ALL YOU NEED IS KPOP!

【2020 Dec. & 2021 Jan.】見逃してごめんね【R&B・Hip Hop・POPs特集】

2年。気づけば2年。早いもんだ。

あ、いきなりすみません。なんのことやらですね。実は単独の記事としては取り上げられなかったヒップホップ、R&B楽曲をまとめてお届けする不定期企画「見逃してごめんね:R&B・ヒップホップ特集」の初回が「2019年12月&2020年1月」でして。

【2019Dec.&2020Jan.】見逃してごめんね【R&B・ヒップホップ特集】

その初回はタイトル通りR&Bとヒップホップ曲のみを取り上げていたんですが、2回目ではいきなりSwanやパク・ボラムといったポップ・ミュージシャンを入れ、以降はほとんどジャンルレスといった感じになっていたのでずっと「タイトル変えようかなぁ」と思っていたのです。

で、振り返るとこの企画も2年経っていたという事で、良い機会なのでタイトルを改めます。一応、前回宣言してはいましたが。その名も

「見逃してごめんね:R&B・Hip Hop・POPs特集」

ヒップホップがアルファベットになり、POPsが加わわりました。それだけです。内容も同じです。
ただし、“POPs”とは「ポピュラー・ミュージック」の略称で、厳密にいうと「クラシックや伝統音楽以外の大衆音楽の総称」です。つまりそこにはR&BもHip Hopも入る事になるんですが「見逃してごめんね:韓国ポピュラーミュージック特集」だとR&B・Hip Hop色がかなり薄まってしまうような気がするので、ここでは「R&B・Hip Hop・その他」的な感じで使っています。“名目上”というやつです。なので「その使い方おかしいよ」とかツッコんじゃ嫌よ。まぁ誰も気にしない、というか気づかないと思うけど。

という事で、今回は2020年12月と2021年1月です。過去記事は以下。

2019年12月&2020年1月 2020年2月&2020年3月
2020年4月 2020年5月
2020年6月&2020年7月 2020年8月:Part.1
2020年8月:Part.2 2020年9月&10月 
2020年11月:Part.1 2020年11月:Part.2
FUTURISTIC SWAVER/I Wonder Why Feat. EK
12月5日
2014年にデビューしたラッパー&プロデューサー(プロデューサー名義は「Laptopboyboy」)のFUTURISTIC SWAVERが、The QuitteとYUMDDAが共同で設立したDaytona Entertainmentに加入後リリースした初のフルアルバム「YFGOD」収録曲。1月30日には10曲を加えた「YFGOD (Deluxe)」もリリースしている。日本の文化が好きでお気に入りのアニメは「中二病でも恋がしたい」という自他共に認めるオタク。非常に多作なアーティストだが、これまでなぜかスルーしてきたので、機会があれば単独記事として取り上げたいと思っている。
Rad Museum/젖은 우산:이 밤에
12月10日
DEANが設立したyou.will.knovv所属のR&Bシンガー兼グラフィックデザイナー・Rad Museumがリリースした1stシングル「SINK」のダブルタイトル曲。2017年にデビューする前は「캠퍼그래픽」という名義でグラフィックデザイナーをしていた。DEANと同じClub Eskimoのクルーだが、そのClub Eskimoで使用されているイグルー(氷や雪の塊をドーム状に積み、トンネル状の入り口を設けたエスキモーの冬の住居)のロゴは彼が手がけた。
Miso/Let It Go
12月14日
Rad Museumと同じくyou.will.knovvに所属するR&Bシンガー兼プロデューサー・Misoの1stミニアルバム「Metanoia」タイトル曲。Misoは韓国人として初めてRed Bull Music Academy(世界各地から選ばれたプロデューサー、ヴォーカリスト、DJ、演奏家など独自に音楽を追究する60名の参加する音楽ワークショップ。毎年世界各地で開催される)に招待された人物で、デビューは2016年にリリースされたシングル「Take Me」。Club Eskimoのクルーでもある。
HANHAE/SICK
12月20日
BRANDNEW MUSIC所属のラッパー・HANHAE(한해/ハンへ)がリリースしたシングル。元々は팬텀(PHANTOM)という3人組ヒップホップグループで2011年にデビューしており、それ以前からミックステープ「Eargasm」で優れたラップの実力を見せ注目を浴びていた。なお、グループは2017年に解体されている。これまでSHOW ME THE MONEYにも2度参加しており、シーズン6ではTOP6まで残った。
Golden (現GSoul)/이런 슬픈 노래 
12月22日
G.SoulからGoldenを経て、現在は「.(ドット)」の取れた「GSoul」とアーティスト名を改めた彼が、Golden及びH1GHR MUSIC在籍最後(2021年1月に専属契約が満了)にリリースしたシングル。アルバムには「이런 슬픈 노래 」のEnglish ver.である「Another Sad Love Song」も収録されている。
Coogie/POW Feat. GRAY
1月4日 
Million Market内のレーベル・ATM Seoulに所属するラッパー・Coogieが、フィーチャリングにAOMGのGRAYを迎えリリースしたシングル。2020年9月19日にはH1GHR MUSICのpH-1がフィーチャリングに参加したシングル「Life Goes On」もリリースしている。
YOUHA/오늘 조금 취해서 그래 (Abittipsy)
1月13日
Universal Music Korea所属のソロアーティスト・YOUHA (유하/ユハ)がリリースした2ndシングル。デビューは2020年9月29日にリリースされたシングル「ISLAND」。YOUHAは1999年9月21日生まれの21歳だが、2012年にはfromis_9のソヨンと共にYG Entertainmentの公開練習生デビュー組で構成された「Future 2ne1」のメンバーだったという過去がある。
Colde/미술관에서
1月25日
R&Bデュオ・offonoffでボーカルを努めるColdeが、オリジナル音源としてはシングル「마음대로」以来1年4ヶ月ぶりにリリースしたミニアルバム「이상주의」のタイトル曲。

以上8曲のご紹介でした。

アルバムとしてはColdeの「이상주의」がめちゃくちゃオススメですが、アーティストとしてはYOUHAちゃんに注目です。ここ1、2年ほど多くの女性アーティストに見られるエンパワメント系ではなく、スタイリッシュとクール、そしてキューティーでファニーな感じまでもが混在したスタイルは新鮮で、元YGという事もあって歌唱力はもちろんのこと「오늘 조금 취해서 그래 (Abittipsy)」のCHOREO VIDEOを観るとダンスもバッチリです。動画を貼っておくのでぜひご覧ください。なによりまだデビューして半年足らずの21歳。事務所もUniversalということで期待大!!

ということで(タイトルだけ)プチリニューアルされた「見逃してごめんね:R&B・Hip Hop・POPs特集」を今後もよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!