ALL YOU NEED IS KPOP!

【EXO-SC】10億という数字【1 Billion Views】

7月13日(月)、EXO第2のユニット・EXO-SCが1stフルアルバム「10억뷰(10億ビュー)」をリリースし、同名タイトル曲のMVが公開されました!

EXO-SC
EXO-SC.smtown.com
SEHUN
(セフン)
CHANYEOL
(チャニョル/チャンヨル)
オ・セフン(오세훈) パク・チャニョル(박찬열)
大韓民国 🇰🇷  ソウル特別市中浪区 大韓民国 🇰🇷  ソウル特別市 恩平区
1994年4月12日 1992年11月27日
183cm/66kg/O型 185cm/70kg/A型
EXO/EXO-K/EXO-SC EXO/EXO-K/EXO-SC
リードラッパー/リードダンサー メインラッパー/サブボーカル
Instagram InstagramYouTube

【EXO-SC】ヨルセのワラライフ【Unit Debut】

7月2日からはSM恒例、怒涛のティーザー公開ラッシュで、「またきたー!またまたきたー!」と連日テンションが押し上げられる午前0時。その数、ざっと数えただけで50枚以上。嘘ではありません。気になる方はこちらから遡って数えてみてください。しかも同じタイミングで赤いモンスター2人のティーザーも上がっていたので、「イイねイイねイイねイイねイイねイイねイイねイイねイイねイイね」の連打。きっと私のTwitterをフォローして下さっている方には「イイね多いわっ」とご迷惑をおかけした事でしょう。
ティーザー画像を全て載せるとえらい下までスクロールしなければならなくなるので控えますが、せっかくなので私が好きな厳選3枚をご査収頂ければと思います。まぁ記事のトップ画像とプロフィール紹介欄にも使用してはいますが。

約1年前にリリースされたユニットデビューアルバム「What a life」には、プロデュースチーム・Devine Channelと、Dynamic Duoのメンバー・Gaeko(ゲコ/개코)が全曲のプロデュースを担当していましたが、今回はGaekoの単独プロデュースとなっています。

収録されている9曲(内1曲はタイトル曲「10억뷰」インストバージョン)の製作陣に名を連ねているのは、前作に引き続きAOMGのGRAY、Dynamic Duoが所属するAmoeba Cultureの3人組ヒップホップグループ・Rhythm PowerのHangzoo(ハンジュ/행주)とBoi B (ボイビ/보이비)という3人に加え、同じくAmoeba Culture所属で元Devine Channelでもあるソロシンガー・SOLE、フィーチャリングはSM傘下のレーベル・Million Marketからラッパー・PENOMECO(※)、同レーベル所属のR&Bシンガー・MOON、プロデュースも務めたGaeko、そして大ヒットドラマ「愛の不時着」のOST「우연인 듯 운명 (But it’s Destiny)」が記憶に新しい10CMという、前作以上の豪華メンバーとなりました。

※2021年4月22日追記 – PENOMECOは2020年6月28日にレーベルを退所していたので、この時点では無所属でした。あえて修正はせずに追記という形で残します。

製作陣、フィーチャリングが豪華メンバーというだけでなく、チャニョルとセフンは前作と同じく全曲の作詞に携わった事に加え、セフンはTrack4「척 (Feat. 10CM)」、Track6「날개 (Feat. Gaeko)」、Track8のソロ曲「On Me」を、チャニョルはTrack7のソロ曲「Nothin’」の作曲にも参加しているのです。
その「척 (Feat. 10CM)」は7月7日に先行公開曲として音源リリース&MV公開され、8、9日には「On Me」と「Nothin’」のMVが続けて公開されています。

EXO-SC/척 (Telephone) Feat. 10CM
チャンヨル(Solo)/Nothin’
セフン(Solo)/On Me

タイトル曲の「10억뷰 (10億ビュー) Feat. MOON」は、ファンキーなギターサウンドとディスコリズムが引き立つヒップホップ曲ですが、いやー、もうめっちゃ良い。この肩の力が抜けたグルーヴとダンス。というかですね、そのタイトルとかMVのカットなど諸々、どうみても「#1BillionViewschallenge」狙ってきたな。

と思いSNSで「#1BillionViewschallenge」を検索してみると、↑のパートではなくスマホを使ったこっち↓を出演したラジオか何かでやっていました。

「いや、ゆるいダンスの方じゃないんかーい」とは思いましたが、後々また個々のインスタなどに改めてアップされるのやもしれません。だってあのダンス、楽しそうだし、簡単そうだし。

さて、「10억뷰 (10億ビュー)」というアルバム&タイトル曲名を最初に聞いたときは「いや、EXOと言えどもだいぶ大きくきたな」と思いましたが、製作陣やアルバム全体のクオリティ、そしてもちろんタイトル曲の良さを踏まえると、「うん、まぁやっぱりバズらせようと思ったら目標は高く持たないとね」と妙に納得してしまったのですが、同時にふと引っかかる事がありました。

「10億ビュー…10億ビュー…はて、その数字、なんか最近目にしたような…」

そう考えながらなんとなく思い当たるふしを探ってみると…

あったぞ。

これか?

やはりこれを意識してるのか、イ・スマンよ。

同日カムバだったヨチンもBig Hit傘下だし。

え、どうなんだい?

最新情報をチェックしよう!