ALL YOU NEED IS KPOP!

【パク・ボム】2年と11kgの春来【ドレミファソ】

3月31日、元2NE1のパク・ボムがシングル『도레미파솔(ドレミファソ)』をリリースしました。

パク・ボム
(박봄/Park Bom)
1984年3月24日(37歳)
165cm/45kg/AB型
D-Nationエンターテイメント
TwitterInstagramYouTube/VLIVE

【パク・ボム】8年ぶりの春【ダラ】

【パク・ボム】止まった時、動きだす時【フィイン】

パク・ボムは2019年3月13日にシングル『Spring』、同年5月2日にミニアルバム『re:BLUE ROSE』という2枚を立て続けにリリースし、2NE1解散からは2年、ソロシンガーとしては8年ぶりの活動を再開しました。

도레미파솔(ドレミファソ)』は、そこから約2年越しとなる久々の新曲ですが、ボムはその間、OSTやテレビ出演、コラボ曲のリリースなど様々な活動を行い、出役としての感覚を取り戻していきました。

2019.07.01
Perfume OST Part.8

手始めに、KBS 2TV ドラマ『Perfume』のOST(オリジナル・サウンド・トラック)に、8番目の走者として「I Do I Do」で参加しました。

2019.10.25
되돌릴 수 없는 돌아갈 수 없는 돌아갈 곳 없는(Wanna Go Back)

Mnetで2019年8月29日〜10月31日に放送された女性同士のカムバック合戦バラエティ『Queendom(퀸덤)』に出演し、久しぶりにしのぎを削り合うショービジネスの世界に戻ってきました。現在は、それの男性版である『KINGDOM: LEGENDARY WAR(킹덤: 레전더리 워)が放送されています。

【KINGDOM】戦力分析&優勝予想【LEGENDARY WAR】

『Queendom』の最終ステージで披露したオリジナル曲の英題は「Wanna Go Back」ですが邦題は「戻ることはできない、帰れない、帰る場所もない」という意味です。

2019.12.10
첫눈(初雪)

2019年の年末には『Spring』でも共演した、同じく元2NE1のダラと再び共演を果たします。「初雪」は、今はおぼろげになった昔の思い出を懐かしむ歌で、同アルバムにも収録された「되돌릴 수 없는 돌아갈 수 없는 돌아갈 곳 없는(戻ることはできない、帰れない、帰る場所もない)」と併せて、2NE1からの卒業、そしてソロシンガーとしての旅立ちを示唆するような内容となりました。

2020.12.10
RED LIGHT

華々しくソロシンガーとしての帰還を果たしたボムですが、2020年は大人しく年末にミャンマーで最も有名で成功したシンガー・ソングライター、俳優、小説家「Sai Sai Kham Leng」とのコラボ曲『RED LIGHT』のリリースに止まります。ちなみにこちらミャンマーver.もあります。

2020年が大人しかった理由は久々にメディアに登場した姿で推測できました。話題としては「第56回大鐘賞映画祭」に登場したボムが非常に肥えていたというものです。

ボムはADD(注意欠陥障害)という、集中できる時間が極めて短く、すぐに注意が散漫する持病を患っています。症状としては感情の起伏が激しく、重症だと正常な日常生活がままならないそうです。食欲もコントロールできないため、夜食を食べたり暴飲暴食をしてしまうそうです。2019年が忙しかったためか、久々のシンガーとしての忙しい活動で、それらが悪化し、2020年は療養に充てたものと思われます。

復帰を果たしたボムは年末にはアルバムを準備中であることを明かし、2021年には逆に11kgのダイエットに成功した姿で話題をさらいました。

紆余曲折あり、こうして戻ってきたボムの新曲『도레미파솔(ドレミファソ)』には、特別なゲストが参加しました。(動画には出演していません。)

CHANGMO
チャンモ
ク・チャンモ(구창모)
1994年5月31日
大韓民国・江原道 旌善郡
183cm/75kg/O型
所属レーベル:AMBITION MUSIK
所属クルー:Maserati & Porsche
Instagram Soundcloud  YouTube

それは「METEOR」のヒットも記憶に新しく、今や韓国No.1のヒットメーカーの一人ともいえるラッパー/プロデューサー/ピアニストのCHANGMOです。今や彼とコラボできることは一種のステータスと言えるほどの大物です。

도레미파솔(ドレミファソ)』は、2NE1の「CLAP」「SLOW」「Lonely」「I Don’t Care」などのヒット曲を誕生させたプロデューサーのKushが作曲、作詞、プロデュースした曲です。最も簡単で単純ながらも、難しいのが恋だと比喩的に音楽に盛り込まれた歌詞が印象で、一度聴くと耳にこびりつくようなメロディーに彩られた2NE1らしくもあり、ボムらしくもある楽曲です。

Spring』『re:BLUE ROSE』では世界中のチャートで上位に進出し、“まるで2NE1が戻ってきたようだ!”と、称賛を受けました。『도레미파솔(ドレミファソ)』も同じか、それ以上のヒットとなるポテンシャルを持った楽曲だと思います。

おそらくボムは今回も、しばらくシンガーとしての活動を続けた後は、不安定な時期に突入することでしょう。

それでも季節が巡り、春が訪れ、晴れやかな頃になると、心も落ち着き、きっと舞い戻ってくるはずです。

ボムには、歌しかないのだから。

最新情報をチェックしよう!