ALL YOU NEED IS KPOP!

【iKON】Kingdomの優勝候補参上【Why Why Why】

3月3日(水)、YG ENTERTAINMENT所属の6人組ボーイズグループ・iKON(아이콘/アイコン)がシングル「왜왜왜 (Why Why Why)」で1年ぶりのカムバを果たしました!


iKON
(아이콘/アイコン)
JU-NE/SONG/BOBBY/JAY/DK/CHAN
所属事務所:YG ENTERTAINMENT
レーベル:YG PLUS
ファンダム:iKONIC
HP / Instagram / Twitter / facebook
Weibo / YouTube / Spotify / VLIVE

前作となる3rdミニアルバム「i DECIDE」(タイトル曲「 뛰어들게 (Dive)」)も1年ぶりのリリースではありましたが、1枚のシングルと2枚のミニアルバム、1枚のフルアルバムをリリースした2018年以外は大体年1ペースでのカムバですし、なによりあのYG所属なので通常運転といったところではあります。

【iKON】全てを振り切って飛び込め【Dive】

とはいえ昨年の彼らは4月から「iKON JAPAN TOUR 2020」の予定が新型コロナウィルスの影響でキャンセルになってしまったものの、5月には「LANケーブル音楽旅行 – Tripto K-POP」と「TIKTOK STAGE LIVE FROM SEOUL」という2つのオンラインコンサートに出演し、9月15日にはめでたくデビュー5周年を迎え、10月には「2020 ASIA SONG FESTIVALにも出演していました。

今年に入ってからは1月22日にボーイズグループNo.1を決めるサバイバル番組「킹덤: 레전더리 워/KINGDOM: LEGENDARY WAR」への出演を検討中というニュースがあり、最終的にはその1週間後となる1月29日に出演が決定とアナウンスされました。そして、その直後となる2月8日に事務所から今回のカムバックが予告されています。

一方で1月25日にはラッパーのBOBBYが3年4ヶ月ぶりに2ndフルアルバム「LUCKY MAN」(タイトル曲「U MAD」)をリリースしていますが、本来2月末まで予定されていたカムバ活動を急遽約2週間前倒しで終了させているのです。

【BOBBY (iKON)】BとBの2021【U MAD】

その理由としてBOBBY本人が「iKON全員でのカムバックとMnet『Kingdom』の準備に集中したい」と事務所に申し出たと伝えられており、ソロ活動の中断を残念に思っているファンのため2月10日に「LUCKY MAN」収録曲のハイライトを集めたプレイリストを公開しました。

これは私個人の推測ではありますが、そもそもこのプレイリスト公開は元々予定されていた活動の内だったように思います。というのも、BOBBYの「LUCKY MAN」は先に記したように3年4ヶ月ぶりのリリースであり、しかもフルアルバムという形態です。本来ならしっかりと期間を使いプロモーションをして然るべき要素が揃っています。
その活動を中断してグループでのカムバを行うという事は通常ではありえないはずですが、そこには間違いなくKingdomへの出演決定が影響しているだろうと思われます。
元々Kingdomは2020年下半期での放送を予定していましたが、出演者のブッキングに難航し延期となっていました。それが2020年12月に開催されたMAMAでStray KidsとATEEZ、そしてロトゥキン優勝者のTHE BOYZが合同ステージを行ったことで2021年上半期でのKingdom開催が予告されたのです。

その直後にはネット上で他の出演者は誰なのかという噂が上がり、NU ‘ESTやSEVENTEEN、MONSTA X、NCT 127、更にはTXTという名前まで登場していましたが、最終的にはBTOB、SF9にiKONを加えた6組で確定しています。
NU ‘ESTやSEVENTEEN、NCTといった面々はともかく、MONSTA Xは1月22日に所属事務所であるSTARSHIP Entertainmentから公式に「悩んだ末、出演を辞退することにした」と発表しました。

Mnet側が考えていたベストな布陣がどういった3組だったのかはわかりませんが、おそらくMONSTA Xはその内の1つだった可能性が高いでしょう。そしてBOBBYのソロ活動中断に至る経緯を考えれば、iKONへのオファーはここ数ヶ月の間だったのではないかと推測されます。更に今回のiKONのカムバもKingdomへ向けたアピールの為に急遽決定した事だったのではないでしょうか。

いずれにしても、iKONはKingdomに出演する6組中、唯一「사랑을 했다(LOVE SCENARIO)」という爆発的なヒット曲を持っているグループで、音楽番組1位獲得数という点でも「사랑을 했다(LOVE SCENARIO)」は11冠、その後リリースされた「이별길(GOODBYE ROAD)」も7冠と、他のグループより頭一つ抜けでた実績を誇っています。大衆的な認知度という意味では優勝候補筆頭といっても差し支えないはずです。

もちろんそれだけでグループの優劣が付く訳ではありませんし、現在はかつてのサウンドメーカーだったB.I(ハンビン)不在という状態です。その中で彼らがどのようなパフォーマンスを披露してくれるのか。果たして実績通りの実力を見せつけるのか。

当ブログではBTOB以外の5組は過去に記事として取り上げた事があるので番組に注目するのは当然なのですが、管理人という2人の執筆者がいながら、その5組全ては私の担当だったという事に今これを書いていて気づきました。

ロトゥキンに関しては出場グループのカムバ記事で触れていたものの、特集記事としては組んでいません。しかしKingdomは…やらないと…ダメか?いや、ダメなことはないんですが…さて、どうしようか。

 

最新情報をチェックしよう!