ALL YOU NEED IS KPOP!

【VERIVERY】狂乱のパーティーへの招待状【Get Away】

3月2日(火)、Jellyfish Entertainment所属の7人組ボーイズグループ・VERIVERY (베리베리/ベリベリー)が2ndシングル「SERIES ‘O’ [ROUND 1:HALL]」をリリースし、タイトル曲「Get Away」のMVが公開されました。


VERIVERY

(베리베리/ベリベリー)
ヨンスン/ヨンホ/ホヨン/ドンホン/カンミン/ケヒョン
所属事務所:Jellyfish Entertainment
ファンダム:VERRER(베러/ベラー)
Instagram / Twitter / Twitter(メンバー)
facebook / YouTube / VLIVE
HP(JP) / Twitter

今回の「SERIES ‘O’ [ROUND 1:HALL]」は、「私の中にある数多くの姿に直面する」というキーワードの下に展開された前作までの「FACE it」シリーズから繋がる物語となっており、それぞれが持っている暗い内面の空間「O」と向かい合うという新シリーズになっています。

【VERIVERY】障壁を越えて【G.B.T.B.】

タイトル曲「Get Away」には「TWICE/Breakthrough」の Rajan MuseとJan Baars、「ITZY/Not Shy」のCharlotte Wilson、「ASTRO/Knock(널 찾아가)」のChanti (THE HUB)にNoerio (THE HUB)、Frankie Day (THE HUB)など、総勢9名という過去最多の作曲陣がクレジットされています。

更にMVのディレクターには「Red Velvet/Bad Boy」や「EXO/Love Shot」、近年では「Weekly/Tag me (@me) 」や「アイリーン&スルギ/Monster」、「Twice/Fanfare」など数々のKポップアイドルの作品を作り上げてきたFLEXIBLE PICTURESのキム・チャンギョン(김자경)を起用するなど、制作陣だけ見ても新シリーズに対する並々ならぬ事務所の意気込みを感じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kim jak young(@flexiblepictures_)がシェアした投稿

そんな新シリーズのスタートとなる「SERIES ‘O’ [ROUND 1:HALL]」ですが、なんと今回の活動にはビジュアルセンターのミンチャンが健康上の理由で不参加なのです。

前回のタイトル曲「G.B.T.B」のMVは公開から4日後にYouTube再生回数が1000万回を突破し、過去に公開されたMVの中で最も早い大台への到達となっており、アルバムも初動2万4000枚余りを売り上げ自己記録を更新(その前は4thミニアルバム「FACE YOU」が初動1万8千枚)、カムバ活動も「G.B.T.B」後に「MY FACE」でデビュー以来初となる後続曲での活動を続けるなど調子が上向きだっただけに、ミンチャンの不参加が残念でなりません。

しかし「Get Away」は公開1日でYouTube再生回数が250万回(オフィシャル・1theK合算)を超え、アルバムも初日だけで1万2千枚以上を売り上げるなど、その勢いは衰えていません。このままであれば、今回の最終的な成績もキャリアハイとなる可能性は高いでしょう。
けれどもそこで満足してもらっては困ります。彼らにはもっと売れてもらわなければならない理由があるのです。

というのも所属事務所のJellyfishは昨年末、彼らの先輩にあたるgugudanの解散を発表しています。

【gugudan】Act.6 終幕【20160626~20201231】

その要因のひとつとして事務所の台所事情が影響していたのは疑いようのない事だと思っています。私個人としては단짝(タンチャク/gugudanのファンダム)なので彼女たちの解散は残念でなりませんが、不幸中の幸いと考えるならば事務所はその分VERIVERYに集中出来るようになった訳です。まぁそもそもgugudanはほとんどほったらかし状態だったので、それがどれほど影響するのかはわかりませんが、とはいえ彼女たちの後輩グループにはgugudanの成し遂げられなかったブレイクを果たして欲しいと切に願うのです。

今回のタイトル曲「Get Away」のコンセプトは“狂乱のパーティー”ということですが、これがブレイクへの招待状となりますように。

最新情報をチェックしよう!