ALL YOU NEED IS KPOP!

【RAIN】パク“2021”ジニョン【JYP】

HAPPY NEW YEAR!
あけましておめでとうございます。
새해 복 많이 받으세요

本年もどうぞよろしくお願いいたします。ということで、新年一発目は、このおめでたい二人から、始めてみようと思います。

2020年12月31日、RAIN(ピ)がJYPことパク“キューブさん”ジニョンとのデュエット曲『Switch to me(나로 바꾸자/僕に変えよう)』をリリースしました!


(ピ/RAIN)
J.Y. Park
“The Asiansoul”
チョン・ジホン(정지훈) パク・ジニョン(박진영)
1982年6月25日(38歳) 1971年12月13日(49歳)
大韓民国 🇰🇷
忠清南道瑞山市
大韓民国 🇰🇷
ソウル特別市 広津区
185cm/O型 182cm/AB型
Sublime Artist Agency JYP Entertainment
日本公式
Twitter
Instagram
Facebook

YouTube
TikTok
VLIVE
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube

一月以上前から告知されていたので、ビッグ・サプライズというわけではないのですが、音楽祭や授賞式の重なる12月はリリース自体が少なく、そういう意味では大物二人のコラボは新年の景気付けとなりました。

「Switch to me(나로 바꾸자)」はRAINの曲でありながらキューブさんが作詞・作曲・編曲まで手がけた曲で、一人の女性をめぐって争う2人が描かれています。サビでは「제발 나로 바꾸자(お願いだから 俺にかえて)」と、心変わりを願う様子が歌われています。

MVは、スパイらしきものに扮しているRAINとキューブさんに指令が下り、ターゲットである女性にいろんな手を使ってアプローチするという、ちょっと古めのラブコメディとなっています。ストーリー仕立てとなっているため5:00と一般的なMVより長めではありますが、その分様々な仕掛けが施されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HANSEL 한슬(@hihanlee)がシェアした投稿

ちなみにこのターゲット役を演じている女性は、様々な広告媒体やドラマなどでも活躍しているハンスル(한슬)というモデルさんです。

R「最近 絶好調ですね 仕事も全部順調で」
J「いつもと同じだよ お前の方こそ 最近すごいじゃないか ウワサは聞いてるぞ」
R「俺なんかまだまだですよ」
J「すぐに追い越されそうだ お前は手段を選ばないからな」
R「そう教えたのは誰ですか?」

冒頭の会話は、RAIN(ピ)が元々JYP所属の歌手で、その後独立した実話をオマージュしており、二人の師弟としての信頼関係が窺えるシーンとなっています。

「Switch to me(나로 바꾸자)」はエイトビートのリズムにアナログサウンドが続くのが特徴で、90年代を代表するダンスジャンル、ニュージャックスイングを扱った新たなニュートロと言えます。キューブさんは尊敬する人物にマイケル・ジャクソンとボビー・ブラウンを挙げており、そのボビー・ブラウンを象徴するジャンルを愛弟子に捧げました。

ダンスではニュージャックスイングとともに広まったダンスの基本ステップであるランニングマンをベースに、90年代に流行した振りが多く取り入れられています。衣装もサルエルパンツに肩パットと、まさに90年代スタイルで、MVのストーリーが少し古臭いのも意図的ということが窺い知れます。

また、曲の後半でキューブさんはラップにも挑戦しています。今まで全くやったことがないわけではありませんが、90年代はヒップホップが明確にポップシーンに登場した時代として取り入れたのかもしれません。現代的でドープなラップでは全くありませんが、古臭くてちょいダサなところがお茶目です。

さらにエンディングでは、二人の狙っていたターゲットが超大物のPSYにかっさらわれるという大どんでん返しがオチとなっており、最後まで飽きさせることなく楽しませてくれます。

【JYP】快心のディスゴリ【When We Disco (Duet with ソンミ)】

キューブさんのデュエットと言えば2020年8月12日にリリースされたシングル『When We Disco』が頭に浮かびます。この時のデュエット相手も元WONDER GIRLSで、現在は別の事務所でソロとして大活躍を見せている愛弟子ソンミでした。

そのヒットにより、Kポップではディスコサウンドリバイバルがおこり、BTS「Dynamite」という世界的ヒット曲の誕生のきっかけを作りました。

ニュージャックスイング
90’sリバイバル

キューブさんのデュエット曲が生み出した新たなニュートロはムーブメントの再来を予感させます。

2021年は「Switch to me(나로 바꾸자)」から全てが始まるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!