ALL YOU NEED IS KPOP!

【SECRET NUMBER】ギミギミザッ!ギミギミザッ!【Got That Boom】

しまった!

ナメてた!

いや、ナメてはいないけど、

ちょっと侮ってた!

うーん、これはひょっとするとひょっとするぞ…。

SECRET NUMBER
(시크릿넘버/シークレットナンバー)
DITA/LÉA/JINNY/SOODAM/DENISE
所属事務所:VINE Entertainment
グループ名の「SECRET NUMBER」には誕生日、記念日など人々が自身の特別な数字をパスワードとして使うように、人々に特別な存在として永遠に残りたいという意味が込められている。
Instagram / Twitter / facebook
 YouTube / VLIVE

という事で、いきなりなんのこっちゃという感じかもしれませんが、5月19日に1stシングル「Who Dis?」でデビューした5人組ガールズグル・SECRET NUMBER(시크릿넘버/シークレットナンバー)が約半年ぶりとなる11月4日(水)に2ndシングル「Got That Boom」でカムバしました!

【SECRET NUMBER】秘密のナンバー10,000,000【Who Dis?】

SECRET NUMBERのメンバーはレアがMIXNINEに、ジニがプロデュース48に出場していたものの「はて?どのコだ?」という感じで、デニスもKポップスター・シーズン5でTOP4まで勝ち残ってはいるものの、以降は何か目立った活躍をしていた訳でもありません。
これがFANATICSのドアちゃんのように番組で爪痕を残していたようなメンバーが1人でもいればもっと話題性もあったのだとは思いますが、所属事務所もVINE Entertainmentという初めて耳にするところだった事もあり、私を含めたKポップ沼どっぷりの人にとっては「あ、またなんかデビューするのね」くらいの認識だったのではないかと思います。

ところがどっこい。

デビュー曲「Who Dis?」のMVは公開から11日でなんと 1000万再生!!

 

ふと見ればYouTubeのチャンネル登録者数は 34.6万人 で、インスタも 40万人 のフォロワーが!! 

※2020年6月当時の登録者数

「これはもしかして東アジアで高い人気を誇るKポップシーンで、インドネシア国籍を持つ初のK-POPガールズグループメンバーとなったディタの影響かしらん。まぁ真偽はともかく、なかなか粋の良いグループが出てきたじゃないか」という感じで、「Who dis?」を「カッコええなぁ」と思いながら繰り返し聴いていたんですが、そのまま時は流れていよいよ年末も見えてきた11月。

そうなると賑々しくなってくるのがMelon Music Awards (MMA) やMnet Asian Music Awards (MAMA)といった音楽受賞イベントの行方です。その中の一つ「女性新人賞」に関しては、個人的に、というか大方の見方として6月にデビューしたWeeeklyが総ナメするんじゃないかと言われているのです。

【Weeekly】毎週幸せ【Tag Me (@Me)】

その理由の一つとして、Weeeklyの対抗馬がいない事が挙げられます。というのも、2020年は彼女たち以外に実力と話題性を兼ね備えたグループが見当たらず、言ってしまえばガールズグループ不作の年なのです。いや、もちろん日本人のソラちゃんのいるwoo!ah!やcignatureといった良いグループはいましたが、新人賞を取るまでには至らないかなというのが正直なところ。

加えてWeeeklyは2020年デビュー組の中で唯一アルバム販売数が現時点(11月5日)で約1万3千枚、その初動(発売から一週間)販売数も1万枚まであと一歩というところまでいき、すでに10月12日に開催された「2020年のブランド大賞(BRAND OF THE YEAR 2020)」でも「今年の新人女性アイドル賞」を受賞していることから、Weeeklyは何冠取るのか?というところに注目が集まっているのです。

しかし!だがしかし!

SECRET NUMBERのカムバ曲「Got That Boom」はMV公開から24時間強で早くもYouTube再生回数400万回を突破!

そして気付けばYouTubeのチャンネル登録者数は 89.7万人 で、インスタのフォロワーも 82.9万人 、おまけに唯一少なかったTwitterのフォロワーも4.9万人から 10.8万人 と全て倍増。

もう一つおまけに「Who Dis?」は先月3000万回を超えており、これは2020年デビュー組の中で唯一の数字となっているのです。

ちなみにWeeeklyはYouTubeの登録者数が未公表、インスタは19万人で、Twitterが9万人という事で、未公表がある分比較するのは難しいところですが、とはいえSECRET NUMBERのYouTubeとインスタが共に80万オーバーだという事を考えれば、WeeeklyのYouTube登録者数は多く見積もっても20万人前後といったところでしょうか。

更に現在発表されているMAMAの「女性新人賞ランキング」では1位のSECRET NUMBERが2位のWeeeklyを大きく引き離しています。

YouTubeやインスタのフォロワー数は単なる数字ではなく、=ファンダムの規模とも言えます。ショーレースではそのファンがこぞって投票するので、その分得票率は上がります。ただし、例えばMAMAは審査員の評価や音源・音盤売り上げも加わるので、ファンダムの規模で勝るSECRET NUMBERか、それとも話題性や音盤成績で上回るWeeeklyか、各新人賞の行方は俄然わからなくなりました。

いやはや、予想以上の勢いがありましたよ、彼女たち。

やっぱりね、スゴイっぽい。インドネシアパワーが。

ブルピンのリサばりにヤバイですね。ディタの影響力。

「Got That Boom」でも連呼してるしなー。

「Gimme gimme that gimme gimme that!」
(それをちょうだい。それをちょうだいよ!)

って。

最新情報をチェックしよう!