ALL YOU NEED IS KPOP!

【JOY (Red Velvet)】艶やかに、華やかに【パク・ムンチ】

11月11日(水)、Red Velvetのジョイとプロデューサー&作曲家&シンガーのパク・ムンチがコラボした楽曲「바라봐줘요」の動画が公開されました。

JOY (Red Velvet) パク・ムンチ(박문치/Moonchi Park)
パク・スヨン(박수영) パク・ボミン(박보민)
1996年9月3日 1996年10月2日
大韓民国 🇰🇷 済州島(現済州特別自治道) 大韓民国 🇰🇷  京畿道水原市霊通区
167cm/A型 164cm
所属事務所:SM Entetainment 所属レーベル:MAGIC STRAWBERRY SOUND
サブボーカル、リードラッパー 所属グループ:CHS、CSVC
Instagram(個人) / Tik Tok(個人)  
Instagram(RV) / Twitter(RV)
VLIVE(RV) / facebook(RV)  
Weibo(RV) / YouTube(RV)
Instagram① / Instagram②
SOUNDCLOUD / YouTube

「바라봐줘요」はCRAFT AND JUN(크래프트앤준)所属のR&Bシンガー・george(죠지/ジョージ)の曲をカバーしたものですが、パク・ムンチが作詞・作曲に携わっているので、山崎まさよしの「セロリ」的なノリに近いかもしれません。

今回のコラボは動画が公開される約1ヶ月前、ジョイのインスタにツーショットがアップされており、「お、今度はパク・ムンチと何かやるのか?」とその共演が仄めかされていました。

“今度は”というのも、以前ジョイはCrushと共演した際にも事前に同様のネタバレがあったので、またいずれ誰かしらとの写真が上がった時には音源がリリースされる確率が高いと見て良いかもしれません。

【Crush】念願のお手製ベルベット【JOY (Red Velvet)】

さて、パク・ムンチは今年、下半期突入早々にチャートを席巻したSSAK3 (싹쓰리/サックスリー)のデビュー先行シングル「여름 안에서 by 싹쓰리」で編曲を担当しただけでなく、カン・ダニエルやEXO・スホ、ステラ・チャン、SHINee・テミンなどの楽曲制作にも参加。
アーティストとしてもレトロコンセプトグループ・CSVCや「박문치 유니버스(パク・ムンチ ユニバース)」として楽曲をリリースするなど精力的に活動し、なんと12月2日から5日まで行われるMelon Music Awards(MMA)のMMA WEEKにてステージを披露する事が決定しており、大躍進の1年になったのではないかと思います。

一方のジョイはといえば、8月にBoAのデビュー20周年を記念してリリースされたカバーアルバム「Our Beloved BoA」へRed Velvetの5人で参加した「Milky Way」の記事でも少しだけ触れましたが、「슬기로운 의사생활 (スルギロウン ウィサセンハル/賢い医師生活)」OST楽曲「좋은 사람 있으면 소개시켜줘 (Introduce me a good person) 」がMelOnチャートのデイリーと月間チャートで共に8位を記録しスマッシュヒット。

その後前記したR&Bシンガー・Crushとコラボがあり、雑誌のグラビアには今年だけでも1、2、6、7月以外何かしらに登場するというほぼモデル状態。レドベルの活動がなかったとはいえ、まさしく引っ張りだこだったのであります。一応、グラビアのほんの一部だけ載せますが、もう素晴らしい写真が山ほどあるので、ぜひジョイのインスタを見て頂ければと思います。

GQ KOREA SINGLES MAGAZINE
marie claire Female Singapore

Red Velvetとしてデビュー以降、単独の活動としてもドラマやバラエティ、そして多数のOST参加にグラビアなどなど、ますますその活動範囲が広がっている感のあるジョイですが、この目覚ましい活躍を見る限り、いよいよ来年辺りにはソロデビューなんて事もあるかもしれません。その時にはきっと豪華プロデューサーや共演陣が名を連ねるんだろうなぁ、などという妄想をしてしまうのは当然の事でしょう。
特に「Red Velvet/The ReVe Festivalシリーズ」ではこれまで以上にその歌唱力と魅惑的な歌声が魅力を増しているので、ソロデビューはぜひ実現して欲しいところです。そしてそこでは再びパク・ムンチと共演し、艶やかで華やかな姿を魅せてくれる事を期待しています。

最後に「The ReVe Festivalシリーズ」の中でもジョイの歌声が最も際立っていると思う楽曲の一つで、私の大好きな「Remember Forever」を締めの言葉の代わりとさせて頂きます。

と、なんだかジョイ中心の内容になってしまった気もしますが、パク・ムンチの更なる活躍にも大いに期待しているのは言うまでもありません。素敵な共演をありがとう!!

最新情報をチェックしよう!