ALL YOU NEED IS KPOP!

【PENTAGON】涙と休息【Daisy】

10月12日、PENTAGONが11thミニアルバム『WE:TH』をリリースし、タイトル曲「데이지(Daisy)」のMVを公開しました。

PENTAGON
(펜타곤/ペンタゴン)
ユウト/ウソク/イェナン/ヨウォン/シンウォン/ホンソク
フイ/キノ
CUBE ENTERTAINMENT
TwitterInstagramFacebookYouTubeYouTube(PENTAGONVEVO)VLIVE

【PENTAGON】どーしちまったんだ⁉︎ ペンタゴン!【Dr. BeBe】

『WE:TH』は、2月12日にリリースされた記念すべき1stフルアルバム『UNIVERSE : THE BLACK HALL』以来、8ヶ月ぶりのリリースとなりました。

「WE:TH」は、「私たち」を意味する「WE」と「一緒に」を意味する「WITH」の合成語で、お互いのために共存するPENTAGONとUNIVERSE(ファン)の限りない交感、そして私たちが一緒に生きていく中で感じるすべての瞬間と感情を“共感”というキーワードを表現したアルバムです。今回のアルバムもフイ、キノ、ウソクそしてジノが全曲の作詞・作曲に参加し、PENTAGONらしい音楽性に溢れたアルバムとなっています。

PENTAGONは、はっきり言って問題の多いグループで、リリースの前後においても常に何かしらの問題にさらされています。10月9日に「던디리던 (Feat. Jessi)」もリリースし、順調にソロ歌手としての道を歩むDAWN(イドン)の脱退をはじめ、『UNIVERSE : THE BLACK HALL』でも、その前から体調不良で活動を休止していたイェナンが引き続き不参加の中でカムバック活動を行なうなど、近年は特に何かしらの問題にさらされています。

だからと言って彼らのプロ意識が低いわけではなく、音楽的才能に溢れながらも、一生懸命に取り組む姿を見ているからこそ、応援しがいのあるグループだとも言えます。

そのイェナンが不在の中、8人体制で参加したMnetのカムバック合戦バラエティ「로드 투 킹덤(Road to Kingdom)」(放送日:2020年4月30日〜6月18日)にて、PENTAGONに転機が訪れることになります。

グループ最年長でメインボーカルを務めるジノが入隊を発表し、番組途中でありながら兵役に行くことが発表されます。PENTAGONは番組開始当初は知名度やキャリアから1位の本命と見られていましたが、番組後半は7人体制となったこともあり、結果的には3位となってしまいましたが、UNIVERSEにとってはメモリアルな活動となりました。『WE:TH』のCDにのみ収録されているラストトラック「I’m Here」は、そのジノが作詞作曲したソロ曲であり、アルバムは置き土産としての意味も込められています。

『UNIVERSE:THE BLACK HALL』も過去最高の売り上げで、セールス的には好調の兆しを見せていましたが「로드 투 킹덤(Road to Kingdom)」での感動的なステージで、より多くのファンを得たことは間違いありません。

勢いそのまま9月23日には日本で初めてのフルアルバム『UNIVERSE:THE HISTORY』をリリースしました。

そして本国のニューアルバムのリリース情報が流れはじめた同時期の9月中旬、嬉しいニュースが飛び込んできます。

それは長らく活動を休止していたイェナンの復帰です。約1年3ヶ月ぶりの復帰となるイェナンは過去ティザー(予告)に参加していながら、活動休止したこともあるので予断は許さない状況でしたが、今回のカムバックにはMVも含めてしっかり参加できているようなので一先ず安心しました。

ジノの穴を埋めてくれるイェナンの復帰はとてもポジティブな知らせでしたが、『WE:TH』の活動中である10月19日、ある速報が飛び込んできます。

それがPENTAGONのリーダーにして音楽的支柱であるフイの入隊の知らせです。

フイは、その歌唱力もさることながら作曲家としても多くの才能を発揮しており、他アーティストへの数多くの楽曲提供やOSTへの参加など、ソロとしても多くの活動を行なってきました。“天才作曲ドル”と称されるフイの楽曲は個人的にも好きな曲が、それこそたくさんあり、私は“Kポップ界のモーツァルト”と勝手に呼んでます。

最近では『PRODUCE 101 JAPAN』から生まれたボーイズグループJO1が8月26日にリリースした2ndシングル『STARGAZER』のタイトル曲「OH-EH-OH」を制作したことでも話題になりました。

PENTAGONというグループの魅力を考えた時、追いかけている身としては様々な点が挙げられますが、わかりやすく他グループよりも優れた点を挙げるのであれば、一つはジノの歌唱力です。

ジノはアイドルとしてのデビューを諦めた後は一旦ボーカルトレイナーを務めていたほどで、個人的にはKポップ界でもトップクラスの歌唱力だと思っています。

もう一つがフイの総合的な音楽性です。フイがKポップという音楽シーンにもたらしたものは多く、一般的にもPENTAGONはよく知らないがフイのことは知っているという人は多いんじゃないでしょうか。

入隊は12月3日ということなので、今回のカムバック活動期間中に離脱するわけではありませんが、PENTAGONの中軸二人が居なくなるということはグループとしての活動が縮小されることは間違いなく、今回の活動がPENTAGONにとって大きな一つの区切りになることでしょう。

そして10月20日、この記事を書いている最中ではありますが大きなプレゼントがありました。

なんとSBS MTV「THE SHOW」にて、PENTAGONが音楽番組初の1位を獲得しました!!キノの涙にもらい泣きです…

デビューから1471日…カムバック活動が終わったわけではありませんが、ようやく…ようやく…少しだけ報われました。

ファイティン!PENTAGON!

今回の活動が終わったら、ゆっくり休んでもらいたいです。

最新情報をチェックしよう!