ALL YOU NEED IS KPOP!

【DJ Wegun】カウントダウン、スタート【ジェイ・パーク】

10月30日(金)、AOMGのプロデューサー&DJのDJ Wegun(DJ 웨건/DJ ウェゴン)と、そのレーベルのCEOであるジェイ・パークが共同名義でEP「Everybody Sucks」をリリースし、同名のタイトル曲のMVが公開されました。

DJ Wegun
(DJ 웨건/DJ ウェゴン)
キム・ミョンジュン(김명준)
1986年9月24日
大韓民国 🇰🇷  ソウル特別市
170cm
所属レーベル:AOMG
所属クルー:벅와일즈(Buckwilds)、BACKnFORTH
HP(AOMG) / Instagram / Twitter
facebook / YouTube / SOUNDCLOUD
ジェイ・パーク
ジェイ・パーク(Jay Park/박재범:パク・ジェボム)
1987年4月25日
アメリカ合衆国 🇺🇸  ワシントン州シアトル市
171cm/A型
所属事務所
AOMG(2013〜)/ H1GHR MUSIC(2017〜)/ Roc Nation(2017〜)
HP(AOMG) / Instagram / Twitter / facebook
YouTube / tumblr /VEVO

EPと同名のタイトル曲「Everybody Sucks」にはBeasts And Natives Alikeというレーベルに所属し、Red Velvetの「Ice Cream Cake」と「Dumb Dumb」のラップメイキングに、EXOの「Call Me Baby」やSHINeeの「Tell Me What To Do」の作詞も手掛けた事のあるラッパー、キム・シムヤ(김심야/Kim Ximya)がフィーチャリングに参加し、その他の収録曲にはAOMGからGRAYとpunchnello、Ugly Duck、ウ・ウォンジェ(Woo)が、H1GHR MUSICからSik-KとpH-1、そしてFLEXな成金おじさん・YUMDDA(염따/ヨムタ)などが参加しています。

今回の主役の1人、DJ Wegunはジェイ・パークのワールドツアー「SEXY 4EVAツアー」のライブレポなどでその名は出ていたものの、しっかり記事として取り上げるのは2018年にリリースされたフルアルバム「Band Wegun Effect」以来です。

【DJ Wegun】ターンテーブリストが生み出すバンドワゴン効果【Band Wegun Effect】

昨年AOMGに加入し、当ブログでも一押しアーティストの1人であるsogummが初登場したのもこの時でしたが(懐かしい)、DJ Wegunは2019年にそのsogummと共同名義で、同じくAOMGのR&Bシンガー・Hoodyをフィーチャリングに迎えたシングル「이 비가 그치면 만나」をリリースしています。

Sogumm, DJ Wegun/이 비가 그치면 만나 (Feat. Hoody)
Sogumm, DJ Wegun/이 비가 그치면 만나 (Feat. Hoody) Live

今年に入ってからは、かつて所属していた伝説のレーベル・Soul Companyで一緒だった화나 (Fana/ファナ)と2枚のシングルをリリースしたり、Million MarketのR&Bシンガー・MOONも参加していた映像配信サービス・ON STAGE(온스테이지)の記念プロジェクト「온스테이지10주년-나에게 온 스테이지:10」に選出されたりしていました。

온스테이지 10주년 기획, 나에게 온스테이지
DJ Wegun, punchnello /Someday

そしてもう1人の主役、ジェイ・パークはと言えば、今年の4月にリリースされたシングル「All The Way Up」(MVは6月に公開)以降、AOMGからの単独名義音源リリースなし。

【ジェイ・パーク】Bボーイの本気【All The Way Up】

とはいえ、8月にはあの「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演し、そこで「모든 것을 너에게 (Feat. KIRIN)」と「하루하루」という2曲をリリースしています。

ジェイ・パーク/모든 것을 너에게 (Feat. KIRIN)
ジェイ・パーク/하루하루

その他にも6月にはピ御大(비/RAIN)の「」をリミックスした「GANG Official Remix」でチャートを席巻したり、7月にはQueendomのホスト役も務めた元アナウンサー、チャン・ソギュ(장성규)が出演する職業体験バラエティ番組「워크맨(Workman/ウォークマン)」とH1GHR MUSICのコラボ曲「워크맨 (prod. GroovyRoom)」にSik-Kと共にフィーチャリング参加したり、カンボジア系アメリカ人ラッパーの$tupid Youngと「Sho Nuff」という音源をリリースしたり、H1GHR MUSICのレーベルコンピレーションを2枚リリースし、つい先日は10月にChancellor&Babylon&twlv&MOON&BiBi&Jiselleがリリースした「AUTOMATIC」のリミックスに参加したりと、「2020年は例年に比べて控え目だな」と思っていたら、夏になってからいつも通りガンガン働き始めたのです。

Sik-K, pH-1, ジェイ・パーク, HAON/GANG Official Remix
チャン・ソギュ/워크맨 (feat. Sik-K, ジェイ・パーク) (prod. GroovyRoom)
$tupid Young & ジェイ・パーク/Sho Nuff

【H1GHR MUSIC】赤い熱情【RED TAPE】

【H1GHR MUSIC】青い開放【BLUE TAPE】

AUTOMATIC OFFICIAL REMIX/Various Artists

ジェイ・パークって1年中フル回転しているイメージがありましたが、夏男だったのか。そういえばRoc Nationとの契約も7月だったし。

さて、そんなジェイ・パークはかねてより数年後に引退する事を明言していましたが、11月4日に出演したMBCのトークショー「라디오스타(ラジオスター)」内で、2年後の引退を計画していると明かしました(動画では10分過ぎから)。

11月4日放送:MBC「라디오스타(ラジオスター)」

具体的な日程ではないものの、ついに出ましたよ。“2年後”という数字が。まぁこれまでは“数年後”だったんで、ぼんやりしていた分、モヤモヤドキドキしていたんですが、ある意味スッキリしました。少なくともまだ2年間、彼の活動が見れるという事がわかったんでね。

いや、まぁ2年なんてあっという間だったりするので、安堵と残念さが背中合わせではあるんですが。

兎にも角にも、ジェイ・パークが一線を退くまでのカウントダウン、スタートです。

最新情報をチェックしよう!