ALL YOU NEED IS KPOP!

【TAEYEON】週末の面影【Weekend】

7月6日、少女時代のテヨン(태연/TAEYEON)が、デジタルシングル『Weekend』をリリースし、そのMVを公開しました。


テヨン

(TAEYEON/태연)
キム・テヨン(김태연)
1989年3月9日(32歳)
全羅北道 全州市 完山区
158cm/45kg/A型
少女時代/少女時代 テティソ/少女時代 Oh!GG
リーダー/メインボーカル
HP
Instagram
Twitter(少女時代)
YouTube

【TAEYEON】なんて呼べばいい【What Do I Call You】

テヨンのラストリリースは2020年12月5日の4thミニアルバム『What Do I Call You』で、恋人と別れた後につきまとう感情をシックなメロディのR&Bで表現しました。

その間は、VIXXのラビと熱愛説が浮上したりということはあったものの、お騒がせクイーンとしての一面を持つテヨンにしては大人しく、可愛い後輩であるテミン(SHINee)の入隊直前の3rdミニアルバム『Advice』収録曲「If I could tell you」にフィーチャリングで参加したぐらいで、粛々と過ごしてきた印象です。

そんなテヨンが放つ8ヶ月ぶりのシングル『Weekend』は、軽快なギターとレトロなシンセサウンドが調和したディスコポップジャンルの曲で、夏のリリースということもありテヨンのソロとしては久しぶりに明るい曲調となっています。

歌詞では、繰り返される日常からしばらく離れて、週末だけは自由に、導かれるままに旅立ちたいという気持ちを盛り込んでおり、パフォーマンスではダンサーと一緒に腕で交差点を作るポイントダンスやキャリアの中でもあまり挑戦してこなかったシンギングラップなどが見どころです。

旅行をコンセプトにしていることからも、ここでいう“週末(Weekend)”とは新型コロナウイルスにより抑制された現状から脱した世界のことを指しており、来るべき未来への希望を唄う内容となっています。

『Weekend』は、テヨンの久しぶりの明るい曲調と髪色ということで、大幅なスタイルチェンジが行われたわけですが、私はMVを観ていて“ある人”を思い出しました。

それは元KARAのメンバーで2019年11月24日に自らの命を絶ってしまったク・ハラの面影です。

もし、今もハラちゃんが生きててソロとして活動できてたら、こんな感じだったのかもなと。少女時代とKARAが日本で人気を二分していた時は、特に似ているとも思っていなかったのですが、時を超えて妙な親和性を感じてしまいました。

余談はさておき、7月8日SMの公式チャンネルで「SMCU(SM Culture Universe) the Origin」という動画が公開されました。

それは今話題のSMが社を掛けて構築している謎の世界「KWANGYA(クァンヤ/광야)」の起源を語るものですが、そこで「五つの光と音の女神」の一つとしてテヨンの所属する少女時代が触れられています。KWANGYAは、徐々にその全貌を現しつつあります。テヨン並びに少女時代も、その創生とともに大きな活動を見せる可能性も出てきました。

『Weekend』は、その束の間の“週末”なのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!