ALL YOU NEED IS KPOP!

【NATTY】ネオ・ナッティ【Teddy Bear】

11月12日、NATTYが2ndシングル『Teddy Bear』でカムバックしました!

ナッティ
(NATTY/나띠)
アーナチャッタ・スプティポン(อานัชญา สุพุทธิพงศ์)
2002年5月30日(18歳)
タイ王国
タイ
165cm/41kg/O型
SWING ENTERTAINMENT
YouTube / Instagram(公式) / Instagram(個人) / Facebook / Twitter / VLIVE / Tik Tok / Fan Cafe

NATTYは5月7日にシングル『NINETEEN』でデビューを飾り、『Teddy Bear』は6ヶ月ぶりのカムバックということになります。

【NATTY】13と16と19【NINETEEN】

『NINETEEN』は、デビューまでの7年間が反映されたもので、タイの少女が異国の地で積み重ねてきた努力や想いなどが詰まった自伝的な作品となりました。NATTYのこれまでの苦労を目にした人ならば「よかったね」と、夢の舞台にたどり着いた少女に労いの気持ちを抱かせるものでした。

上記のデビュー記事「【NATTY】13と16と19【NINETEEN】」には、デビューに至るまでの経緯が記されているので、詳細を知りたいという方は是非。

NATTYは、あのTWICEを生んだ伝説的な番組SIXTEEN参加者ということで新人らしからぬ注目を集め、ミュージックビデオは公開されてから約12時間で100万再生を記録し、現在(11/16)では770万再生を突破しています。

新曲「Teddy Bear」は、NATTYの若々しいボーカルと中毒性のあるメロディ、パワフルなドラムサウンド、洗練されたシンセベースとギターのリフが印象的なエレクトロニックダンス曲となっています。

歌詞では、テディベアだった頃の幼きNATTYが「純粋な姿の私から成長し、私の中の可能性と限界を超えて爆発させる」という気持ちを歌ったもので、また“別の夢”に向かっていくという意志が込められています。

NATTYは、デビュー前に参加していたサバイバル・オーディション番組「SIXTEEN」「アイドル学校」でも、ダンスの表現力を特に評価されてきました。

それは前作「NINETEEN」でも健在でしたが、「Teddy Bear」ではさらに一皮向けたような印象を与えてくれました。

NATTYのダンスの特徴は少女のような体躯から、大人っぽい女性の雰囲気を巧みに演出する、またはそのギャップによるものでした。それが実年齢や体の成長が追いついてきたことで、フィジカル的な余裕が生まれた感があります。デビュー2作目ということでリラックスしてきたところもあるのか、サラッとこなしている印象で貫禄すら伺えます。

デビュー作「NINETEEN」は、デビュー前からのNATTYを知る人に向けた、いわば第一部の最終章とも言えるものでした。

「Teddy Bear」は、NATTYとしての旅立ちを示した曲で、ソロ・アーティスト“NEO NATTY”にとっては、本当の意味でのデビュー曲と言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!