ALL YOU NEED IS KPOP!

【EVERGLOW】変化を告げる、はじめの一歩【FIRST】

5月25日、EVERGLOWが 3rdシングル『Last Melody』をリリース、そのタイトル曲「FIRST」のMVを公開しました!

EVERGLOW
(エバーグロー / 에버글로우)
シヒョン オンダ E:U イロン ミア アシャ
YUE HUA ENTERTAIMENT
Twitter Twitter(STAFF) Instagram(everday) Instagram(公式) Weibo YouTube VLIVE TikTok

【EVERGLOW】復讐のラディダディダ【LA DI DA】

『Last Melody』は2020年9月21日にリリースされた 2ndミニアルバム『-77.82X-78.29』(タイトル曲「LA DI DA」)以来、8ヶ月ぶりとなるカムバックです。

リリースのたびにロゴを刷新することでお馴染みのEVERGLOWですが、今回も同様にカムバックスケジュールの冒頭に公開されました。

通算5枚目となる『Last Melody』には、タイトル曲「FIRST」をはじめ、「DON’T ASK DON’T TELL」「PLEASE PLEASE(Last Melody)」 の3曲が収録されています。

タイトル曲「FIRST」は、これまでのタイトル曲である「Adios」「DUN DUN」「LA DI DA」を手がけたオリポップ(Ollipop)、オロフ・リンドスコー(Olof Lindskog)、ヘイレイ・エイトキン(Hayley Atiken)、ギャビン・ジョーンズ(Gavin Jones)、72というお馴染みの面子によるもので、強烈なトラップビートと印象的なボーカルでEVERGLOWがこれまでに打ち出してきたガールクラッシュな魅力をさらに上回るハードな楽曲です。

前作『-77.82X-78.29』では“復讐”がテーマとなっていましたが、今作は“未来の女戦士”がテーマとなっており、世界中の闇に対抗する希望の光を発見し、新しい世界の始まりを開くという気持ちが込められています。

そして気になるのは『Last Melody』と「FIRST」という、相反した二つのタイトルです。

EVERGLOWは、今回のカムバック直前に「EVERGLOW COMEBACK COLLAGE VIDEO (M/V HISTORY)」「EVERGLOW PERFORMANCE HISTORY VIDEO」という、これまでのMVとパフォーマンスを詰め込んだ振り返りのような動画を公開しました。

つまり『Last Melody』とはEVERGLOWがデビューから歩んできた第一章の終焉を指しており、「FIRST」はその新章の第一歩ということになります。

しかもリリース当日に催された発売記念ショーケースにてリーダーがE:Uからシヒョンに変わることが発表されたのです。

E:U→シヒョン

グループのリーダーが変わること自体も大変珍しいですが、EVERGLOWほどの人気グループでそれが起こることは非常に稀なことのように思います。

Yue Hua並びにEVERGLOWは、それほどまでに変化をアピールしたかったわけですが、Kポップ好きであれば、あることが頭に浮かぶはずです。

それはEVERGLOWがデビューした時から囁かれていた既定路線であり、IZ*ONEが4月に活動終了した時に、より現実味を帯びて話されるようになったチェ・イェナの合流です。

両者がマッチするのかという議論はありますが、IZ*ONEのラストシングル「Panorama」で見せたイェナのパフォーマンスはEVERGLOWに負けないクールなものでしたし、大ブレイクという兆しが欲しいEVERGLOWにとって、イェナという話題性は喉から手が出るほど欲しい人材なはずです。

EVERGLOW×イェナ、その準備が整いました。

最新情報をチェックしよう!