ALL YOU NEED IS KPOP!

【ユア (OH MY GIRL)】私を森に連れてって【Bon voyage】

9月7日(月)、OH MY GIRLのメインダンサー・ユア(유아/YOOA)が1stミニアルバム「Bon Voyage」(タイトル曲「숲의 아이 (Bon voyage)」)でついにグループ初となるソロデビューを果たしました!

ユア
(유아/YOOA)
ユ・シア(유시아/柳諟我/Yu Siah)
1995年9月17日
大韓民国 🇰🇷  ソウル特別市龍山区
161cm・A型
宗教:プロテスタント
家族:両親、兄
所属事務所:WM Entertainment
所属グループ:OH MY GIRL
デビュー:2015年4月20日 OH MY GIRL1stミニアルバム「OH MY GIRL」
メインダンサー、リードボーカル
ニックネーム:シャ、ユシャ、チェリーなど
サイン:
好きな色:赤
好きな季節:秋
Instagram

めでたい!

そして私はがっつりユアペンなので

もう、ただただ嬉しい!

ということで、まずはソロデビュー記念としてユアのグループ以外での活動をドドーンと紹介しちゃいましょう。

ALL YOU NEED IS ユシャです!

どうぞ!!

Sunny Girls /Taxi
2016年11月27日
SBSの音楽番組「人気歌謡」のコラボレーション企画「MUSIC CRUSH」で結成されたグループ・Sunny Girls。他のメンバーはGFRIEND・ウナ、宇宙少女・ソンソ、gugudan・ナヨン、MOMOLAND・ナンシー。
Junsun Yoo Choreography /Keeping Your Head Up
2017年4月20日
 1Million Dance Studioの講師であり、ユアにとって実のお兄ちゃんであるユ・ジュンソン(유준선/Junsun Yoo)との共演。スタジオバージョンもあります。
GIRL NEXT DOOR /Deep Blue Eyes 
2017年6月14日
2017年にKBSで放送された「アイドルドラマ工作団」で結成されたグループ・GIRL NEXT DOOR(옆집소녀/隣の家の少女)。他のメンバーはMAMAMOO・ムンビョル、Red Velvet・スルギ、NATURE・ソヒ、SONAMOO・ディエナ、LOVELYZ・スジョン、SOMI。曲のプロデュースはB1A4のジニョン。
Morning Call (Prod. Peterpan Complex)
2018年5月2日
ソーシャルメディアコンテンツ・dingoの企画「모닝콜을 부탁해(モーニングコーヒーをお願い)」テーマ曲。
Jonas Brothers ‘Sucker’ Dance Cover
2019年8月3日
Shawn Mendes, Camila Cabello/Señorita(Cover) Feat.MIMI[MimPD]
2019年8月9日
Lights Up (Harry Styles) cover
2020年4月1日
Traffic (O.T Genasis) cover
2020年4月22日
IU/eight (Cover)[MimPD]
2020年6月10日
Just Friends (Audrey Mika) cover
2020年8月16日

改めて並べてみるとありますね、課外活動。おそらくグループの中でも1番多いような気がします。そんなユアはお兄ちゃんが1millionの講師だという事もあるのか、Kポップアイドル界屈指のダンススキルをもつメンバーで、Queendomであのマイケル・ジャクソンのカバーをぶちかました事も記憶に新しいところ。

Queendom/パフォーマンス部門
「Little Mix/Power」

しかし意外な事に、このQueendomの直前からユアはスランプだったらしく、特にメインダンサーとしてのプレッシャーが大きくのしかかっていたそうです。番組のパフォーマンス部門で1位を獲得した時に見せた涙は、その時のグループの順位や自身の怪我により満足にステージを終えられなかったという事だけではなく、内に秘めていた心理的不安を乗り越えた事で溢れ出た感情だったんだなぁと、番組終了後にその事を知った私は改めて彼女が魅せた完璧なマイコーに想いを馳せたのです。

さて、そんなQueendomからのオマゴルは快進撃を続け、その良い流れを汲んでのユアソロデビュー「Bon Voyage」。

制作陣にはEXOやSHINee、f(x)、Red VelvetなどなどKポップのヒット曲を山ほど手掛け、オマゴルとは「NONSTOP」収録曲「Dolphin」などでもタッグを組んでいるRyan S. Jhun、同じくKポップを代表する作詞家ソ・ジウム(서지음)、そしてMonoTreeのイ・ジュヒョン(이주형)に我らがMayu Wakisakaといった面々が顔を揃えています。

Bon Voyage/Highlight Medley

その「Bon Voyage」のタイトル曲「숲의 아이 (Bon voyage)」(森の子ども)、ティーザーではなんか大きな狼が出てきてたし、もののけ姫風スタイリングも合わせて「一体どんな曲になるのかさっぱりわからん。オープンカーに乗ってたけど、ここからゴリゴリに踊ったりするのか?曲調はガールクラッシュだったりするのか?どうなるの?ねぇ!」とあれこれ考えたんですが…

Bon Voyage/Opening Trailer
숲의 아이 (Bon voyage)/MV Teaser

なんていうんでしょう、突然「世界って広いなぁ。そして美しいなぁ。」などと考えてしまうような清々しさ溢れる感じは。開放感と言いましょうか。

よくグループに所属するメンバーがソロデビューすると「新たな魅力」というような文言が付きますが、今回のユアが魅せた姿に「新しさ」はありません。
しかし私が感じたのはこれこそが余すことなく表現された「“いま”のユア」だという事です。それはキャリアの集大成というものとも異なります。彼女が持つ優雅さ、柔らかさ、無邪気さ、力強さ、そしてユ・シアというアーティストの“生(せい)”の鼓動。それら全ての要素が巨大な一つのエネルギーとなって瞬間最大風速を起こした姿。それが今回の「숲의 아이 (Bon voyage)」なのだと思います。

ユアは今回のソロデビューに際し、初めはメンバーなしで活動する事に不安を覚え断ったそうで、ショーケースの前にはプレッシャーから何度も泣いたらしいです。しかしショーケースで魅せたその姿はむしろこちらが震えるほどで、ちょっとこの世のものとは思えない(褒め言葉ですもちろん)神々しさすらありました。

숲의 아이 (Bon Voyage)/Showcase

リリース翌日に公開されたパフォーマンスビデオもそうなんですが、ここに存在するユアはタイトルの「숲의 아이(スペ アイ)/森の子ども」というより「森の精霊」が目の前に現れたのかと思ってしまうような神秘性を纏っています。

숲의 아이 (Bon voyage)/Performance Video

いや、もう本当に素晴らしかったよ。ユシア氏。

文句なしだよ。

最高だったよ。

だからお願い、

オレをその森に連れて行ってくれ。

 

最新情報をチェックしよう!