ALL YOU NEED IS KPOP!

【ATEEZ】伸びしろフィーバー【Deja Vu】

9月13日(月)、8人組ボーイズグループ・ATEEZ(에이티즈/エイチズ)が昨年から始まった「ZERO : FEVERシリーズ」の第三弾となる 7thミニアルバム「ZERO : FEVER Part.3」をリリースし、タイトル曲「Deja Vu」のMVが公開されました!


ATEEZ

(에이티즈/エイチズ)
ユンホ/ジョンホ/サン/ヨサン/ホンジュン/ソンファ/ミンギ/ウヨン
所属事務所:KQ Entertainment
レーベル
🇰🇷 : Stone Music/GENIE MUSIC
🇺🇸 : RCA Records 🇯🇵 : 日本コロムビア
ファンダム:ATINY(에이티니/エイティニー)
HP
InstagramTwitterfacebook

YouTubeVLIVE / TikTok
HP(JP)Twitter(JP)

前作は今年の3月1日にリリースされた6thミニアルバム「ZERO : FEVER Part.2」(タイトル曲「불놀이야 (I’m The One)」)だったので約半年ぶりのカムバということになります。

【ATEEZ】7人での宣戦布告【I’m The One】

今回のアルバムはTRACK.1に収録されている「Eternal Sunshine」と、MVが公開された「Deja Vu」のダブルタイトル曲となっていますが、アルバムリリース前の2週間目に2曲のPre-Listeningが公開され、投票によってどちらを活動曲にするか決めるという面白い試みもありました。

結果として「Deja Vu」が活動曲となった訳ですが、これが「どことなくDREAMCATCHERのBEcauseっぽい!」と私は1人沸いたのです。もちろんこれを「パクりだ!」などと言いたいのではなく、両者の楽曲制作陣にOllounderとLEEZという共通メンバーがいる事に加え、どちらのグループも独特の世界観を持っている事も含めて、その親和性に歓喜したという事です。

そんな個人的にポイントとなるところもあった今回のカムバですが、アルバムの初動(1週間)売り上げは665,350枚という数字を叩き出しています。これはキャリアハイだった「ZERO : FEVER Part.2」の初動売り上げをたった2日で突破し、歴代アイドルグループの初動売上の中でもBTS、SEVENTEEN、NCT DREAM、EXO、BLACKPINKに次ぐ好成績を記録する快挙となっています。

この飛躍的な売り上げ向上は今年の4月から6月にかけてMnetで放送されたサバイバル番組「KINGDOM: LEGENDARY WAR」への出場が大きな要因となっている事は言うまでもないでしょう。


KINGDOM: LEGENDARY WAR
킹덤: 레전더리 워
2020年にMnetで放送された予選大会「Road to Kingdom (로드 투 킹덤/ロード・トゥ・キンドム)」を経て、2021年4月1日から2021年6月3日に放送されたボーイズグループNo.1決定サバイバル番組。
出場グループはBTOB、iKON、SF9、THE BOYZ(Road to Kingdom優勝グループ)、Stray Kids、ATEEZの6組。

ここで彼らは8つあるステージ中1位1回、2位1回、3つのユニットステージ全てで勝利を収めるなど、ATEEZだけが持つ世界観とクリエイティビティを遺憾なく発揮し、大きなインパクトを残すことに成功したのです。

Stray Kids全ステージ
100秒パフォーマンス
「WAVE : Overture」
1次コンテスト:TO THE WORLD
「Symphony No.9 “From The Wonderland”」
2次コンテスト:RE-BORN
「리듬 타 (The Awakening of Summer) (iKON)」
3次コンテスト:NO LIMIT – 1ラウンド
ラップ「물감놀이 (オリジナル)」
3次コンテスト:NO LIMIT – 1ラウンド
ダンス「늑대와 미녀 (EXO)」
3次コンテスト:NO LIMIT – 1ラウンド
ボーカル「Love poem (IU)」
3次コンテスト:NO LIMIT – 2ラウンド
「Answer : Ode to Joy」
ファイナル
「멋 (The Real)」

特に1次コンテストではドヴォルザークの「交響曲第9番 ~新世界より~」を、3次コンテストではベートーヴェンの「交響曲第9番 ~歓喜の歌~」を取り入れるなど、根幹に彼らだけの世界観があったからこそ表現出来たパフォーマンスを披露するなど、まさしく唯一無二のグループである事を証明してくれたように思います。

KINGDOM出場前となる3月25日には日本1stフルアルバム「Into the A to Z」を、7月にはフジテレビ系 TVアニメ「デジモンアドベンチャー」のエンディングテーマにもなった日本1stシングル「Dreamers」をリリースし、8月には世界的なアカペラグループ・Pentatonixとの共演(参加はユンホ、サン、ジョンホの3人)を果たすなど、その勢いは増すばかりです

そしてATINY(ファンダム)にとって何よりの朗報は昨年11月から心理的な不安などを訴え活動を中断していたミンギが復帰した事ではないでしょうか。個人的にもミンギは最もお気に入りのメンバーということもあって、この一報に胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

KINGDOMで見せたイマジネーションとパワフルなステージを構成するパフォーマンススキルによって、これまで海外人気が先行していると言われていた彼らも国内ファンダムが拡大した事もあってアルバム売り上げは倍増し、「Deja Vu」のカムバックステージでもSHOW CHAMPIONで1位獲得に成功しました。

ミンギも復帰し完全体となった今の彼らには、どこまで行くのか想像も出来ないほどの伸びしろしかありません。

最新情報をチェックしよう!