ALL YOU NEED IS KPOP!

【ウンビ】EUNBI*ONE【Door】

IZ*ONE出身のクォン・ウンビが8月24日ソロデビューを飾り、1stミニアルバム『OPEN』をリリース、タイトル曲「Door」のMVを公開しました。

クォン・ウンビ
권은비/Kwon Eunbi
クォン・ウンビ(권은비)
1995年9月27日(25歳)
🇰🇷 韓国・ソウル特別市出身
160cm/A型
woollim Entertainment
Instagram(公式) Instagram(個人)
Twitter
YouTube
VLIVE
Weibo

ご存知の通りウンビはMnetの人気サバイバルプログラム『PRODUCE 48』に出演し、最終7位でIZ*ONEメンバーとしてデビューを果たしました。リーダーとして2年6か月の活動期間を経て、2021年4月29日グループとしての活動を終えました。ちなみにウンビは『PRODUCE 48』参加前にはYe-Aというガールズグループでのデビュー経験があり、IZ*ONEと合わせて今回が三度目のデビューということになります。

【IZ*ONE】その軌跡【その②】

当ブログでは、IZ*ONEをデビューから追いかけ、グループ解体後も「【IZ*ONE】その軌跡」として、その足跡を辿ってきました。「その②」は現在のところ最新の記事で、「その③」ではメンバーの今後の活動状況などをまとめ、締めとするつもりでした。

しかしながら、IZ*ONEはそこから様々な動きがあり、再結成話が出たかと思えば、頓挫したりと行く末が定まらないままでした。

最近でもチェウォンがBTSの所属するHYBEへと移籍し、宮脇咲良とともに新グループでデビューするなどという、とんでも展開なニュースが飛び込んでくるなど、とにかく私は状況が落ち着いたら「その③」を記そうと思っていました。

IZ*ONEの残り香が混沌を招く中、7月の中頃ファッション誌「Esquire Korea」のインタビューにてウンビがソロ活動を準備中であることを明言します。

そして8月5日にウンビのソロデビューが正式に発表されたのです。

IZ*ONEのクラウドファンディングの中止が発表されたのが7月29日で、その直後にウンビソロデビューの発表があったので「あぁもうIZ*ONEは復活しないんだなぁ」という寂しさはありましたが、IZ*ONEの長姉として、グループ解体後からいち早くソロのカバー動画(IU「eight(에잇)」)をあげるなど、ソロへの意欲を見せていたウンビの門出は、その寂しさを紛らわすものではありました。

そんなウンビのソロデビュー曲でもあり、1stミニアルバム『OPEN』は文字通り、ウンビ自身の才能の扉を開ける意味が込められています。

ウンビはIZ*ONE時代からアルバム収録曲「SPACESHIP」「With*One」「平行宇宙 (ONLY ONE)」の作詞・作曲に参加し、後輩グループであるRocket Punchの日本デビューアルバム『Bubble Up!』収録曲「Let’s Dance」の作曲も手がけるなど作家としても力を発揮しており、本アルバムでもタイトル曲の「Door」「비 오는 길(雨の道)」の作詞に参加しています。

また、収録曲「Amigo」には先輩グループであるLOVELYZのリーダーでメインボーカルのBabysoulがフィーチャリングとして参加しています。その他の作曲陣にもWoollimと関係性の深いMono Treeやe.oneなどが起用されており、形態もデジタルシングルでなく、ミニアルバムということから、Woollimがウンビを音楽性の高いソロアーティストとしてバックアップしようという姿勢が見えます。

タイトル曲「Door」は、ブラス楽器をメインとし、ファンキーでジャズの要素が入ったエレクトロスウィングジャンルの楽曲で、作曲家集団MonoTreeのファン・ヒョンとe.oneことチョン・ホヒョンが手掛けた曲でウンビ自らも作詞に参加しています。

私はウンビがIZ*ONEの中でもお気に入りのメンバーで、今回のデビュー曲は素晴らしいものになったと思っています。

これはウンビ本人やWoollimも意識していることのように思いますが、ウンビがソロアーティストして羽ばたいていくために意識すべき3つの先人の影があります。

一つはMV中もウサギの耳飾りをしていたことから、そしてウサギ顔の美人代表格と言われるRed Velvetのアイリーン。もう一つはウンビがカバー動画をアップしていたIU、そして同じくMnetの『PRODUCE』1stシーズンでI.O.Iとしてデビューし、解体後もソロとしての活躍を続けるチョンハです。一つ一つの繋がりとしてはいささか希薄かもしれませんが、アイドル出身で一線で活躍する女性ソロアーティストがあまり多くないK-POPにおいて、彼女たちをロールモデルとするのは自然なことのように思います。

「Door」には、そんな三つの要素が融合し、さらにどことなくIZ*ONEらしさも感じられるという全方位的な満足感にあふれた曲だと言えるでしょう。

そしてこの曲を体現できるのはこの世にただ一人、ウンビだけなのです。

最新情報をチェックしよう!