ALL YOU NEED IS KPOP!

【NeonPunch】原点回帰の再デビュー【XUM】

2020年9月24日

とあるガールズグループがデビューしました。

XUM
(サム / 썸)
ダヨン ベカ イアン
A100 Entertainment
Twitter Facebook Instagram YouTube VLIVE TikTok

【脳天】NeonPunch【直撃】

あなたはNeonPunchをご存知でしょうか?2018年6月27日に1stシングル『MOONLIGHT』でデビューを飾った5人組のガールズグループです。

NeonPunchは、YG主催のオーディション番組JTBC『MIXNINE』で見せ場を作るなど、デビュー前から優れた実力を披露し、華やかなルックスとキャッチーな楽曲で一部のKポップファンから熱い視線を送られる存在でした。

開設当初だった当ブログでもデビューから追いかけており、デビュー直後の8月に日本で行われたショーケース(前編後編)にも足を伸ばすほどに推しグループの一つでした。

【NeonPunch】マイナーグループから卒業のお知らせ【TicToc】

2019年1月30日には2ndミニアルバム『Watch Out』をリリースし、メンバーの入れ替えはありつつも順調に活動をしてきました。

今回デビューしたXUMは、そのNeonPunchの元メンバーであるダヨン、ベカ、イアンの3人によって結成されました。

NeonPunchは『Watch Out』以降、何があってXUMに至ったのでしょうか?


『Watch Out』の活動以降、公の活動が減少していたNeonPunchですが、2020年4月にカムバックを準備中だという情報が流れます。

ただ、その頃メンバーだったメイとドヒが数少ないNeonPunchの活動に参加しておらず「3人でどうやってカムバックするんだ?」とファンの間では疑問が生まれます。

そして4月24日にダヨン、ベカ、イアンの3人によるユニットXUMとして6月末にカムバックをすることがプレスリリースとして発表されます。

しかしながら、6月になってもカムバックする気配はなく…8月11日ついに所属事務所A100エンターテイメントから公式に解散が発表されました。

その中で「2019年5月にカムバックを約束して一生懸命に準備していたが、事務所の経済的状況の悪化、そして2人のメンバーの活動中断により、日程が継続的に延期された。また、新型コロナウイルスの影響とさまざまな状況により、NeonPunchの活動を維持するのは無理だと判断し、公式的に解散することになった」と経緯が説明されています。

また「すでに活動を中断しているメンバーのドヒは、一身上の都合でまだ活動は難しい状況であり、メイに関しては本人の意思を尊重して学業に専念するために休息期を過ごしているため、今後の活動に対する計画は未定だ」と休養中のメンバーについての説明があり、最後にXUMとして再デビューの約束とNeonPunchへのこれまでのサポートに対する感謝で締められました。

同日に「GoodBye NeonPunch」というMVが公開され、NeonPunchは正式にKポップの世界からいなくなりました。


そして8月1日には[SOON](まもなく)という動画がXUMのYouTube公式チャンネルから上がり、Twitterに再デビュータイトル曲「DDALALA」の文字が入った画像が公開されました。

8月12日にはスケジュールが公開され、8月25日の再デビューが予告されます。

ようやくかと思われた矢先の20日に「XUMのスタッフの1人が17日、新型コロナウイルスの感染者と接触した知人に会い、この事実を知らなかった状況で、(スタッフが)18日にメンバーたちと一緒にいた」という事実が発覚し、XUMのメンバーは検査で陰性判定ではありましたが2週間の隔離生活を余儀なくされ、それに伴い再デビュー日も延期となってしまいます。

隔離生活を終えた9月10日に再デビュー日が再設定され、9月24日にXUMはシングル『DDALALA』でようやくデビューを飾りました。

流れを改めて簡潔に説明すると、2ndミニアルバム以降もカムバックを準備していたが、事務所の経済的事情やメンバーの離脱があり、元々ユニットだったXUMを正式なガールズグループとして再デビューさせたということになります。

2019年1月30日『Watch Out』からは約1年8ヶ月が過ぎましたが、NeonPunchは形を変えようやく表舞台に帰ってきました。

ダヨン
(DAYOEN/다연)
ファン・ヨンギョン(황연경)
1995年11月17日(27歳)
釜山 広域市 出身
168cm / 47kg / O型
リーダー / リードボーカル
ベカ
(BAEK AH/백아)
キム・スア(김수아)
1999年10月14日(23歳)
全羅北道 益山市 出身
169cm / 49kg / O型
サブボーカル
イアン
(IAAN/이안)
ユ・ドンジュ(유동주)
2002年3月22日(20歳)
大邱 広域市 出身
167cm / 46kg / O型
ラッパー / メインダンサー

XUMは「Xumething Unlimited Move」の略字で「無限の動き」という意味が込められています。

NeonPunchは多くのメンバーの変遷がありましたがXUMとして残ったダヨン、ベカ、イアンの3名はNeonPunchの原点であるJTBC『MIXNINE』で見せ場を作った3名であり、NeonPunchの中心メンバーで結成されたXUMは、ほとんどイコールの存在です。

しかしながらXUMとして再デビューを果たした元NeonPunchに大いなる変化が待っていました。

NeonPunchのデビュータイトル曲である「MOONLIGHT」のMV再生回数は現時点で120万再生(genie+公式チャンネル)、2つ目のタイトル曲「Tic Toc」は66万(genie+公式チャンネル)再生ですが、再デビューのタイトル曲「DDALALA」は公開から僅か4日、公式チャンネルのみで912万再生(genieでは1.1万回)という、これまでにない数字を叩き出しています。

中心的メンバーが残ったとはいえ、人数は減り、1年8ヶ月もの間、活動ができず、せっかくの再デビューも新型コロナに出鼻を挫かれました。

それでもXUMは、待望を示す数字によって迎えられました。

曲調が変わったからなのか、紆余曲折のあるストーリーに心打たれたのか、明確に何があったのかは、わかりません。

ただ一つ言えるのは

「これだからKポップは面白い」

ようこそXUM!

再デビューおめでとう!

最新情報をチェックしよう!