ALL YOU NEED IS KPOP!

【TWICE】世界を酔わす、愛の味【Alcohol-Free】

6月9日18時(KST)、TWICEの10thミニアルバム『Taste of Love』のタイトル曲であるAlcohol-FreeのMVが先行公開されました!

TWICE
(트와이스 / トゥワイス)
ツウィ ジョンヨン サナ ナヨン モモ ダヒョン ジヒョ チェヨン ミナ
※左から
::TWICE:: TWICE OFFICIAL SITE
Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook LINE
YouTube YouTube
V LIVE
Tik Tok
JYP fan’s ONCE JAPAN

なお本アルバムである『Taste of Love』は、2日後の11日13時(KST)に配信・発売の予定となっています。

【TWICE】1000万再生を超えるステージ【CRY FOR ME】

TWICEの前作は2020年12月18日にリリースされたデジタルシングル『CRY FOR ME』以来となる新作で、アルバム単位で言えば10月26日にリリースされた2ndフルアルバム『Eyes wide open』(タイトル曲「I CAN’T STOP ME」)以来ということになります。

その2作で私は活動の休止が発表されたジョンヨンを中心に記事を書いてきましたが、そのジョンヨンは4月21日にリリースされたTWICEの日本8thシングル『Kura Kura』からグループ活動に復帰を果たしていました。

ただMVのダンスシーンには参加しておらず、音楽番組等にも参加していなかったので“完全”復活というわけではありませんでした。

今回は、MVでも明るい笑顔を見せ、パフォーマンス初披露となったアメリカNBC「エレンの部屋(The Ellen DeGeneres Show)」でもしっかりと参加していることから、ようやくの完全復活ということになりそうです。

おかえり
ジョンヨン!

そんな完全体での復活を遂げたTWICEが贈る10枚目のミニアルバム『Taste of Love』は、リリース前に公開された「TWICE “Taste of Love” First Tasting – Album Trailer」で5thミニアルバムのタイトルだった「What is Love?」が差し込まれており、愛が何かすらわからなかったTWICEが愛の味を知る、大人の女性となったことが示唆されています。

アルバムを代表するタイトル曲「Alcohol-Free」は、全世界を明るくする、恋に落ちる魔法のような瞬間を表現したボサノバとヒップホップが融合したサマーダンス曲で、アルコールが入っていないはずなのに酔っ払ったような錯覚に陥る恋心が歌われており、おなじみJ.Y.“餅ゴリ”パークが手がけています。また、今回はCD限定で『CRY FOR ME』の英語ver.が収録されているのですが、何とそれらを除く収録曲の全ての作詞をメンバー一人一人が手がけているのです!

ジヒョが作詞した「First Time」は、世界的なガールズグループLittle Mixのジェイド・サールウォール(Jade Thirlwall)が作曲で参加しています。ダヒョン「Scandal」「SOS」の2曲を手がけ、サナ「Conversation」ナヨン「Baby Blue Love」と、それぞれの作詞を単独で手がけています。

Alcohol-Freeは、9日〜10日にかけて韓国主要チャートのgenie Music、Bugs!、日本のLINE MUSIC、それぞれのリアルタイムチャートで1位を記録しているようで、MVも10日午後9時基準、YouTube再生2200万回を突破し、トレンドランキングでワールドワイド1位、イギリス3位、アメリカ5位など、52地域で上位を記録しました。

アルバム『Taste of Love』は、TWICEが初めて金曜日(11日)にリリースするアルバムで、金曜日でのリリースは国内の成績よりも、アメリカのビルボードチャート集計を狙っているものとされており、タイトル曲が先行公開となったのも、それが理由ではないかと言われています。同じく世界進出を狙っている後輩グループのITZYも4thミニアルバム『GUESS WHO』を2021年4月30日(金)にリリースしました。

愛とお酒の味を知った大人のTWICE、世界がその酔いから覚めることはないでしょう_。

最新情報をチェックしよう!