ALL YOU NEED IS KPOP!

【MAMAMOO】ママムと旅に出る【AYA】

10月20日、MAMAMOOが10thミニアルバム『TRAVEL』をリリースし、タイトル曲「AYA」のMVを公開しました!

MAMAMOO
(ママム / 마마무)
ムンビョル ソラ フィイン ファサ
RBW
MOOMOO JAPAN
Instagram Twitter Twitter(JP) Facebook YouTube VLIVE TikTok

『TRAVEL』は、2019年の11月14日にリリースしたMAMAMOOの集大成的な2ndフルアルバムreality in BLACK以来となる、約1年ぶりの正式カムバックになります。

【MAMAMOO】ディンガディンガと踊りたい【Dingga】

10月20日にはシングル「딩가딩가 (Dingga)」が先行公開され、カムバックの幕を開けました。

COMEBACK SHOW 〈MONOLOGUE〉

リリース当日の11月3日には、MAMAMOO史上初となるカムバックショーがMnetにて放送されました。こちらは、そのMnetで放送されていたカムバック合戦バラエティ「Queendom(퀸덤/クウィンドム)」の優勝特典として企画されたもので、本来は『reality in BLACK』のカムバックが対象でしたが、優勝からの期間が短かったため今回の『TRAVEL』のカムバックにスライドしました。

CHAPTER 1 <7 Years> 
Hello + 별이 빛나는 밤
CHAPTER 1 <7 Years> 
Chapter 1. 7 Years
CHAPTER 1 <7 Years> 
ファサ MONOLOGUE + Wind flower
CHAPTER 1 <7 Years> 
ムンビョル MONOLOGUE + 너나 해
CHAPTER 1 <7 Years> 
ソラ MONOLOGUE + HIP
CHAPTER 1 <7 Years> 
Chapter 1. Closing Talk

2つのチャプターで構成されており「Chapter 1:7 YEARS」では、初期の音楽から代表的なヒット曲まで多彩なパフォーマンスを披露しました。

CHAPTER 2
VCR + 딩가딩가 (Dingga)
CHAPTER 2
TRAVEL Episode TALK
CHAPTER 2
フィイン MONOLOGUE + AYA
CHAPTER 2
〈MONOLOGUE〉 Making

「Chapter 2」では、ニューアルバムである『TRAVEL』のタイトル曲「AYA」「딩가딩가 (Dingga)」のステージを初披露し、アルバムの魅力を紹介しました。

数は多いですが、「Chapter 1:7 YEARS」はMAMAMOOのグループとしてのこれまでの足跡や称賛されるその実力が示されており、「MAMAMOOの魅力をもっと知りたいっ!」てなっているMOOMOO(ファン)初心者の方にこそ是非みてもらいたい動画となっています。

『TRAVEL』HIGHLIGHT MEDLEY

MAMAMOOの10枚目となるミニアルバム『TRAVEL』はタイトルの通り、一人でするには勇気が必要だったり、少し恐怖心が伴う“旅行”を人生に準えたアルバムで、コロナ禍で気ままに休暇も取ることができない現代社会に“音楽的旅行”をプレゼントするというメッセージが込められています。

タイトル曲「AYA」はMAMAMOOプロデューサーとしてお馴染みのキム・ドフン(김도훈)、イ・サンホ(이상호)が制作した曲で、アラビア風のフルートサウンドにレゲエテイストが加わったエキゾチックな楽曲です。ムンビョルも作詞・作曲に参加しており、ムンビョルは他にも「Diamond」を除く全ての収録曲の作詞(ラップメイキング)に参加しています。

他には、広々とした道路を走るような爽やかなサウンドが印象的なオープニングトラックの「Travel」をはじめ、ファサが作曲に参加し、ソーシャルディスタンスが求められる現在の状況でも楽しく遊びたいという本心を表現した先行公開曲「딩가딩가 (Dingga)」、別れるための長い言い訳よりも、短い一言がもっと大きく心に響くことを歌った「척 (Chuck)」、すべての人々の内面にはきらめくダイヤモンド(可能性)があると歌った「Diamond」、愛する人のための温かい愛情と温もりを歌った「잘자 (Good Night)」まで、多彩な6曲が収録されています。

フィジカル(CD)の初動は『reality in BLACK』の7万枚を凌ぐ、10万枚越えでMAMAMOO史上最高の売り上げスタートとなりました。歴代女性グループでも初動売上10万枚を達成した7番目のグループとなり、本アルバムにおける期待値の高さが伺えるものとなっています。

「AYA」 사복 안무 영상

少し余談になりますが「딩가딩가 (Dingga)」と同じく「AYA」も私服ver.のダンスプラクティス動画が既に公開されています。ただフィインが見せているのか、見えているのか、見られていいものなのか、すごーく感情が曖昧になる丈の服で踊っているのですが、公開されているということはRBW的にもOKということなんでしょう。その辺のアイドルとかだったら、とんでもなく炎上したりしそうなもんですが、特に話題にもなってない感も含めて「さすがママム!」と言ったところです。

個人的なカムバックの感想は、先行公開曲の「딩가딩가 (Dingga)」がMAMAMOOの軽快さという新しい一面を披露したのに対し、対照的に「AYA」はこれまでのMAMAMOOっぽい保守的な楽曲という印象です。第一印象では、もう少し弾けたチャレンジングな曲に挑戦しても良いかなと思ったのですが、フィジカルとは対照的にチャートは少しこれまでと比べ不調なようで、世間的にも同じ評価のような気がします。

それはやはりMAMAMOOに対する世間の期待値が高いということでもあり、MAMAMOOらしさというものが如何に浸透しているかの裏返しではないでしょうか。超優秀なRBWのことですから『TRAVEL』が保守的に受け取られることは十分に理解した上で、あえてMAMAMOOの集大成だった『reality in BLACK』の延長線上に置いたように思います。

今回のカムバックにはMnetからのプレゼントであるカムバックショーがありました。『TRAVEL』に振り返りと小休止的な意味合いを込めることで、MAMAMOOのネクストステージへの滑走路をより長くとったんだと思います。

MAMAMOOの飛翔、その旅路が幕を開けます。

最新情報をチェックしよう!