ALL YOU NEED IS KPOP!

【CODE CLEAR】63名からの隔離解除願い【Various Artists】

1月14日(木)、とんでもないコラボレーション楽曲「격리해제 (CODE CLEAR) 」がリリースされました。

この「격리해제 (CODE CLEAR) 」は、プロジェクト・マネジメントを「dingo Music」のヒップホップチャンネル「dingo freestyle」(通称「DF」)が手がけ、プロデュースに昨年9月にAOMGへ加わったばかりのプロデューサー・GooseBumps(구스범스/グースバンプス)、作曲はそのGooseBumpsと俳優でもありラッパーでもあるYDG(ヤン・ドングン/양동근)が務めており、新型コロナウィルスによる困難な状況を克服しようという意味が込められています。
プロジェクトで発生する収益は、医療者をはじめとした防疫活動に従事している人々や団体に全額寄付され、音源サイトでのストリーミングやダウンロード以外でも、マスクを買う(発送は韓国国内のみ)ことで貢献する事が出来ます。

「격리해제(キョkリへジェ)」は「隔離解除」を意味し、英題にある「CODE CLEAR」は、DFの解説文によると、このプロジェクトによる「寄付作戦名」という事になっています。

そして驚くべきはこの「격리해제 (CODE CLEAR) 」に参加したアーティストの人数です。

その数なんと62名。プロデューサーのGooseBumpsを入れると63名という前代未聞の人数が参加したコラボレーション楽曲になっています。顔写真まで入れるとえらい事になってしまうので、ここでは名前と所属レーベル(一部クルー)だけご紹介させて頂きます。

※順番は楽曲登場順

1. YDG
(조엔터테인먼트)
2. サイモン・ドミニク
(AOMG)
3. LOCO
(AOMG)
4. BewhY
(Dejavu Group)
5. punchnello
(AOMG)
6. PUFF DAEHEE
(8BallTown)
7. UNEDUCATED KID
Yng & Rich Records
8. BILL STAX
(Million Market)
9. Tiger JK
(FEELGHOOD MUSIC)
10. Bizzy
(FEELGHOOD MUSIC)
11. ウ・ウォンジェ
(AOMG)
12. Tommy Strate
(UNCUTPOINT)
13. Boi B (Rhythm Power)
(TEAMPLAYMUSIC)
14. geegooin
(TEAMPLAYMUSIC)
15. ヘンジュ
(TEAMPLAYMUSIC)
16. Ja Mezz
(GRDL)
17. BiBi
(FEELGHOOD MUSIC)
18. キム・ノンミル
(Million Market)
19. MOON
(Million Market)
20. Gaeko (Dynamic Duo)
(Amoeba Culture)
21. Coogie
(Million Market)
22. Blase
(FA)
23. Sway D
(Hi-Lite Records)
24. アン・ビョンウン
(WAVY)
25. QM
(VMC)
26. Nucksal
(VMC)
27. twlv
(Yng & Rich Records)
28. Basick
(OUTLIVE)
29. Choiza (Dynamic Duo)
(Amoeba Culture)
30. Zizo
(QUAN 엔터테인먼트)
31. Leellamarz
(AMBITION MUSIK)
32. バーバル・ジント
(OTHERSIDE)
33. Khundi Panda
(Dejavu Group)
34. Son Simba
(Dejavu Group)
35. Lil tachi
(WEDAPLUGG RECORDS)
36. キム・ヒョウン
(AMBITION MUSIK)
37. キム・スンミン
(Beautiful Noise)
38. OLNL
(WEDAPLUGG RECORDS)
39. Mckdaddy
(GRDL)
40. Swervy
(Hi-Lite Records)
41. BIG Naughty
(H1GHR MUSIC)
42. Layone
(OUTLIVE)
43. Owell Mood
(Hi-Lite Records)
44. jerd
(Hi-Lite Records)
45. Don Mills
(VMC)
46. イ・ヨンジ
(메인스트림)
47. Chin (Homies)
(Yng & Rich Records)
48. CK (Homies)
(Yng & Rich Records)
49. Louie (Homies)
Yng & Rich Records
50. Los
(VMC)
51. Rohann
(VMC)
52. Khakii
(WAVY)
53. Dbo
(FPL : Crew)
54. Wonstein
(Beautiful Noise)
55. TRADE L
(H1GHR MUSIC)
56. Don Malik
(DOPPELGÄNGEM : Crew)
57. BIG ONE
(VMC)
58. Ski Dash
(du7 : Crew)
59. WHATIS AUTUMN 60. THAMA
(Amoeba Culture)
61. Rose de Penny 62. チョ・グァンイル
(Dippin Carls Records)
Prod. GooseBumps
(AOMG)

なに、このボリューム。ここに参加したアーティストの8〜9割がわかったら間違いなくKヒップホップ・R&Bシーンのマニアと言って良いかもしれませんが、私は名前だけは知っているというのを入れて7割弱、顔と名前まで一致するのは4割弱とまだまだ勉強不足。

なお、61のRose de PennyはSHOW ME THE MONEY8&9に出場していたラッパーですが、所属レーベル・クルーはわからずだったので、フリーなのかもしれません。
58.のSki Dashと59.のWHATIS AUTUMNは、今回のプロジェクトでDFが公開募集をかけて786:1の枠を勝ち取った新人ラッパーという事でした。

「격리해제 (CODE CLEAR) 」はKヒップホップシングル曲として最大の人数が参加した楽曲になりましたが、2番目に参加人数が多かった楽曲はAOMGのGRAYがプロデュースし2018年に12月にリリースされた「119 Remix」で、こちらは51名が参加(※GRAYのシグネチャーサウンドでZion.Tが、TakeOneのVerseでLil Boiの声が入っているため53人とも言える)し、収益の2500万ウォンが火災被害者の治療サポート費用として寄付されています。

新型コロナウィルスは依然として収まる気配がありませんが、その一線で従事する方たちに対し、こういった形で寄付出来るというのは非常に素晴らしい企画だと思います。なにしろ曲を聴いているだけでも寄付になる訳ですからね。
「격리해제 (CODE CLEAR) 」は20分以上のランニングタイムがありながら、YouTube再生回数はすでに200万回を突破しています。事態が終息するまでこの再生回数が伸び続ける事を願いながら、防疫活動に従事する全ての方々に改めて感謝の意を表したいと思います。そして1分1秒でも早くこの世界に平穏な日々が訪れますように。

最新情報をチェックしよう!