ALL YOU NEED IS KPOP!

【GOT7】幸運を持った7人の7年【その③】

【GOT7】幸運を持った7人の7年【その②】

こちらは前回の続きです。未見の方は上記リンクの前記事を参照ください。

前回までは、GOT7の成り立ち、デビューから契約終了までをリリースとともに振り返ってきました。

最後はメンバーそれぞれのキャラクターや、噂されている移籍先をご紹介したいと思います。

JB
(제이비/ジェイビー)
イム・ジェボム(임재범)
1996年11月18日生(26歳)
179cm/65kg/A型
大韓民国 🇰🇷
京畿道 高陽市
リーダー/メインボーカル/リードダンサー
 Instagram
Soundcloud

1人目はリーダーであり最年長、GOT7の中心的人物とも言えるJBです。

幼少期はアイドルではなくBボーイ・ダンサーを志していたこともあり、本格的なダンススキルを持ち合わせています。メンバーの中で最もグループの楽曲を手掛けていますが、ボーカルを含め作詞作曲などの音楽スキルはJYP入社後に学んだもののようで、楽曲参加時はDEFSOULというペンネームを用います。練習生期間は4年。

白い肌と切れ長の目つき、彫刻のような体躯を誇り、少年のような純粋さを感じさせながら洗練された都会的な雰囲気を併せ持つ端正なルックスで、メンバーからGOT7代表ナイスバディにも選ばれています。当ブログの推しランキングでも1位を獲得しています。

JBは現在のところ移籍の噂はありません。GOT7の中心メンバーで楽曲制作能力も高く評価されていることから、JYPに残ることが有力視されているようです。


MARK
(마크/マーク)
マーク・イエン・トゥアン(Mark YiEn Tuan)
1993年9月4日生(29歳)
175cm/60kg/A型
アメリカ合衆国🇺🇸
カルフォルニア州 ロサンゼルス
リードラッパー/マーシャルアーツ
Instagram
Twitter
YouTube

2人目はロサンゼルス出身の台湾系アメリカ人で、GOT7の初期代名詞マーシャルアーツトリック(アクロバティックと武術を融合したパフォーマンス)の使い手、マークです。

2010年にアメリカでオーディションを通過し、練習生になりました。オーディションではエミネム「When I’m Gone」を披露したそうです。練習生期間は3年6ヶ月。

身長がそこまで大きいわけではありませんが、顔がとても小さく、抜群のスタイルを誇る正統派イケメンです。性格は大人しく、言葉数が少ないため、ミステリアスなイメージをもたれています。

マークも移籍の噂がなく、故郷のアメリカに戻ってしばらく休息をとる予定ではないかと言われています。


JACKSON
(잭슨/ジャクソン)
ワン・ガイ・ジャクソン(王嘉爾/Wang KaYee Jackson)
1994年3月28日生(28歳)
174cm/63kg/O型
香港特別行政区🇭🇰
九龍塘
メインラッパー/マーシャルアーツ
Instagram
Twitter
YouTube
Weibo
TikTok

3人目は香港出身でマークと同じく、ラップとマーシャルアーツトリックを担当しているジャクソンです。

スポーツ家系に生まれたジャクソンは10歳の時から父親の指導でフェンシングをはじめ、香港代表に選ばれるほどの実力の持ち主です。JYPへの入社がなければ、オリンピックでのメダルを目指していたそうです。

アクロバティックなダンスとラップメイキングも高く評価されていますが、プロデュース能力にも長けており、2017年6月から中国国内活動のための個人事務所「TEAM WANG」を立ち上げ、海外有名アーティストや企業とコラボしたソロ活動を積極的に行ってきました。

目鼻立ちがはっきりした顔が特徴的で、アスリートらしいがっしりとした下半身も人気がありますが、本人はコンプレックスとして感じているようです。

ジャクソンは「TEAM WANG」に集中するというのが既定路線で、そのため移籍の噂もありません。


JINYOUNG
(제이비/ジニョン)
パク・ジニョン(박진영)
1994年9月22日生(28歳)
178cm/63kg/O型
大韓民国 🇰🇷
慶尚南道 昌原市 鎮海区
サブボーカル
 Instagram

4人目はリーダーのJBと同じく、初期からGOT7を支えたジニョンです。

JYPの代表と同姓同名のジニョンは練習生時代からJBとライバル関係で、JJ Projectとしてデビューが決まったときは驚いたそうです。

JJ Projectではラッパーを務めていましたが、GOT7としてデビューした後はボーカルに転向しました。サブボーカルというポジションでありながら、その声色は非常に滑らかでメインボーカルと遜色ない歌唱力をもっています。またステージでの所作が美しく、器用な面が伺えます。

健康的で清潔なイメージあるJYPらしい美男子でGOT7のビジュアルを担当しています。

ジニョンは、イ・ビョンホン、キム・ゴウン、ハン・ジミン、パク・ボヨン、ハン・ヒョジュなど人気俳優が多数所属しているBHエンターテインメントへの移籍が噂されています。


YOUNGJAE
(영재/ヨンジェ)
チェ・ヨンジェ(최영재)
1996年9月17日生(26歳)
176cm/64kg/B型
大韓民国 🇰🇷
京畿道 高陽市
メインボーカル
 Instagram
Twitter

Soundcloud

5人目は、GOT7の音楽的支柱であるメインボーカルのヨンジェ です。

ヨンジェ はJYP入社前はボーカルトレーナーを志していたほど歌が好きで、僅か7ヶ月という練習生期間でメンバー入りを果たしました。

個々のダンススキルが非常に高いGOT7において、ヨンジェ のパフォーマンスは見劣りしてしまう部分もありますが、その分ボーカルスキルは高く、ソロシンガーとしては最も期待の寄せられているメンバーと言えます。作曲時はArsというペンネームを使用しています。

ルックスもカワウソに似ていると言われる丸顔が特徴的で、シャープで男らしい雰囲気のメンバーが多いGOT7において常に異彩を放つ存在と言えます。

ヨンジェ は、先輩RAIN(ピ)、EXIDのハニ、T-ARAのヒョミン、I.O.I出身のイム・ナヨン、ソン・ガンホ、ユン・ジョンヒ、キ・ウンセなどが所属するSublime Artist Agencyへの移籍が噂されています。


BAMBAM
(뱀뱀/ベンベン)
クンピムック・ブワクル(กันต์พิมุกต์ ภูวกุล)
1997年5月2日生(25歳)
178cm/60kg/B型
タイ王国 🇹🇭
バンコク
サブラッパー
 Instagram
Twitter

6人目は、KPOPに多くの才能を輩出しているタイ出身のベンベンです。

幼少期に所属していたダンスクルー「We Zaa Cool」にはBLACKPINKのリサも所属しており、そのリサとは12年来の親友で、家族での交流もあるそうです。デビュー前にはタイ国内のCMや香港の映画への出演経験などがあるそうで、母親がRAIN(ピ)のファンだったことがきっかけでJYPへ入社したそうです。

スタイリッシュなダンスと共にシャープな肉体が特徴的で、足が長すぎて市販のパンツが合わないなどの苦労があるそうです。

ベンベンもジャクソン同様、自国内での人気を確実なものとしており、タイに戻りソロ活動を行うものと言われています。


YUGYEOM
(유겸/ユギョム)
キム・ユギョム(김유겸)
1997年11月17日生(25歳)
182cm/67kg/A型
大韓民国 🇰🇷
京畿道 南楊州市
メインダンサー/サブボーカル
 Instagram
Soundcloud

最後はマンネでメインダンサーを務めるユギョムです。

個々のダンススキルが非常に高いGOT7においてもトップの実力を擁していると言われており、幼少期にはハウスのダンス大会で優勝もしています。182cmという恵まれた肉体から繰り出すパワフルかつ繊細なダンスは、ダンス猛者の多いKPOP界でも一目置かれており、GOT7の振り付けも多く担っています。

またダンススキルだけでなく、ボーカルやたまに見せるラップなども好評で、GOT7において最もトータルスキルの高いメンバーと言えるでしょう。

ベンベンと同じくマンネラインではありますが、体格のこともあり非常に大人びて見えます。ギャップとして、はにかんだ笑顔が母性本能をくすぐり、多くの年上女性ファンを虜にしています・

噂されている移籍先で最も意外だったのがユギョムで、元2PMで現在はパク・ジェボムが率いるヒップホップレーベルAOMG行きが噂されています。AOMGはラッパー兼プロデューサーであるサイモン・ドミニク、GRAY、LOCO、PUNCHNELLO、ウ・ウォンジェなどが所蔵しており、最近ではsogumm、イ・ハイなどと契約をしており、注目度の高いレーベルです。


GOT7がグループとしての素晴らしかったことを振り返ると、同時に個人の素晴らしさも際立ちます。今後グループとしての活動が見れないことは残念ですが、メンバーそれぞれの未来はつながっており、それぞれが追いかける価値のある7人だということは間違いありません。

本日16日、GOT7の各SNSにて「7 Years With GOT7 💚 I GOT7」「Thank You, I GOT7
GOT7 FOREVER」 #GOT7 #갓세븐 @got7.with.igot7 #IGOT7 #아가새と書き込まれ、デビュー時代から、今まで7年間の思い出が盛り込まれた映像が公開されました。


GOT7
は素晴らしく偉大なグループとして、KPOPの歴史にその足跡を刻みました。その軌跡は、決して色あせることない奇跡だったと言えるでしょう。その7人と出会えたこと、それは私たちにとっての幸運だったように思います。

#GOT7FOREVER

最新情報をチェックしよう!