ALL YOU NEED IS KPOP!

【N.Flying】乱気流を抜けて【Sober】

10月6日(水)、5人組ボーイズバンド・N.Flying (엔플라잉/エヌ・フライング)が1stフルアルバム「Man on the Moon」(タイトル曲「Moonshot」)のリパッケージアルバム「TURBULENCE」をリリースし、タイトル曲「Sober」のMVを公開しました!

N.Flying
(엔플라잉/エヌ・フライング)

ドンソン/ジェヒョン/スンヒョプ/フェスン/チャ・フン
所属事務所:FNC Entertainment
レーベル:kakao Entertainment
ファンダム:N.fia(엔피아/エンピア)
Instagram / Twitter / Weibo
facebook / YouTube / HP
HP(JP)/ Twitter(JP) / YouTube(JP)

前作「Man on the Moon」は6月7日にリリースされたので4ヶ月ぶりのカムバということになりますが、その「Man on the Moon」はデビュー7年目にして初のフルアルバムだっただけでなく、フィジカルの初動販売数もキャリアハイとなる45,000枚オーバーとなった事から、今回のリパケへと繋がったものと思われます。

【N.Flying】8年目へと向かう打ち上げロケット【Moonshot】

「TURBULENCE」は空の上の乱気流(TURBULENCE)のように現実に迷い混乱する若者たちに向け「いつでもまた飛べる」というメッセージが込められたタイトル曲「Sober」の他、「心の花」という内容を盛り込んだ成熟した雰囲気のバラード曲「피었습니다. (Into Bloom)」とファンへの愛が込められたパンクロックジャンル曲「Video Therapy」の3曲を加えた全13曲が収録されています。

N.Flyingは9月3日にスンヒョプ、フェスン、ドンソン、4日にはジェヒョン、9日には先立って陰性判定を受けて自主隔離中だったチャ・フンまでもが追加で陽性判定を受け、メンバー全員が新型コロナウイルスに感染するというニュースがありましたが、9月16日にはチャ・フンが完治判定を受け、晴れて全員の隔離措置が解除されたのでN.fia(ファンダム)の皆さんはホッと胸を撫で下ろしていることでしょう。

そんな少しヒヤッとするニュースはあったものの、7月には「불후의 명곡 – 여름 가요대전(不朽の名曲 – 夏歌謡大戦)」にバラエティ番組「아는 형님(アヌン ヒョンニム/知ってるお兄さん)」でお馴染みのミン・ギョンフン(민경훈)が所属しているバンド・버즈(BUZZ)の「나에게로 떠나는 여행」をカバーし、8月にはオンラインゲーム「LORD OF HEROES」のOSTに「Chance」という曲で参加しています。

불후의 명곡 – 여름 가요대전/나에게로 떠나는 여행
Chance:Live Clip Chance(Japanese Ver.)Official Music Video

更に8月9日には初のフォトブック「Light in the Dark」が発売され、メインボーカルのフェスンはDMZ(非武装地帯)を舞台とした「원더티켓(WONDER TICKET)」(公演:2021年9月17日~26日/出演は17・19・22・25日の4公演)と、天才画家・クリムトの人生を描いた「클림트(クリムト)」(公演:2021年10月12日~2022年3月1日/出演は10月21・24・26・28日の4公演)という2つのミュージカルに出演(1本は予定)し、「TURBULENCE」カムバ後は10月9・10日の2日間にわたって開催された「仁川ペンタポートロックフェスティバル2021」に出演(10月10日)するなど、順調な活動っぷりです。

フォトブック「Light in the Dark」
원더티켓(WONDER TICKET) 클림트(クリムト)
仁川ペンタポートロックフェスティバル2021

さて、今回のタイトル曲「Sober」はこれまでの彼らが奏でてきたサウンドに重厚さが加わり、更に余裕のようなものまで感じます。それはメンバー全員が7年目を迎える(2021年5月20日)前の2月19日に事務所と再契約を結んだ事も大きく影響しているような気がします。

今回のアルバムは「まだ癒えていない傷と空の乱気流(TURBULENCE)によって未知の場所に不時着を試みる」という内容になっていますが、チャ・フンは「絶望的な状況ではなく、その中から輝く希望を探していこうという意味を込めた」と語っています。
すでに“魔の7年”を超え、徐々にではありますがコロナ禍という乱気流からも抜けられそうな兆しが見える中、今回のカムバに際してスンヒョプが「メンバーたちとは結果も大切だけれど、過程をもっと大事にしようと話している。美しい過程を経れば、80歳までバンドをやるという目標も達成できると思う」と言ったように、ここから円熟期を迎えんとする彼らは今後も私たちに新たな希望という光を見せ続けてくれるのではないかと思います。

最新情報をチェックしよう!