ALL YOU NEED IS KPOP!

【IZ*ONE】その軌跡【その①】

2021年4月29日

IZ*ONEが、その活動に終止符を打ちました。

IZ*ONE
(アイズワン/아이즈원)
カン・へウォン / イ・チェヨン / キム・ミンジュ / 本田仁美 / クォン・ウンビ / チャン・ウォニョン / 宮脇咲良 / 矢吹奈子 / チョ・ユリ /  キム・チェウォン / チェ・イェナ /アン・ユジン 
 OFF THE RECORD ENTERTAINMENT
Instagram / Twitter / Facebook / YouTube / TikTok / VLIVE

IZ*ONEは、ご存知の通りMnetで放送されていた人気サバイバルプログラムプロデュースシリーズの日韓合同プロジェクト『PRODUCE 48』から誕生した12人組ガールズグループです。

その活動期間は当初より2年6ヶ月と定められていましたが、IZ*ONEには延期・延長の可能性が多く残されていました。

一つはグループとしての人気によるもので、コロナ禍という現代的な事情において活動期間の後半は、その人気に見合う十分な活動が執り行えなかったという点があります。

また、最後の公式活動となった『IZ*ONE ONLINE CONCERT〈ONE, THE STORY〉』で、メンバーは最後の挨拶をしたものの「평행우주(平行宇宙)」「Lesson」という未発表曲(現在も未リリース)が披露されたことから、追加リリースで活動の可能性が残されていたからです。

しかし、公式YouTubeチャンネルで「평행우주(平行宇宙)」のスペシャルビデオが公開され、同チャンネルのIZ*ONE密着コンテンツである「IZ*ONE ENOZI Cam」でEp. 100を公開した後、正式に活動終了を宣言したことで、延長の可能性はなくなりました。そしてメンバーはそれぞれの事務所に戻り、個人での活動を開始したことで、その可能性がないことがよりはっきりしました。

当ブログでは、IZ*ONEをデビューから追いかけていましたので、多くのものをもたらしてくれた素晴らしいグループIZ*ONEへの感謝として、その活動を振り返ってみたいと思います。

1st Mini Album
COLOR*IZ
2018年10月29日

【必読】PRODUCE48を観ていない人の、観ていない人による、観ていない人のためのIZ*ONE【必死】

『PRODUCE 48』を経て、満を辞して2018年10月29日にデビューを果たした記念すべき1stミニアルバム『COLOR*IZ』(タイトル曲「라비앙로즈(La Vie en Rose)」は、歴代のガールグループのデビューアルバム初動1位の売り上げを記録しました。


JAPAN 1st Single
好きと言わせたい
2019年2月6日

【IZ*ONE】やすすの片想い【好きと言わせたい】

2019年2月6日にリリースされた日本版のデビューシングルは、プロデューサー秋元康のカラーが全面に出たAKB風で、Kポップらしい『COLOR*IZ』とは対照的な楽曲でした。


2nd Mini Album
HEART*IZ
2019年4月1日

【IZ*ONE】スミレの開花宣言【Violeta】

2019年4月1日にリリースされた2ndミニアルバム『HEART*IZ』(タイトル曲「비올레타 (Violeta)」はガオンアルバムチャートで1位を獲得しました。またアルバムには『好きと言わせたい』収録曲「猫になりたい」「ご機嫌サヨナラ」の韓国語ver.が収録されています。


JAPAN 2nd Single
Buenos Aires
2019年6月26日

【IZ*ONE】世界照準と日本基準【Buenos Aires】

2019年6月26日にリリースされた日本版の2ndシングルで、同じく秋元康プロデュース。これにより日韓での楽曲や活動ペースの傾向がわかるようになりました。


明日以降に、つづく。

最新情報をチェックしよう!