ALL YOU NEED IS KPOP!

【NCT DREAM】これからも7辛しか食べたくない【Hot Sauce】

5月10日(月)、NCTの3rdサブグループだったNCT DREAMが初のフルアルバム「맛 (Hot Sauce) 」をリリースし、同名タイトル曲のMVが公開されました!

NCT DREAM
(엔시티 드림/エヌシーティー・ドリーム)

マーク/ロンジュン/チソン/ジェノ/ジェミン/チョンロ/ヘチャン
所属事務所:SM Entertainment
レーベル:Dreamus
ファンダム:NCTzen
Instagram / Twitter / facebook
Weibo / YouTube / VLIVE

グループの母体となるNCTは昨年2ndフルアルバム「NCT–The 2nd Album RESONANCE Pt.1」とそのリパケ「NCT RESONANCE Pt. 2」、そしてそのアルバムのフィナーレを飾るシングル「RESONANCE」をリリースしていますが、NCT DREAMとしては昨年4月29日にリリースされた4thミニアルバム「RELOAD」(タイトル曲「Ridin’」)以来、実に1年ぶりです。

【NCT DREAM】Dream for U【Ridin’】

今回は記念すべき1stフルアルバムということだけあって制作陣にはユ・ヨンジン(유영진)にKENZIE、DEEZ、Moonshine、minGtion (밍지션/ミンジション) といったグローバルヒットメーカーたちが集結しており、アルバムからは「DREAM-VERSE」と銘打って「고래 (Dive Into You)」「Rainbow (책갈피)」「Diggity」という3曲のトラックビデオが公開されています。

고래 (Dive Into You)
DREAM-VERSE Chapter #1 The Love Triangle
Rainbow (책갈피)
DREAM-VERSE Chapter #2 The Thing I Cherish
Diggity
DREAM-VERSE Chapter #3 The Taste of Pain

さて、私は冒頭で「NCTの3rdサブグループ“だった”NCT DREAM」と書きましたが、この表現に違和感を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。過去形なのにアルバムリリースですからね。

というのもDREAMは昨年の「RELOAD」リリース前に事務所からこんな発表がされています。

NCT DREAMは4月29日に発売されるニューアルバムの活動を終えた後、10代のメンバーで構成されて20歳になったらグループを卒業する体制を改めて、卒業の概念なしに既存のメンバーマークを含む7人がNCT U(メンバーたちのさまざまな魅力と組み合わせを見せる連合チーム)の形で活動を続けていく。

Kstyleより

はい、その経緯を知らない人にはなんのこっちゃですね。

そもそもこのサブグループは韓国年齢(数え年)で20歳になるとグループを卒業するというローテーション形式のグループで企画されており、実際メンバーの中で最年長だったマークが2018年に卒業しています。
そのままいけば順にメンバーが卒業していき、また新たな10代のメンバーが加わっていくはずでしたが、4つのサブグループ(NCT U/NCT 127/NCT DREAM/威神V )の中で最も人気が高いと言われていたDREAMとしての活動継続を強く願っていたNCTzen(ファンダム:通称シズニ)の声が届いたのか、その卒業制度が廃止になります。ただそのまま「NCT DREAMというサブグループ」ではなく、メンバーの組み合わせが自由な「NCT U」として活動していくと言っていたのです。

そこから1年。なんとNCT DREAMが1stアルバムをリリースというニュースが入ってきます。Kstyleなどにはサラッと「NCT DREAMが5月に1stフルアルバム『Hot Sauce』でカムバックする」なぞと書かれていました。

いや、ちょっと待ってくれよ。去年の発表は?NCT Uとして活動するはずじゃなかったの?と疑問だらけだった私はガチのシズニである友達にどういうことなのか聞いてみました。返ってきた答えがこれです!

わかりませんwww

ファンですら理解できない状況。さすがSMです。おまけに今回は卒業したマークが2018年12月27日にSTATION3で公開されたデジタルシングル「사랑한단 뜻이야 (Candle Light)」以来となる復帰を果たし、約2年5ヶ月ぶりとなる7DREAM(ファンが7人でのDREAMを呼ぶ愛称。6人体制になってからは6DREAMと呼ばれていた)の復活なのです。

依然としてグループの立ち位置は謎のままですが、1年ぶりのカムバでマークも復帰、おまけに初のフルアルバムというトリプルホットな話題性により、予約注文数が171万枚というとんでもない数字を叩き出します。これは「RELOAD」を遥かに凌ぐ数字で、比率は脅威の243%増。発売初日の売り上げも67万枚を突破し、これまでのグループ最高記録である41万枚(「RELOAD」)と、NCTとついた全てのアルバムの中でも最高記録だった64万枚(「NCT–The 2nd Album RESONANCE Pt.1」)まで更新し、 発売2日目には歴代Kポップアイドルグループの1stフルアルバム初動最高記録となっています。
更に音源チャートでも絶好調と、NCT DREAMここにあり!という姿をこれでもかというほど見せつけてくれました。

リリース当日に開催されたオンライカムバックショーケース「7DREAM RETURN! 7+맛=SHOW」では、シズニが夢見ていたであろうマークのいなかった時にリリースされた「BOOM」と「Ridin」のステージまで披露されたのですが、ここまできたらもう答えは1つしかないと思います。

「BOOM」Live Stage
「Ridin」Live Stage

この先もNCT DREAMでいいじゃん。

いや、わかりますよ。事務所も変な発表をしちゃったもんだから、今さら「卒業制度なしだけにして、マークも復帰!改めてサブグループ・NCT DREAMとして活動させます!」って言い出しにくいのも。
ただ、です。仮にこのままNCT Uの中で名前だけ残した形でいくとするならば、他のNCTメンバーも加わったりする可能性もあるって事ですよね。とした場合、そのメンバーやりにくくないですか?もしかしたらSM側はそういったメンバー間の状況やファン心理を踏まえて7人で活動させていくつもりなのかもしれませんが、なら「サブグループ・NCT DREAMでいいじゃん」となる訳です。いや、なによりわかりづらい!シズニでさえ「わかりませんwww」って言ってるんだから。

なので、改めての報告をお待ちしています。

だってやっぱり7辛が1番刺激的でしょ?

最新情報をチェックしよう!