ALL YOU NEED IS KPOP!

【Weeekly】Yes we can!【Zig Zag】

きたきたきたきたー!

今年の6月30日にデビューした7人組ガールズグループ・Weeekly (위클리/ウィークリー)が、10月13日(火)に2ndミニアルバム「We can」(タイトル曲「Zig Zag」)で早くも帰ってきたぞー!


Weeekly
(위클리/ウィークリー)
パク・ソウン/ジェヒ/イ・スジン/ゾア/ジハン/シン・ジユン/Monday
所属事務所:Play M Entertainment
レーベル:kakaoM
ファンダム:Daileee(デイリー)
Instagram / Twitter / facebook
YouTube / VLIVE / TikTok

【Weeekly】毎週幸せ【Tag Me (@Me)】

タイトル曲「Zig Zag」の作詞にはここ3ヶ月ほどのKポップシーンを振り返ってみても「GFRIEND/Apple」「EVERGLOW/LA DI DA」「Weki Meki/COOL」といったメジャー曲を数多く手掛けているイ・スラン(이스란)、作曲には「Weki Meki/DAZZLE DAZZLE」のSTAINBOYSと「THE BOYZ/D.D.D.」「SF9/여름 향기가 날 춤추게 해 (Summer Breeze)」のMoon Kim(153 / Joombas)。
収録曲にはデビューミニアルバム「We are」でも2曲の作詞・作曲に携わったジユンが、TRACK2「My Earth」の作詞・作曲、TRACK5「월화수목금토일」の作詞に参加しており、その他にも「DreamNote/바라다 (WISH)」「BVNDIT/Cool」のVINCENZOとFuxxy、「CLC/Devil」のPeter WallevicにDaniel Davidsenといった面々が脇を固めております。

デビュー曲「Tag Me(@Me)」では、ここ最近におけるデビュー組のアプローチとしてほとんど見られなかった10代ならではの溌剌としたエネルギッシュな姿を披露し、はっきりとしたグループカラーを打ち出していましたが、「Zig Zag」ではサビをユニゾンで歌っていた前作と異なり、共にリードボーカルを務めるソウンとジハンをメインに据え、メンバー個々が歌うパートも増えているという、よりボーカル面が強調された構成になっています。

まぁつまりこれは「元気なだけじゃなくて、ダンスもバッチリだし、ボーカルだってみんなしっかりこなせるんだぜ」というアピールに他なりません。彼女たちのボーカルスキルに関してはOH MY GIRLのボーカルディレクションも務めるNICE73から「Weeeklyはみんなちゃんと歌が歌える」という言質を取っているので間違いありません。まさしくアルバムタイトル通り「We can」です。

そんな彼女たちは「Tag Me (@Me)」で計18回も音楽番組に出演し、8月19日からはリアリティ番組「위클리어 (WE CLEAR) 」が放送開始(全4回)、先月はメインボーカルのMondayちゃんが早くもドラマ「내가 가장 예뻤을 때 (When I Was Most Beautiful/私がいちばんキレイだった時」のOSTに抜擢され、グループとしてもバラエティ番組「내 꿈은 라이언(私の夢はライアン)」のOSTに起用されています。

【Weeekly】2ndミニアルバム「We can」カムバ直前【大特集】

更に付け加えるならば、デビューアルバム「We are」は複数形態ではなくたった1つのバージョンで発売されたにも関わらず、販売数が2020年にデビューした新人ガールズグループの中で唯一となる1万枚を突破という見事な成績を収めており、何かと話題の尽きない3ヶ月だったのです。

Kポップアイドル界でも屈指の実力派グループで、すでにベテランの域に入りながらも未だ衰えぬ人気を誇るApinkの後輩という肩書きは、彼女たちにとって大きなプレッシャーになったはずです。けれどもそれを跳ね除けるような活躍を見せたWeeeklyは、このままいけばおそらく各新人賞を総なめするでしょう。

それを裏付けるように、彼女たちは10月12日に開催された「2020年のブランド大賞(BRAND OF THE YEAR 2020)」で「今年の新人女性アイドル賞」を受賞し、まずは1冠を獲得しております。

デビューアルバム「We are」で“私たちはこんなグループですよ”と宣言し、「We can」で更なるポテンシャルもしっかり示したWeeekly。次はその勢いを表すかのような「We go」とかになったりするんでしょうか。これ、当たったら自慢しちゃいますけどね。

兎にも角にも

「2020年はWeeeklyの年だったね」

と言える日がもうそこまで迫っているのです。

どこまで上り詰めるか、Weeekly!

目指すはApinkだ!

あと今回のこれも最高だったな。

特にジユンが小道具の花を振り回して壊した後の顔ったら。

こりゃバラエティクィーンも頂きですな。

 

最新情報をチェックしよう!