ALL YOU NEED IS KPOP!

【ウギ (YUQI)】北京のエリート、巨人となる【(G)I-DLE】

5月13日(木)、(G)I-DLEのメンバー・ウギ(우기/Yuqi)が初のデジタルシングル「A Page」をリリースし、タイトル曲「Giant」のMVが公開されました!

ウギ
(우기/Yuqi)
ソン・ウィチ(宋雨琦/Sòng yǔqí)
1999年9月23日
中華人民共和国 🇨🇳 北京市
162cm/O型
所属事務所:CUBE Entertainment/好好榜样(Hot Idol)
所属グループ:(G)I-DLE
リードダンサー/リードボーカル
Instagram / Weibo

(G)I-DLEのメンバーはリーダーのソヨンがグループとしてデビューする前に「Jelly」と「아이들 쏭 (Idle song)」というデジタルシングルをリリースしていますが、次にソロ曲を出すとすればRhythm Powerのヘンジュ(행주/Hangzoo)がリリースした「Cart」や、自身が出演したドラマOSTにも参加していたメインボーカルのミヨンか、今やソヨンの右腕と言っても過言ではないもう1人のメインボーカル・ミンニかと思いきや、まさかのウギがその先陣を切る事となりました。

ただでさえもかつてない程にカムバ祭りとなっている5月に、よもやよもやのウギがソロ曲をリリースするなんてまさに青天の霹靂。個人的には1番驚いたニュースでもあります。
とはいえ、ウギは昨年7月5日にオンラインで開催された(G)I-DLE初の単独コンサート「I-LAND : WHO AM I」のフィナーレで披露されたファンソング「i’M THE TREND」で初めて作詞・作曲で参加し、今年の1月にリリースされた4thミニアルバム「I burn」収録曲「LOST」でも同じく作詞・作曲に名を連ねており、いちアーティストとして目覚ましい成長を遂げているので、事務所の期待値を表すリリースだったのかもしれません。
当然今回の「Giant」にも作詞・作曲に携わっており、歌詞は全編英語詞です。去年ウギはレディー・ガガとブラッドリー・クーパーによる映画「A Star Is Born(邦題:アリー/ スター誕生)」の主題歌「Shallow」をカバーしていますし、グループが海外志向という事も含めての英語詞だろうと予想されます。

少し彼女のバックボーンに触れると、ウギは2016年に北京で開催されたCUBEのグローバルオーディションに合格して練習生となります。元々「北京市上地实验学校」(实验=実験/この表記があると優等生を集めた学校らしい)という中学を卒業。その上位5%しか進学できないと言われている系列の「北京市101中学校(北京市一零一中学)」(中国は中等教育が「中級中学」と「高級中学」に分かれており、中学とついていても日本における高校と同様らしい)に在学中のいわば成績優秀の超エリートだったこともあり、当初両親はウギがCUBE入りして韓国へ渡る事を反対したそうです。
そしてこれは確か本人がデビュー間もなくの頃に言っていたと記憶していますが、韓国語の練習期間は僅か2年という短さ。さすが秀才です。

デビュー以降の活躍はここに記すまでもないと思いますが、成績優秀で中国語・韓国語・英語(留学経験などなし)を駆使するマルチリンガルというだけでなく、古筝(中国の伝統的な撥弦楽器)の演奏や中国の少数民族・傣族(タイ族)の古典的なダンスまで身につけている多芸多才な人物でもあります。

これだけでも十分なスター性を持っているんですが、その人当たりの良さと天真爛漫でざっくばらんな性格にもよるのか、グループ内で最も多くのバラエティ番組に出演しています。現在では1theK Originalsで公開されている「런웨이 (LEARN WAY) 」という番組に単独でレギュラー出演し、各種グラビアも務めるなど日に日に彼女の姿を目にする機会が増えている事は間違いないでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUQI(@yuqisong.923)がシェアした投稿

そんなウギは(G)I-DLE内での推しですが、私の好きな元IZ*ONEのイェナや宇宙少女のヨルムと仲が良いという推しの連鎖まであるのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

우주소녀 여름(@yeolum_e)がシェアした投稿

ちなみに「Giant」は全編アニメーションで制作されいてウギの出演がないので、記事のトップ画像は彼女が出たグラビアを使っています。

さて、今回の「A page」はウギの自伝的な話をベースにしており、ダブルタイトル曲となっているもう一つの収録曲「Bonnie & Clyde」には、世界が背を向けても私たちには「The ride or die(永遠の味方)」がいるから乗り越えられるという希望に満ちたメッセージが込められています。

特に「Giant」はMVからもわかるように心の傷や不安、恐怖があっても諦めずに巨人のように力強く進んでいく物語となっていますが、(G)I-DLEの中心人物は言わずもがな“小さな巨人”リーダーのソヨンです。しかし今やソヨン以外のメンバーも様々なシーンで活躍している事から、良い意味で「ソヨンのグループ」ではなくなりつつあります。その筆頭にいるのは「北京ギャングスタ」(「런웨이 (LEARN WAY) 」内で字幕が付いた)の異名を持つもう1人の巨人である事に疑いの余地はありません。

だから頼む。ますます人気が出ても北京に帰らないでね。せめてまだしばらくは。

最新情報をチェックしよう!