ALL YOU NEED IS KPOP!

【Seori】素直な感情とチャート逆走【Lovers in the night】

“チャート逆走”

あなたは、この言葉をご存知でしょうか? Kポップでは、ごく稀に見られる現象でリリースからしばらくたった曲が、何かのきっかけでチャート、いわゆるランキングを逆走することを指します。

【Brave Girls】奇跡のチャート逆走クイーン爆誕【Rollin’】

最近では、軍隊への慰問公演から火がつき、4年越しに大ブレイクを果たしたBrave Girlsがそれにあたります。過去には、2014年8月27日にリリースされたEXIDの「위아래’ (UP&DOWN)」などが有名でしょうか。

それらは韓国の主要音源チャートにおけるシンデレラストーリーなのですが、このブログでも似たようなことが起こっているのです。

3月18日、Seoriが2ndシングルアルバム『Lovers in the night』をリリース、そのMVを公開しました。

Seori
(서리/ソリ)
ペク・ソヒョン(백소현)
1996年11月18日生(24歳)
Homepage
YouTube / Instagram  / Twitter / Soundcloud

【Seori】韓国は美知なる宇宙【?depacse ohw】

Seoriは、元々YouTubeにカバー動画をアップしているカバーアーティストで、2020年5月13日にミニアルバム『?depacse ohw』(タイトル曲「Running through the night」)でデビューしました。

私はYouTubeの“おすすめ”に上がってきたことをきっかけに色々素性を調べ、5月20日にSeoriのデビュー記事を公開しました。

当時、Seoriに関する情報は日本語、韓国語問わずほとんどなく、それこそアップされている動画からしか、ほとんど得られるものはありませんでした。

当然、どこのメディアにも騒がれていないので知名度そのものがなく、公開からしばらくは低調なビュー数でした。

しかし、ここ1ヶ月ほどでしょうか、急に読まれはじめ、当ブログの人気記事ランキングの2位にまで逆走したのです。

私のように、たまたま見つけた人が気になり調べたということもあるとは思いますが、一つはっきりとした要因があります。

それは、BTSのジョングクや赤頬思春期のジヨンなどがSeoriに注目し、その記事が今回の新曲『Lovers in the night』リリースのタイミングで公開されたのです。

Kstyleは基本的に韓国メディアの記事をただ翻訳しているだけなので、それ以外の情報がなく詳細を知りたい人が当ブログの記事にたどり着いたものと思われます。

【Seori】黒い心【Trigger】

それであれば、2020年12月16日にリリースされた1stシングルアルバム『Trigger』の記事も読まれても良さそうなものですが、こちらはなぜか公開当時とビュー数にさしたる変化がありません。私のデビュー記事の書き方が悪かったのかもしれませんが、不思議なこともあるもんだと思いつつも、どちらかでもたくさん読まれているのであれば、それはそれで良いかと思っている次第です。

SeoriがKstyleの記事に載るほど注目されたのは、ジョングクやジヨンの影響ではありますが、もう一つワールドワイドな話題性があります。

それはKstyleの記事でも触れられていますが、アメリカを拠点にアジア系のアーティストを多くバックアップしているマネジメント会社88risingと提携したというニュースです。

88risingはリッチ・ブライアン、Joji、Keith Ape、NIKIなどが所属しており、Kポップアーティストでいえば、チョンハやジャクソン(GOT7)などとコラボレーションを行ってきました。

実際、『?depacse ohw『Trigger』と聴き比べてもらえるとわかるかと思いますが『Lovers in the night』は、これまでとだいぶテイストが異なります。

『Lovers in the night』は、88risingとも仕事をしたことのあるMajor Lazerを思い起こさせるようなムーンバートンで、愛についての自由で素直な感情を歌った曲です。歌詞では、新しい愛への興奮と不確実性を謳われており、MVでは夜の街で愛を確かめ合う恋人たちが直接的に描かれています。

私がSeoriを取り扱ったのは「いずれこの記事が日の目を見る」と確信を得ていたわけではありません。ただ単に、MVのクオリティが凄く、声も曲も良くて、すごい美人だったからです。

同じような感想をジョングクもジヨンも88risingも抱いたから、当ブログにチャート逆走という面白い現象が起きました。よく言えば、先見の明があったということですが、それ以上に感情に素直でいることの感動をSeoriは与えてくれました。

ただのお気に入りのアーティストだったSeoriは、思い入れのあるアーティストの一人となりました。

それはSeoriが有名になる程、感謝の気持ちとして膨れ上がっていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!