そして再デビューとなった曲のタイトルである「Make the Move」は「アクションを取る、行動を起こす(開始する)」という意味です。まぁ正確を記せば「Make a Move」でそういう意味なんですが、おそらく同じでしょう(違ったらすいません。調べたけど“the”の言い回しでは出てこなかったので)。

Sooviは新天地で新たに動き出しましたが、同様に世界も動き出しているのです。きっと。

最新情報をチェックしよう!