ALL YOU NEED IS KPOP!

【MAJOR9】カバーで開け、日韓の扉【レーベル】

先日、とあるツイートから一つのカバーソング動画を観ました。

私は普段、邦楽をほとんど聴かないので、いま巷で何が流行っているかという事も知りません。せいぜいが「米津玄師の檸檬ってめっちゃ流行ったらしいね」レベルです。とはいえ、「Official髭男dism」という名前は知っていた(読み方も知っています。えっへん)ので、「へー、これが髭ダンかー。しかしこの人、歌上手いなぁ」などとボンヤリ観ていたのです。更にはツイートに「カバー第4弾」とあったので、その他の動画も順々にクリックしながら「お、King Gnu!有名なバンドだな。Amazarashi、うん、名前は知ってる。しかし日本の曲を韓国人アーティストから聴くのもなんかオツなもんですなぁ」などと4曲全てを観てみたのです。

そんな中で私は一つの事に気がつきました。それがこの動画をアップしているチャンネル名。

「MAJOR9 JAPAN…MAJOR、9、JAPAN…MAJOR9…はて、どこかで最近聞いたような…」と記憶を探ってみると…

【2020 Apr.】見逃してごめんね【R&B・ヒップホップ特集】

そうです。この中で紹介したイダレソニョ・ヒジンがMVに出演しているBEN(벤/ベン)ちゃんの所属事務所だったのです。

MAJOR9
(메이저나인/メジャーナイン)
HPInstagramTwitter
facebookYouTubeVLIVE
HP(JP)Twitter(JP) / YouTube(JP)

MAJR9は、ユン・ミンス(윤민수)とリュ・ジェヒョン(류재현)からなる二人組ボーカルデュオ・VIBE(바이브/バイブ)の所属していたThe Vibe Entertainmentと、9人組ナムグル・ZE:A(ゼア/제국의 아이들)でマンネとリードボーカルだったキム・ドンジュン(김동준)の所属していた골드문엔터테인먼트(ゴールドムンエンターテインメント)、そして日本のゲーム会社・浅草ゲームズの三社が合併し、アーティストマネジメントやグローバルな事業などを展開する目的で設立された総合エンターテイメント会社です。

所属アーティスト
VIBE(ユン・ミンス/リュ・ジェヒョン) BEN(벤/ベン) キム・ドンジュン(김동준)
facebookYouTube InstagramTwitter
facebook 
InstagramTwitter
facebookYouTube 

このMAJO9には傘下にIndian Label(인디안레이블/インディアン・レーベル)というレーベルがあり、5人のアーティストが所属しています。

Indian Label
(인디안레이블/インディアン・レーベル)
HPInstagramYouTube
所属アーティスト
YOSEP(요셉/ヨセプ) HAEUN(하은/ハウン) Francis (프란시스/フランシス)
InstagramfacebookYouTube
WOODY(우디/ウッディー) MAY(메이/メイ)
InstagramTwitter
facebookYouTube

私は今でこそアイドルやヒップホップアーティストはそれなりの数を知るまでになりましたが、やはりまだまだ勉強不足。お初にお目にかかる方たちがほとんどでした。ただそんな中、1人だけ知っている人がいました。

SOYOU&Francis/Bangkok

元SISTARで、プロデュース48のボーカルトレーナーとしても出演していたSOYOU(소유/ソユ)とコラボしていたFrancisです。どこかで聞いた名前だなとは思っていたんですが、このレーベルだったとは。まぁ知っているとは言ってもこの曲のみなのですが、とはいえ、やはり色々観ていると思わぬところで再び出会うものです。

さて、話をググッと戻しますと、その8人が一同に所属しているのがカバー動画を挙げていた「MAJOR9 JAPAN」という訳なのです。
ただちょっと一つだけ気になることがあります。「MAJOR9 JAPAN」にはもう1人、 KASPER(캐스퍼/キャスパー)というラッパーがいます。

KASPER
(캐스퍼/キャスパー)
InstagramTwitterfacebook
YouTubeSOUNDCLOUD  

KASPERはダヘちゃんことHeizeや元ワンガ・ユビン、元SISTARのヒョリン、そしてWJSN・EXYも出場していたUNPRETTY RAPSTAR・シーズン2で認知度を高めたラッパーで、3枚のシングルと1枚のEPをリリースしているのですが、現在本国のMAJOR9にその名がありません。そしてMelOnのアーティスト紹介には所属が「디퍼런트 밀리언즈(ディファレント・ミリオンズ)」(HPには「BEAUTY CREATOR NETWORK GROUP」とあります)となっており、また、Instagramには「musicproduction」というハッシュタグの付いた「THE EXIT PLAN」という所のリンクが貼られているのです。うーん、色々謎すぎる。

まぁそれはともかくとしても、冒頭にもあったカバー動画に参加しているYOSEP、HAEUN、WOODYはそれだけ観ても歌唱力の高さがわかりますし、何よりKポップアーティストが個人でカバー動画を挙げる事はあっても、事務所が様々なアーティストを参加させる企画というのは珍しいのではないのでしょうか。
私のように韓国→日本の音楽を知るというケースは稀だとしても、日頃よりJポップも聴くという方たちにとっては、これまで知らなかったアーティストに出会う機会としてとても良いのではないかと思います。

そして個人的には、「MAJOR9アカデミーのオーディションで発掘」され、「どこかに行ってしまいそうで、突拍子もなく、自由奔放な雰囲気を持つシンガー」という不思議な紹介文の付いたMAYちゃんが非常に気になります。

アイドルが所属する事務所でもなく、ヒップホップレーベルでもないMAJOR9&MAJOR9 JAPAN。カバー動画からバズるという事も多い現代なので、この中から次代のMAJORなスターが誕生するかもしれないぞ!日本で人気が出て逆輸入パターンとか。

という事で、要注目です。

最新情報をチェックしよう!