ALL YOU NEED IS KPOP!

【TXT】少年は孤独を知り、そして世界を知る【Can’t You See Me?】

5月18日(月)、BigHit Entertainment所属の5人組ナムグル・TXT (투모로우바이투게더/TOMORROW X TOGETHER)が2ndミニアルバム「夢の章:ETERNITY」(タイトル曲「세계가 불타버린 밤, 우린… (Can’t You See Me?)」)でカムバしました。

TXT
(투모로우바이투게더/TOMORROW X TOGETHER)
スビン/ヒュニンカイ/ヨンジュン/ボムギュ/テヒョン
Weverse
HP(JP)
Instagram
Twitter(公式)
Twitter(メンバー)
facebook
Weibo
YouTube
VLIVE

TXTは今年の1月15日に「MAGIC HOUR」(タイトル曲「9と4分の3番線で君を待つ Japanese.ver」)で日本デビューを果たしていますが、本国でのカムバは昨年10月21日にリリースされた1stフルアルバム「夢の章:MAGIC」(タイトル曲「9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려(Run Away)」)以来、約7ヶ月ぶりです。

【TXT】マジカルトレインは、9と3/4番線発【Run Away】

【TXT】BのTがMでM【9と4分の3番線で君を待つ JP.ver】

デビューミニアルバム「夢の章:STAR」では収録曲全てのMVが公開されていましたが、「夢の章:MAGIC」からは「9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려(Run Away)」と「New Rules그냥 괴물을 살려두면 안 되는 걸까(Can’t We Just Leave The Monster Alive?)」のダンスプラクティス、「Magic Island」のMV、「Angel Or Devil」のMV&ダンスプラクティスが公開されています。

9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려/Dance Practice
9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려/Dance Practice (Halloween ver.)
New Rules/Dance Practice
그냥 괴물을 살려두면 안 되는 걸까/Dance Practice
Magic Island/MV
Angel Or Devil/MV
Angel Or Devil/Dance Practice

しかし3月にリリースされたNCT127の「NCT #127 Neo Zone」もそうですが、大手事務所だとカムバごとの動画コンテンツが豊富で、毎回ペンはウハウハで羨ましい限りです。

それはさておき、TXTがこれまでにリリースしたアルバムは「夢の章」という連作になっており、タイトル曲「어느날 머리에서 뿔이 자랐다 (CROWN)」で「君に会った喜びとときめき」を、続く「9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려(Run Away)」ではその“君”と過ごす「魔法のような瞬間」が描かれていましたが、今回の「세계가 불타버린 밤, 우린… (Can’t You See Me?)」はMVの冒頭でも示されているように、より明確に前作からの続きである事がわかります。

そこでは「魔法のような瞬間」を経て“君”との間に生まれた亀裂から葛藤と混乱、そして孤独というかつてない感情の変化をもたらします。

これはあくまでも私が持っていたイメージになりますが、TXTの世界観は少し入り組んでいて隅から隅まで漏らさず追っていなければわからなそうな印象がありました。
それはタイトルの長さも無関係ではなく、特に今回の「세계가 불타버린 밤, 우린(世界が燃えてしまった夜、私たちは)」というタイトルに顕著なように、いわゆる「セカイ系」か?という、どこかおじさんには縁遠い雰囲気すらあったのです。

けれども改めてこのシリーズの核となるものに目を向けてみれば、おそらくそれは勘違いだったのではないかと考えを改めたのです。というのもシリーズを通して描かれているのは少年たちが成長する過程で直面する経験であり、それは誰しも通る通過儀礼のようなものです。

そしてその語り方は決してファンタジックなものではなく、いわば作者の身近な物事を題材とした純文学的なものではないかと思うのです。とはいえ、「純文学=芸術性の高い作品」というだけでなく、そこにはしっかりと彼らのパフォーマンスやMVを含めたビジュアル、楽曲による「エンタメ=大衆性」も担保されており、その渾然一体となったスタイルがグループとしての魅力だと言えるでしょう。

そんなTXTという作者が描く世界はメイン支持層である10代20代だけが共感するものではなく、社会という共同体のなかで生きている全ての人が繰り返し経験する事なのではないでしょうか。

私たちは彼らを通して孤独を知り、あるいは思い返し、悩み、そしてまた新たな世界を知るのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!