ALL YOU NEED IS KPOP!

【CHUNG HA】扇情的なコラボ【Dream of You】

11月27日、チョンハR3HABとコラボシングル『Dream of You (with R3HAB)』をリリースしました。

チョンハ
(CHUNG HA / 청하)
韓:キム・チャンミ(김찬미)
英:アニー・キム(Annie Kim)
1996年2月9日(26歳)
ソウル特別市 東大門区 出身
161cm / 44kg / B型
世宗大学 実用舞踊学専攻(在学)
MNH
Instagram Twitter Twitter(JP) Facebook YouTube VLIVE TikTok

【CHUNG HA】チョンハーモニーと近況【Bad Boy】

チョンハは9月23日にもデンマークのソロシンガー・クリストファーとのコラボ曲『BAD BOY』をリリースしており、今年の頭1月21日にもR&Bシンガーのポール・キムと『Loveship』をリリースするなど、コラボでのリリースが目立っています。

そんな韓国国内外から熱い視線が注がれる今回のコラボ相手はオランダの世界的DJ兼プロデューサーで世界の人気DJランキング『DJ Mag TOP 100 DJs 2020』でも13位にランクインしているR3HABです。

R3HAB
(リハブ)
ファディル・エル・グール(Fadil El Ghoul)
1986年4月2日(36歳)
オランダの旗
オランダ ノースブラバンド デンボッシュ出身
r3hab.com
Instagram Twitter Facebook YouTube SOUNDCLOUD TikTok SHOP

モロッコ系オランダ人のR3HABは2007年後半にキャリアを開始し、DJ Hardwellにリミックスされた「Mrkrstft」で注目を集め、Afrojackに見出され「Prutataaa」でコラボを果たし、Afrojackのレーベルと契約します。

その後、自身のレーベルを立ち上げ、リリースしたデビューアルバム『Troubel』はこれまでに5億回のストリーミング再生を記録しています。2ndアルバムの『The Wave』も3億5000万回以上を記録しており、「Ain’t That Wh」「Hold On Tight」「 The Wave」「Lullaby」アメリカ・ビルボードのホットダンス/エレクトロニックチャートに侵入しました。

2000年のシングル「AroundTheWorld(La La La)」はSpotifyで1億4200万以上ストリーミングされ、YouTubeのMVも4000万回以上再生されておりR3HAB最大のヒット曲となりました。R3HABはそれからリアーナ、ドレイク、Coldplay、マドンナ、レディー・ガガやMaroon 5など世界的なミュージシャンのリミックスを手がけ世界的なDJへと躍進しました。

2019年にDancing Dragon Managementというマネージメント会社と中国の独占契約、Liquid Stateとアジアでのマネージメント契約を締結し、本格的なアジア進出に乗り出しました。

R3HABは親日家としても知られており、上記に貼った「Karate」や他にも「Samurai」「Sakura」など日本をイメージした楽曲をリリースしています。

今回のチョンハとのコラボも、R3HABの“アジア進出”その一環によるものと思われます。

コラボ曲「Dream of You」は、ごりごりのハウスサウンドにチョンハのボーカルが美しく調和した楽曲となっています。

R3HABは、ハウス系のDJなのでフィーチャリングでボーカルを頻繁に迎えるタイプではなく、チョンハもここまで純度の濃いエレクトロニックサウンドでのリリースはなかったことから、両者にとって新境地とも呼べる楽曲に仕上がっています。

最近のコラボにおけるチョンハはボーカリストとして迎えられることが多く、歌唱力や声が再評価されている印象でしたが、今回はやはりチョンハの本領“ダンス”でしょう。

今回は正式なカムバックではないため、MVも“パフォーマンス・ビデオ”のみという仕様になっていますが、この踊りをバッチリ堪能できるという意味では、満足のいく提供だったのではないでしょうか。

そのダンスは、これまで以上に強く、美しく、そしてエロティックでした。それはこれまでチョンハの売りであったダンスの新たな可能性を示すものだと言えるでしょう。

となると、期待されるのは1stアルバムのリリースですが…

つ、ついにきたー!!

12月10日にはシングル『X』をリリースし、1stアルバム『QUERENCIA』を来年1月にリリース予定だそうです。1年以上前からリリースが予告されていた1stアルバムでしたが、様々なコラボを経て、ようやくたどり着きました。

まだか、まだかとヤキモキしつつも、ソロアーティストとして着実に成長する姿を見守ってきたファンとしては、これ以上にない朗報です!

1stアルバムは
とてつもないものになる。

それだけは間違いありません。

最新情報をチェックしよう!