ALL YOU NEED IS KPOP!

【MAJORS】始まりの終わり【Obvious】

私は相変わらず頭を悩ませています。何についてかと言えばこの人たちに関してです。

MAJORS
(메이져스/メイジョス)
スジ/ヴィタ/ビアン/アイダ/シネ/アキ
所属事務所:ANS Entertainment
レーベル:kakao Entertainment
ファンダム:MVP
Instagram / Twitter / facebook
YouTube / VLIVETikTok

2019年8月にANS Entertainmentからデビューしたガールズグループ・ANSが有耶無耶になったまま、そのANSにいたビアンを中心に6人組グループとして2021年3月に同事務所からデビューしているMAJORS(메이져스/メイジョス)。彼女たちは後に事務所の発表によって“ANSシーズン2のグループ”という事が判明しますが、ドラマに例えればシーズン1は明確な説明もなしに突如として打ち切りだったのにシーズン2って…とその設定にも頭を悩ませます。

そんなMAJORSは3月に1stシングル「The beginning of legend」(タイトル曲「Spit it out」)を、4月には2ndシングル「The beginning of legend – Rising star」(タイトル曲「Rain on me」「별빛에 춤을 추는 밤」)を立て続けにリリースしており、6月15日には「썸툰 2021」というウェブドラマのOSTにも参加しました。

【MAJORS】めでたいデビューはモヤっとデビュー【The beginning of legend】

【MAJORS】混乱のRising Star【Rain on me/Dancing in the Starlit Night】

そして6月25日(金)、早くも3rdシングル「The beginning of legend – Shining star」をリリースするのです。OSTを含めればデビューから3ヶ月余りで4作という活動はデビュー組からすれば上々、というか、ここまでハイペースなグループはそうそういません。

だがしかし。今回のタイトル曲「Obvious」はペンソンという事なんですが全編英語。なぜに?という疑問が残ります。だってまだ活動期間が短いとはいえ、「デビューから応援してくれてありがとう!」が英語で伝えられるって。いや、英語ver.も収録というならわかりますけどね。しかもMVなし。そういえば先日リリースされたFANATICSのペンソン「Starry Night」もほぼ英語でした。何かあるのか?そういう流れが。「Obvious」同様にMVなかったし。

【FANATICS】謎のペンソンをダンスが照らす【STARRY NIGHT】

おまけにアルバムタイトルが「The beginning of legend – Shining star」で、「Shining star」という収録曲もあるのにタイトル曲は「Obvious」。ちなみに、収録されている3曲全て英語詞です。まぁターゲットを国外に設定しているという事なのかもしれませんが、とはいえそれでいいのかい?という疑問は拭いきれず。FANATICS然り、小規模事務所の考えている事はわかりません。

そんな今回の「The beginning of legend – Shining star」はリリース当日にLIVE FAN TALKというイベントが開催されています。

その模様は彼女たちのオフィシャルYouTubeでも公開されていますが、動画が貼れないので気になる方はこちらからどうぞ。しかしこのLIVE FAN TALK、めっちゃ音声悪いです。私がKPOP WATCHEMENのYouTubeチャンネル用に買った1万7千円のiPhone用マイクの方がマシなんじゃないかしらん、というほど。更にこのイベントでは「Obvious」のLIVE CLIPが流れるんですが、途中まで司会の人とメンバーが話している声が思いっきり入ります。ちょっとスタッフ!マイク切りなさいよ!

と、ここまで苦言だらけですが、リリースされた楽曲がしょぼければスルーして終わりです。ブログの更新頻度も2日に1度になったので、わざわざ記事化しなくてもいいのです。ただ、「Obvious」がめっちゃ良い曲。「Shining star」も「Vacation」も良い。これまでの3作で1番好きです。

だからこそもっとちゃんとして欲しい!前2作でもプロモーション活動は海外に住む韓国人向けの衛星チャンネル・アリランTV(Arirang TV/아리랑 TV)とkt skylifeというデジタルメディアだけで、今回はLIVE FAN TALKのみ。もったいない!

まぁファンダム名もMVPに決まった事ですし、今後は短い休息時間を取った後にカムバックの準備に入るとアナウンスされているので、ここから本腰を入れて事務所には頑張って欲しいと思います。

これまでの3作が「The beginning of legend=伝説の始まり」だったので、今回をもって“始まりの終わり”という事で良いですよね?

最新情報をチェックしよう!