ALL YOU NEED IS KPOP!

【D-CRUNCH】広大な宇宙をゆく【Across The Universe】

10月20日(火)、9人組ボーイズグループ・D-CRUNCH(디크런치/ディー・クランチ)が3rdミニアルバム「비상(飛上) – “Across The Universe”」でカムバし、アルバムと同名であるタイトル曲のMVが公開されました。

D-CRUNCH
(디크런치/ディー・クランチ)
チャンヨン/ディラン/ヒョンウク/ヒョンオ/O.V/ミンヒョク
チョンスン/ヒョンホ
所属事務所:
🇰🇷 AI GRAND KOREA / 🇯🇵 DIAMOND MUSIC
レーベル:
🇰🇷 GINEI MUSIC/ 🇯🇵 MUSICAROMA
ファンダム:DIANA(디아나/ディアナ)
Instagram / Twitter / YouTube
VLIVEWeibo
HP(JP) / Twitter(JP)

D-CRUNCHといえば今年の2月に旧所属事務所・All S Companyから現所属事務所・AI GRAND KOREAへグループ名・アーティスト名そのままに全員が移籍した珍しいケースのグループです。

【D-CRUNCH】おかえりダイヤモンド【Pierrot】

移籍前の2019年5月にリリースされた2ndミニアルバム「M0527」(タイトル曲「Are you ready?」)から前作となるシングル「Pierrot」がリリースされるまでは実に1年という期間を要しましたが、その「Pierrot」から今回の「비상(飛上) – “Across The Universe”」までは5ヶ月弱という事で、まずまずのスパンでカムバになったのではないかと思います。

一つ残念なのは、リードボーカルのヒョンウが以前から治療を続けていた腰の状態が芳しくないということでドクターストップがかかり活動休止を余儀なくされてしまった事です。

ただしヒョンウはアルバム収録曲「한마디」と「H.A.G.Y (Have A Good Young)」のレコーディングには参加しているという事なので、推しがタイトル曲及びMVには不参加でありながら似たような経験をした事のある私からすると、「ヒョンウペン、良かったね」という感じでもあります。

そして前作の移籍後初シングル「Pierrot」はクラウドファウンディング「We X」を使って制作されていましたが、今作はしっかり事務所が資金を準備出来たようで、メンバー個々のコンセプトフィルムからアルバムのハイライトメドレー、응원법(ウンウォンボブ:応援方法)まで用意されています。

비상(飛上) – “Across The Universe” CONCEPT FILM
チョンスン O.V
ヒョンウク ミンヒョク
ヒョンオ ヒョンホ
ディラン チャンヨン
ハイライトメドレー 응원법(ウンウォンボブ:応援方法)

Kポップアイドル界において、事務所の規模と知名度、そして資金力は所属するグループにとって大きな大きなアドバンテージとなります。けれども彼らが移籍したAI GRAND KOREAでの一発目がクラウドファウンディングを使ってのリリースだったので、カムバ出来た安堵はあったものの、「この感じで大丈夫かいな」と心配になったのも事実。しかし第二弾はミニアルバムという形でしっかりリリース出来たので、これが続いてくれる事を願うばかりです。

ただし、BTSを筆頭に、「NCT #127 Neo Zone「NCT–The 2nd Album RESONANCE Pt.1」でついに覚醒した感のあるNCTや、続々と有望株がデビューしているKポップボーイズ界で生き残るのは容易な事ではありません。

今回のアルバムタイトルに付いている「Across The Universe」は「宇宙を越えて/宇宙の彼方/宇宙の至る所で」と訳す事が出来ます。そして韓題の「비상(ピサン)」は「飛上」とある事からもわかるように「飛び上がる」という意味です。

Kポップ界という広大な宇宙で彼らがどこまで飛躍し、その存在を知らしめる事が出来るのか。その命運は事務所にかかっています。

と言いたいところなんですが、10月24日現在、事務所のHPは前作「Pierrot」がトップに掲載されており、更新されていません。

うーん…本当に大丈夫なのでしょうか。とりあえず次作が出るのを待ちたいと思います。

最新情報をチェックしよう!