ALL YOU NEED IS KPOP!

【DREAMCATCHER】青い薔薇の弾幕【R.o.S.E BLUE】

7月15日(水)、DREAMCATCHERがモバイルゲーム「걸카페건(Girl Cafe Gun/少女咖啡枪)」の主題歌「R.oS.E BLUE」をリリースしました。

DREAMCATCHER
(드림캐쳐/ドリームキャッチャー)
ダミ/スア/シヨン/ジユ/ユヒョン/ガヒョン
※メンバーのハンドンは中国のオーディション番組「青春有你2」に参加していた為、現在離脱中
所属事務所:DREAMCATCHER COMPANY
レーベル:
🇰🇷  kakaoM / 🇯🇵  PONY CANYON
ファンダム:InSomnia(인썸니아/インソムニア)
Instagram① / Instagram②
Twitter / facebook / YouTube
HP(JP) / Twitter(JP)
YouTube(PONY CANYON)
걸카페건
(Girl Cafe Gun/少女咖啡枪)
걸카페건(Girl Cafe Gun/少女咖啡枪)とは…
2016年に中国のゲーム会社・Seasun Gamesがリリースしたモバイルゲーム「少女咖啡枪」のシリーズ第2作で、原題は「双生视界:少女咖啡枪II」。韓国及び日本では「걸카페건/Girl Cafe Gun」が作品タイトルになっている。
3人パーティーでプレイする弾幕シューティングアクションRPGで、Live2D技術で実装された少女たちと一緒に秘密のカフェを経営していくという独特のコンセプトがあり、そのカフェ経営では自分のキャラクターを育成することができる。
発売元は金山軟件(中国)、Bilibili(韓国)、マーベラス(日本)。
韓国版HP日本版HP

 

ストーリー…
近未来、七つの結晶が突如地球に出現。その後、大量の結晶鉱脈が成長し、瞬く間に地球を覆った。結晶の中には「源力」と呼ばれる未知のエネルギーが含まれており、当初は石油に代わる最新のエネルギーに慣れると期待されていた。
だが、突如驚異的な速度で結晶は成長し、人類が源力に感染し「骸晶」になってしまった。さらに多くの地域が結晶に覆われ荒れ果ててしまう。わずか数週間で地球の半分が厄災に陥ることとなった。これが「大爆発」と呼ばれる地人類の運命を変える出来事であった。
生き延びた人々は各地の避難所に身を隠し、文明の復旧を始めた。それと同時に、源力結晶を忌み嫌うもの、利用するもの。信念の違いにより、人類の分裂が始まった。
結晶は一体どこから現れたのか?天災か、またはその他文明からの攻撃か?そして我々の運命は?
これは、そんな世界に翻弄される、一人の少年と少女たちの物語である。

日本公式HPより

主要キャラクター
ジムカ アイリーン・ホワイト ロココ
菊理千姫 イーコス・キレニア コーネリア
ジムユウ リタ・ロメロ ジュノ・エモンズ
グルニエ・デラサール 蘇小真 ノーラ・ムーン

ということで概要をざっと書いてみましたが、私はゲームを全くやらないので「シューティングアクションRPGとカフェ経営」と聞いてもいまいちどんなものなのか想像出来ませんが、昨年日本で先行リリースされた時からその界隈では話題だったらしく、韓国ではようやく7月15日にサービスが開始。同時にドゥケ(DREAMCATCHERの愛称)がそのタイトル曲を担当した「R.o.S.E BLUE」がリリースされたという訳なんですが、それに先立つ7月2日には「R.o.S.E Blue OST Making Film」も公開されています。

「R.o.S.E BLUE」の作詞・作曲・編曲を手掛けたESTi(本名:パク・ジンベ/박진배)は幼い頃からコンピューターゲームを愛好し、東京の秋葉原を訪れたり、進学した韓国外国語大学校では日本語学科へ入学するなど、長らく日本のアニメやゲームに触れてきた人物で、2004年頃から日本向けに作られた韓国産ゲームの楽曲を手がけるようになったようです。
これまで日韓両国で数多くのゲーム楽曲を手掛けてきた代表的な作曲家という事ですが、さすがというか、しっかりとドゥケのカラーを活かした作品に仕上がっており、そのドゥケも他のアイドルグループとは一線を画すスタイルで、昨年リリースされたスペシャルミニアルバム「Raid of Dream」のタイトル曲「Deja Vu」でリアルタイム3DバトルRPGゲーム「KING’s RAID」とコラボして以来、2度目となるゲーム楽曲での抜擢となりました。

【DREAMCATCHER】玉座に刻まれし、裏切りの記憶【Deja Vu】

Kポップシーン全体で見れば、正直まだブレイクには至っていないというのがドゥケの立ち位置ではあるものの、とはいえ彼女たち独自の世界観と音楽性はコアなファン層を形成し、それは徐々に大衆にも認知され初めているのかなというのが個人的な見解です。

あとはやはり彼女たちがまだ手にした事のない音楽番組1位獲得。これをぜひ実現してほしいところです。という訳で、前作のリリースからはすでに半年が経過したので、そろそろじゃないですかね、カムバ。

今回の「걸카페건(Girl Cafe Gun)」は「弾幕シューティング」というジャンルらしいですが、カムバ曲でも撃ちまくろうではありませんか。

そして今度こそ仕留めましょうよ、大衆のハートを。

最新情報をチェックしよう!