ALL YOU NEED IS KPOP!

【TXT】Z世代の代弁者【LO$ER=LO♡ER】

8月17日(火)、BIGHIT MUSIC所属の5人組ボーイズグループ・TXT (투모로우바이투게더/TOMORROW X TOGETHER/トゥモローバイトゥギャザー)が2ndフルアルバム「혼돈의 장: FREEZE(混沌の章:FREEZE」)」(タイトル曲「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori」)のリパケ「혼돈의 장: FIGHT OR ESCAPE(混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」)をリリースし、タイトル曲「LO$ER=LO♡ER」のMVが公開されました!


TXT

(투모로우바이투게더/TOMORROW X TOGETHER)
ヒュニンカイ/ボムギュ/テヒョン/スビン/ヨンジュン
所属事務所:BIGHIT MUSIC
レーベル
🇰🇷 : HYBE LABELS/🇺🇸 : Republic Records
ファンダム:MOA
Weverse / HP(JP)
Instagram / Twitter(公式) / Twitter(メンバー)
facebook /   YouTube / VLIVE / Weibo

TXTはデビュー以降、おおよそ7ヶ月というスパンでカムバしてきていましたが、2ndフルアルバム「혼돈의 장: FREEZE(混沌の章:FREEZE」)」は今年の5月31日にリリースされているので、初めて3ヶ月未満という短期スパンでのカムバとなります。

【TXT】愛の公式【0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori】

一般的なKポップアイドルグループであれば、ミニアルバムやシングルをリリースしながらデビューから3〜4年かけてようやく1stフルアルバムへと辿り着くものですが、彼らの場合は2019年3月4日のデビューから僅か2年半ですでにフルアルバム2枚、そして今回の「혼돈의 장: FREEZE(混沌の章:FREEZE」)」で初のリパケをリリースしています。まぁそこは今や業界でトップを走るBIGHIT MUSICが次世代の担い手として世に送り出したグループだという事はありますが、とはいえ凄まじい勢いを見せていることに変わりはありません。

「혼돈의 장: FREEZE(混沌の章:FREEZE」)」はタイトル曲「LO$ER=LO♡ER」に、初のペンソンとなる「교환일기 (두밧두 와리와리)」、そして前作のタイトル曲「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori 」の「Emocore Mix」の3曲を加えた全11曲が収録されており、制作陣にはTXTの専属プロデューサー・Slow Rabbitや、事務所の代表でBTSの総合プロデューサーでもあるパン・シヒョクこと”hitman”bangをはじめとした総勢15名がクレジットに名を連ねています。

TXTはデビュータイトル曲「어느 날 머리에서 뿔이 자랐다 (CROWN)」から昨年リリースされた「5시 53분의 하늘에서 발견한 너와 나(Blue Hour)」まで、多少の変化はあれどベースはシンセポップでした。しかし前作「0X1 = LOVESONG(I Know I Love You)feat. Seori」はハイブリッドポップロックというジャンルに挑戦し、今回はシリーズ的にもその流れを組んだエモポップパンクというジャンルになっています。
KポップシーンにおいてはDAY6やN.Flyingといったバンドグループがロックサウンドをベースにしていますが、いわゆる基本路線のアイドルグループがこの手のジャンルを取り入れたというのはあまり記憶にありません。
私は元々欧米のロック・パンク愛聴者だったという過去があるので、ダンスミュージックがシーンの大半を占める中でのKポップとロック・パンクの融合は新鮮でありながら懐かしさもあり、前作からのスタイルは少なからず当時の情景を思い起こさせてくれる嬉しい体験となりました。
加えて、ロックやパンクといったジャンルは、本来多くの人にとってのレベルミュージックであるという根幹はありながらも、それを欲する中心はモラトリアムを抱えた思春期の若者たちです。
TXTというグループは青年期の苦悩や葛藤といった身近な題材をその世界観に落とし込んできた、いわば「Z世代の代弁者」とも言える存在です。その彼らが「混沌の章」で見せた新たな姿は、ある意味必然性を伴ったものだったのかもしれません。

ちなみに「LO$ER=LO♡ER」のギターセッション作業は、パン・シヒョクがIthaca Holdings(ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデ、デヴィッド・ゲッタといったアーティストが所属するマネジメント会社で、今年の4月にHYBEの傘下となり業務提供を結んだ)のスクーター・ブラウン(現HYBE AMERICAのCEO)からプレゼントされたギターで行われており、かつてはあのローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズが実際に使用したものだそうです。
そしてMVにはボムギュのシーンでビートルズやジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、RAMONES、Queen、AC/DC、METALLICA、OASISなどなどレジェンドたちのポスターが貼っており、更によく見るとTHE CLASHやthe verve、blurといったバンドのステッカーも貼ってあるなど、ロック・パンクファンからすると胸が弾むような背景デザインになっていました。気になる方はじっくりと眺めてみるのも面白いのではないかと思います。

さて、「0X1 = LOVESONG(I Know I Love You)feat. Seori」はMUSIC BANKで地上波音楽番組初となる1位を含めた4冠を獲得しており、キャリアハイの成績を納めました。アルバムの方は発売1週間で63万枚を売り上げていますが、これはデビュー時からおよそ7倍近くとなる数字です。しかし今回のリパケはすでに発売2日で40万枚を超えていることから、このままいけばリパケながら前作を上回る数字を叩き出しそうです。

また、ヒュニンカイの妹であるヒュニン・バヒエちゃんが現在Mnetのサバイバル番組・Girls Planet999に出演しており、こちらも大きな注目を集めています。

はたしてバヒエちゃんはデビューを勝ち取り、兄妹ともどもZ世代を担うスターの仲間入りとなるのか。という事をTXTの成長も含めて楽しみにしたいと思います。

最新情報をチェックしよう!