ALL YOU NEED IS KPOP!

【VERIVERY】障壁を越えて【G.B.T.B.】

10月13日(火)、Jellyfish Entertainmentに所属する7人組ボーイズグループ・VERIVERY (베리베리/ベリベリー)が5thミニアルバム「FACE US」(タイトル曲「G.B.T.B」)でカムバしました。


VERIVERY

(베리베리/ベリベリー)
ヨンスン/カンミン/ホヨン/ドンホン/ヨンホ/ミンチャン/ケヒョン
所属事務所:Jellyfish Entertainment
ファンダム:VERRER(베러/ベラー)
Instagram / Twitter / Twitter(メンバー)
facebook / YouTube / VLIVE
HP(JP) / Twitter

「FACE US」は今年の1月にリリースされた「FACE ME」(タイトル曲「Lay Back」)から続く「FACE itシリーズ」の3作目に当たり、前作「FACE YOU」(タイトル曲「Thunder」)からは僅か3ヶ月でのカムバとなりました。

【VERIVERY】対するのは己と大根の弟【Lay Back】

【VERIVERY】苦境を切り裂くイナズマゼブン【Thunder】

アルバムの制作陣には「Thunder」の作詞にも携わったチョ・ユンギョン(조윤경)や、OH MY GIRLから初のソロデビューを果たしたユアの「숲의 아이 (Bon voyage)」が記憶に新しいライアン・チョン(Ryan Jhun/라이언 전)などに加え、グループからはドンホン、ケヒョン、ヨンホがこれまで同様作詞・作曲に参加しています。

これまでのシリーズタイトルを見てもわかるように、「ME=私」と「YOU=あなた」で紡がれた物語は、「US=私たち」で作る新たな世界へ希望を見出すアルバムとなっており、おそらく「FACE it・最終章」という位置付けになるだろうと思われます。
それは「Go Beyond The Barrier=障壁を越えて」の略で「G.B.T.B」と名付けられたタイトルからも伺う事が出来ます。「G.B.T.B」は立体的な808ベースとブラスサウンドが調和したサウンドでVERIVERY史上最も力強く、MV、そしてカムバックステージでも披露したカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス) はますますその切れ味が増しているように思います。

VERIVERYは今年の2020年4月30日〜6月18日にMnetで放送された「Road to Kingdom(로드 투 킹덤/ロード・トゥ・キンドム)」(通称「ロトゥキン)」)へ出場したものの、最終順位5位といまいち成績が奮いませんでした。
しかしその後リリースした「FACE YOU」は発売初動1万8千枚を記録して自己最高記録を更新、タイトル曲「Thunder」のMVも公開されてから10日でYouTube再生回数1000万回を突破という、デビュー以来最高の成績を残す事に成功しています。

この1年を振り返ってみると、事務所はCJ E&Mの傘下から外れ経済的に苦しい状況となり、グループとしてはロトゥキン出場も含めて方向性を模索し、試行錯誤を繰り返した年だったのではないでしょうか。

そういった意味で「FACE itシリーズ」は彼らがデビューして以降、最も高い壁に直面し、それを乗り越えるまでの物語だったように思います。

VERIVERYというグループはその実力やポテンシャルを秘めながらも、現状ではまだブレイクに至っていないというのが正直なところです。しかしながら、この1年で培った経験は彼らをより成長させた事に違いありません。

Kポップボーイズグループ界は現在進行形で期待の新人が続々とデビューしていることもあり、デビュー3年目を迎える2021年は彼らにとっておそらく勝負の年になるでしょう。

一つの大きな壁を越えた彼らが、ブレイクという更に高い壁を越えてくれる事を期待しています。

最新情報をチェックしよう!