ALL YOU NEED IS KPOP!

【WENDY】水を得て、雨は止む【Like Water】

2021年4月5日、月曜日。

それは私のKポップ史において、決して忘れる事の出来ない日となりました。

我らの、

いや、

オレのウェンディ、ソロデビュー!!

WENDY
(웬디/ウェンディ)
ソン・スンワン(손승완/孫承完/Shon Seung-wan)
1994年2月21日
大韓民国 🇰🇷 ソウル特別市城北区城北洞
159cm/O型
所属事務所:SM Entertainment
所属グループ:Red Velvet
メインボーカル
ニックネーム:ワニ(완이/와니)、ワンラフ(완라프/オラフに似ているため)など
ソウル特別市城北区城北洞で生まれ、小学校5年生まで忠清北道堤川市に住んだ後、カナダへ留学。中学生時にはミネソタ州の数学コンテストに出場し州で5位になった事もあり、その優秀な成績によりオバマ大統領賞を受けた事は有名な話。
高校在学時には、学校の合唱団でメインソプラノとしてソロパートも担当するなど活躍し、2年連続で「今年のボーカル賞」と「ミュージシャン賞」を受賞している。
2012年に「SMグローバルオーディション」を受け、ボーカル部門で合格。練習生となった後はSM Rookiesとして公開され、1年6ヶ月という短期間の練習生生活を経て2014年8月4日に4人組ガールズグループ・Red Velvetのメインボーカルとしてデジタルシングル
「행복 (Happiness)」でデビュー。現在に至る。
ボーカリストとしてのスキルはKポップアイドル界でもトップクラスと言われており、ダンスミュージックからポップス、R&B、バラードなどあらゆるジャンルを歌いこなす。ジャンルによって様々な声色を使い分け、和音、コーラス、リフレイン、アドリブと全てのポジションをこなす事のできるオールラウンダーでもある。
またその優れたリズム感からラップの才能も持ち合わせており、卓越した歌唱力によって見過ごされがちなダンスも美しいチュムソン(춤선:踊る時のライン)を見せる。
更にはピアノ、ギター、フルート、サックスなども扱いバラエティセンスも抜群と、とにかく才能の塊で色々すごい人。
Instagram 

はい、いま私の脳内で「パパッパ〜ガンマ〜♪」という「빨간 맛 (Red Flavor)」のフレーズが高らかに鳴り響きました。

いや、もうこんなのハピニ〜ス!!以外のなにものでもありません。あの大事故から1年3ヶ月。もちろんその事は多くの方がご存知だとは思いますが、念の為に何があったのかを記した過去記事を載せておきましょう。

【Red Velvet】おかえりウェンディ、おかえり5人のレッドベルベット【Milky Way】

Red Velvetとしては上記の記事に書いたように、昨年の8月にBoAのデビュー20周年を記念してリリースされたカバーアルバム「Our Beloved BoA」に「Milky Way」で参加し、8ヶ月ぶりに5人が揃いぶみとなった訳ですが、そこから更に7ヶ月と15日。

4月5日にウェンディが1stミニアルバム「Like Water」をリリースし、グループ初のソロデビューを飾ったのです!

アルバムにはSM Entertainmentのヒットメーカー・KENZIEとユ・ヨンジンを筆頭に、EXO・チャニョルの「봄 여름 가을 겨울 (SSFW)」や「Weki Meki/Tiki-Taka (99%)」などを手掛けた実力派作曲家・minGtion(밍지션/ミンジション)、SHINee・テミンの「What’s This Feeling」や「THE BOYZ/The Stealer」のプロデューシングチーム・Coach&Sendo、MonoTreeのイ・ジュヒョン(이주형)&クォン・エジン(권애진)など錚々たるメンバーが集結し、収録曲「Best Friend」にはまさにウェンディの親友・スルギがフィーチャリングで参加しています。

という事でソロデビューを記念し、「Like Water」のプロモーションで公開されたティーザー画像や動画を全て掲載しちゃおうと思います。私の拙い文章なんかより帰ってきたウェンディをじっくりたっぷり眺めましょうよ。
全部を見れるように載せてるサイトなんてほとんどないでしょうし。多分。なんにしても、これがオレの愛の証だ!

なお、TwitterとYouTube両方で公開されたものは後者だけ載せていますのでご了承下さい。あ、それと横並びになっている写真はクリックすると大きくなりますので、ぜひ。

もう本当にマジでチンチャチョンマルおめでとう!

3月24日/10:00
ティーザーイメージ公開
3月26日/00:00
スケジュールポスター公開
3月28日/00:00
Mood Sampler #1 公開
3月28日/00:00
ティーザーイメージ1 公開
3月29日/00:00
Mood Sampler #2 公開
3月29日/00:00
ティーザーイメージ2 公開
3月30日/00:00
ティーザーイメージ3 公開
3月30日/00:00
Album Detail 公開

3月31日/00:00
ティーザーイメージ4 公開
4月1日/00:00
ティーザーイメージ5 公開
4月2日/00:00
ティーザーイメージ6 公開
4月3日/00:00
MV Teaser #1 公開
4月3日/00:00
ティーザーイメージ7 公開
4月4日/00:00
MV Teaser #2 公開
4月4日/00:00
ティーザーイメージ8 公開
4月5日/17:00
WENDY’s New Chapter: Like Water💙

いやー素晴らしい。改めてティーザーだけ見ても言うことなし。

4月4日
손로몬쓰 초이스👩🏼‍⚖️⚖️ㅣ Shonlomon’s Choice!

アルバムリリース前日には、ウェンディの近況が気になっていたReVeluv(レドベルのファンダム)の為に「ソロモンの審判」(「ソロモンの裁き」とも。気になる方はググってください)にちなんで色々と質問に答える「손로몬쓰 초이스👩🏼‍⚖️⚖️ㅣ Shonlomon’s Choice!」という動画も公開されています。

正直な事を言えば、「Milky Way」の時は「あれ、大丈夫かな?」というところがあったのです。というのも、公開された動画がLive Videoで生歌という事はあるにせよ、どことなく以前より持ち前のパワフルさに欠け、音程も若干不安定に聴こえたからです。

しかし「Like Water」はこれぞウェンディ!!と言える完璧な仕上がりでした。
私はティーザーの段階でその伸びやかで張りのある歌声を聴いてすでに泣く一歩手前でしたが、本編を観ると想像を超える涙が出ました。自分でもビックリです。いや、最初は唇を噛み締めて彼女のカムバックを「ちゃんと観よう、ちゃんと聴こう」と堪えていたんですよ。でも途中に歌詞が出ましたよね。

‘I just wanna thank you for believing in me’
私を信じてくれて、ありがとう

こんなの泣くに決まってるじゃないですか。「こちらこそ(つД`)ノ」と表面張力の限界突破。
しかもこのMV、メインカラーはアルバムジャケットにも使われていたようにウェンディのシンボルカラー・を基調としていますが、もうひとつ印象的に使われている色があります。

です。これが何を意味するかは説明不要でしょう。それに気付いた時、「ン…グフッ、グェホッ(ノДT)アゥゥ」とまるでダムの放流がごとく、体内のどこにそんなに水分が?というほど涙が流れました。
曲には「人が生きていく為には水が必要なように、“あなたと私”というお互いの存在と意味を人生において必要不可欠な“水”に例え、大切な人への感謝の気持ちが込められています。伝わりましたよ、えぇ。十分に。そして再確認しましたよ。私にはやっぱりウェンディが必要だってことを。

さて、今回のソロデビューは「Like Water」と「When This Rain Stops」というダブルタイトル曲になっており、後者の意味は「この雨が止んだ時」ですが、実はこのタイトルにはもう一つの意味が込められています。

WENDY’s Rain Stops
ウェンディの雨が止む

そして3月24日に公開された最初のティーザーイメージにはこんな文言も書かれていました。

New chapter of our lives has begun
私たちの新しい人生が始まった

“my〜”ではなく“our〜”とあります。

まもなく

Red Velvetの新章が幕を開けるのです。

最新情報をチェックしよう!