ALL YOU NEED IS KPOP!

【(G)I-DLE】ラストダンスは5人に【GroovyRoom】

4月29日(木)、(G)I-DLE((여자)아이들/アイドゥル)がK-POPプラットフォーム「UNIVERSE」からデジタルシングルLast Danceをリリースしました。

(G)I-DLE
(여자)아이들/アイドゥル

ミヨン/ソヨン/ウギ/シュファ/ミンニ
 CUBE Entertainment
 ファンダム:NEVERLAND(네버랜드/ネバーランド)
HP(CUBE Ent)InstagramTwitter
facebookYouTubeVLIVE 
HP(JP)Twitter(JP) 
VEVO / Weibo
UNIVERSE
「UNIVERSE(ユニバース)」とは、NCソフトが開発・運営するK-POPエンターテインメントプラットフォーム(アプリ)で1月28日ローンチされた。AIなど、最新のIT技術とエンターテイメントコンテンツを組み合わせることで、さまざまなオン・オフラインファン層の活動をモバイルで楽しむことができるオールインワン(All-in-one)プラットフォームである。AR(拡張現実)、MR(複合現実)など、XR技術をコンサートに活用した「UNI-KON」、MV、芸能、グラビア、ラジオなどを提供する「UNIVERSE ORIGINALS」、アーティストとファンが自由にコミュニケーションする「空間FNS(Fan Network Service)」など、様々なコンテンツがある。ラインナップはIZ*ONE(※)、MONSTA X、THE BOYZ、カン・ダニエル、(G)I-DLE、ATEEZ、AB6IX、ASTRO、宇宙少女、CIX、パク・ジフン、OH MY GIRL、WEi、CRAVITYの14組。

※グループ活動終了に伴いコンテンツの更新は3月31日までだったが現在も利用可能。

「Last Dance」は「UNIVERSE」のコンテンツ「UNIVERSE MUSIC」からリリースされる第4弾の楽曲で、第1弾は「IZ*ONE/D-D-DANCE」、第2弾は声楽家チョ・スミ(조수미)とRAIN(ピ)のコラボ曲「수호신(守護神)」、第3弾は元Wanna Oneメンバーのパク・ジフン(박지훈)による「Call U Up (Feat.イ・ハイ)(Prod. Primary)」でした。

YouTubeで公開されている「IZ*ONE/D-D-DANCE」と「(G)I-DLE/Last Dance」のMVは“プレビュー”と付いたショートバージョンで、フルサイズが観れるのはUNIVERSEのアプリのみです。ただ私は「D-D-DANCE」公開時「まぁなんだかんだでその内YouTubeでもアップされるんだろう」とのんびり構えていたのですが、どうやらサービスの特性上、今後も「フルサイズはアプリのみ」となりそうです。
一応付け加えておくと「パク・ジフン/Call U Up (Feat.イ・ハイ)(Prod. Primary)」はプレビューなし、「수호신(守護神)」はなぜかUNIVERSE公式YouTubeチャンネルの方でフルサイズが公開されているという謎を残しています。

そして今回「Last Dance」をプロデュースしているのが、Kヒップホップシーンでは引っ張りだこのプロデューサーチーム・GroovyRoom (그루비룸/グルーヴィールーム)です。

GroovyRoom
(그루비룸/グルーヴィールーム)
パク・ギュジョン(박규정) イ・フィミン(이휘민)
1994年12月12日 1994年8月5日
大韓民国 🇰🇷  慶尚北道浦項市 大韓民国 🇰🇷 仁川広域市
Instagram /facebook / YouTube
Instagram
所属レーベル:H1GHR MUSIC
所属クルー:YELOWS MOB
SOUNDCLOUD / facebook
YouTube / YouTube(FindYourLight)

Kヒップホップシーンではこれまで数多くのアーティストのプロデュースを行なってきた2人で、アイドルグループでは「Block B BASTARZ) /이기적인 걸(Selfish & Beautiful Girl) 」と「OnlyOneOf/얼음과 불의 노래 (a sOng Of ice & fire) 」という2つの楽曲を手がけたことがありますが、ガールズグループは(G)I-DLEが初となります。
GroovyRoomは「Last Dance」のプロデュースだけでなく作詞・作曲も手がけているので、これまで(G)I-DLEが披露したことのなかったディープハウス系のサウンドだったので、SNS上では「っぽくない」「全然違う」という声もいくつか見かけましたが、とはいえ過去には「$$$」や「What’s Your Name」「Where is love」といった曲もあり、なにより制作にはソヨンも参加していることから、個人的にはしっかりと“彼女たちらしさ”が残った仕上がりになっていると思います。

惜しむらくは一連の問題により3月から全ての活動を休止しているスジンが今作も不参加ということでしょう。

先立って公開されていたティーザーや本編にもスジンはちょろっと登場しますが、その理由は以下です。

(G)I-DLEの音源およびMV公開のご案内

こんにちは。
「For Fans, With Artists」UNIVERSEです。

ユニバースミュージックで制作した(G)I-DLEの新規音源の発売およびMVについて事前にご案内いたします。

ユニバースミュージックの新規音源である(G)I-DLEの「Last Dance (Prod. GroovyRoom)」は今年の2月に全てのレコーディング、MV、各種コンテンツ撮影を終え、4月末の公開を予定しておりました。
しかし、3月に(G)I-DLEメンバーのスジンと関連したイシューが発生し、現在(G)I-DLEは5人体制に再編された状態で活動しております。

これに関してユニバースは、所属事務所であるCUBE Entertainmentと既に作業が完了した音源やMVなどについて議論を交わし、流通会社および協力会社との契約関係、有/無形的な損失などを考慮した結果、全てのコンテンツを新しく制作することは難しいと判断し、次のように既存構成を再調整いたしました。

まず、新曲の音源は構成と歌詞を修正し、5人の(G)I-DLEメンバーにパートを再分配した状態での再レコーディングが完了しており、スジンを除く5人体制で発売される予定です。
その他の写真集、メイキングなどのコンテンツも同様に、最大限5人体制で収録される予定です。
最後に、莫大な費用と、協力会社のスタッフが多数投入されたMVの場合、スジンの出演分量を最小化する方向で再編集した状態での公開を考えております。

今後もユニバースはより良いコンテンツを提供するために最大限努めてまいります。

ありがとうございます。

最近頻出しているこういった事柄は非常に難しい問題で、スジンに関しても実際それがあったかもしれませんし、なかったかもしれません。また、本人にそのつもりがなかった、或いはほんの些細な事であっても、それを受けた側は酷く傷付いている事だってあります。なんにせよ、アイドルや芸能の世界を夢見ているのなら、普段から自らの行動・言動には慎重にならなければいけないという事です。当然事務所側もリスクヘッジとして練習生には正しい行動規範をよりしっかりと指導していく必要があるでしょう。
一方で、過去の記憶の錯誤やズレによって生じるパターンや、アンチによる虚偽の告発などがあるのも事実で、騒動に巻き込まれながらも無事解決に至ったアイドルもいます。
スジンの場合はまだそこまで至っていない為、現時点で今回の活動休止がいつまで続くのかわかりませんが、5人での活動は「Last Dance」というタイトル通り最後になる事を祈っています。

最新情報をチェックしよう!