ALL YOU NEED IS KPOP!

【NATTY】13と16と19【NINETEEN】

あのTWICEを生んだ伝説的な番組SIXTEEN参加者のNATTYがシングル『NINETEEN』で、ついに念願のデビューを飾りました!

ナッティ
(NATTY/나띠)
アーナチャッタ・スプティポン(อานัชญา สุพุทธิพงศ์)
2002年5月30日(18歳)
タイ
165cm/41kg/O型
SWING ENTERTAINMENT
YouTube / Instagram(公式) / Instagram(個人) / Facebook / Twitter / VLIVE / Tik Tok / Fan Cafe

2015年に放送された「SIXTEEN」は、TWICEの所属事務所JYPとケーブルテレビ局Mnetの共同企画で、様々なミッションでJYP練習生16名を振るい落とす内容でしたが、NATTYはその類まれなダンスの才能や表現力を高く評価され常に上位をキープしており、メンバー入りしてもおかしくありませんでしたが、最終選考で落選してしまいました。

その理由は明らかにされていませんが、成熟した人間性を好むJYP的に、当時のNATTYの年齢13歳が若すぎたから、というのが大方の見方のようです。じゃあなんで番組に出したんだって話ではありますが、JYPとしては、それを超えるほどの何かを期待しており、当時のNATTYには、そこまでの実力は発揮できなかったということかもしれません。

惜しくもデビューを逃したNATTYではありますが、逸材であることは間違いなく、その後も動向を注目されていましたが、2年後にJYPを退社します。

その直後に飛び込んできたのが、「SIXTEEN」と同じくMnetのサバイバル番組で2017年に放送された「アイドル学校」出演のニュースです。

この番組への参加条件は「個人練習生(無所属)」であったことから、JYPを退社した理由が明らかになります。また、同番組には「SIXTEEN」落選組のウンソとジウォンも同じくJYPを退社し、参加しました。

結果として、NATTYは再び最終選考で落選してしまいます。ウンソもNATTYと同じく最終選考で落選しますが、ジウォンはfromis_9として念願のデビューを飾ります。「SIXTEEN」落選組で他にデビューを果たしたのはIZ*ONEで活動しているチェヨン、ITZYで活躍するチェリョン、ソロとして活躍するソミがいます。

その後は、SEVENTEEN等が所属しているPLEDISの練習生をしているなどの噂がありつつ、個人のInstagramを開設するなどちょっと有名な一般人としての生活を送ります。

2020年に、元WANNA ONEキム・ジェファンやソン・ホヨンが所属しており、IZ*ONEのマネージメントをOff The Recordと共同で担当しているSWINGエンターテイメントと契約し、ソロデビューを予定していると報じられます。

そして5月7日、今年で19歳(韓国年齢)となるNATTYは『NINETEEN』で念願のデビューを飾りました。

「NINETEEN」は多くの危機と挫折を乗り越えて、華やかに夢を叶えたNATTYの自伝的なストーリーが盛り込まれています。

練習生時代を共にした同年代が続々とデビューしていく中で、諦めずに「二十歳になる前にデビュー」するという夢を追い続け、そして叶えた自分自身に対する期待と応援のメッセージが盛り込まれています。

MVでは、多くの危機と挫折を経験した過去のNATTYの前に、デビューまで辿り着いた現在のNATTYが登場し、励ます様子が描かれています。

楽曲は世界的なミュージシャンと作業してきたイギリス出身プロデューサーのトレ・ジーン・マリエ(Tre Jean-Marie)、IZ*ONE、SUPER JUNIOR、MONSTA X、 OH MY GIRLなどに曲を提供してきたパク・スルギ(153 / Joombas)などが携わっており、レトロな雰囲気のサウンドと様々なドラムビートが調和した躍動感あふれるダンスポップ曲となっています。特にスラップ奏法のベース音が全面に押し出ていることで独創的な雰囲気の楽曲に仕上がっています。

NATTYがデビューを果たしたことは、私にとって大きな意味があります。

個人的な話をすれば、私はONCE(TWICEのファン)です。

それは「SIXTEEN」という番組で、彼女たちの血、汗、涙を犠牲にした頑張りを観てきたことがかなり影響しています。おそらくそれはNATTYがメンバー入りしていたとしても何ら変わることはなく、同じように好きになり、同じように応援していたことでしょう。

TWICEという大好きなグループのデビューが決まることで引き換えになったのは、その時点で落選者たちを応援する機会を失うということでした。

だからこそ、こうしてKポップという応援できる大公の場に戻ってきてくれたことを、心底良かったと思えるのです。

「SIXTEEN」後、落選組の動向を伺うと最後までデビューを諦めなかったのがNATTYで、今後アイドルとしてデビューする「SIXTEEN」出演者は現れないはずです。

NATTYは「SIXTEEN」の最後のアナザー・ストーリーであり、もうひとつの「TWICE」なのです。

最新情報をチェックしよう!